SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-03-06 01:25:39

マーケット > レポート >  特集レポート >  【マーケット・フラッシュ】日経平均株価が3万円を回復〜「割高感」や「過熱感」を詳細吟味してみたら

【マーケット・フラッシュ】日経平均株価が3万円を回復〜「割高感」や「過熱感」を詳細吟味してみたら

2021/2/15
投資情報部 鈴木 英之

日経平均株価が2/15(月)、終値で30,084円15銭まで上昇し、終値ベースでは、1990/8/2(木)以来、約30年6ヵ月ぶりの「大台」回復を実現しました。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に2020/3/19(木)に付けた安値16,358円19銭(取引時間中安値)から約84%の上昇率になりました。

世界的に、当面は緩和的金融政策が続くとの見方が支配的となっています。そうした中、米国や日本での政権交替が大過なく終わったこと、新型コロナウイルス向けワクチン接種が期待から実現へと進み、景気回復も期待から実現へシフトしてきたこと、現実に新型コロナウイルスの新規感染者数がピークアウトし、景気・企業業績の底打ちが鮮明になってきたことなどが、過去10ヵ月の株価上昇の要因であると考えられます。

今後はどうなるでしょうか。日経平均株価は割高なばかりか、世界的に「株価はバブル」であり、急落する可能性が大きいとの指摘が増えており、改めて「割高感」や「過熱感」について、詳細に吟味してみる必要がありそうです。

企業の純資産が1株当たりいくらあるのかを示す1株純資産(BPS)や、株価がその何倍かを示す株価純資産倍率(PBR)をベースにした分析は、予想EPSやPERをベースにした分析よりも「保守的」であるとみられます。前者がBPSという「実績」を基準にしているのに対し、EPSの「予想」を分析しているためです。

日経平均株価の安値(終値ベース)は2009/3/10(火)の7,054円でした。2/12(金)終値29,520円はその約4.2倍に値上がりしています。また、日経平均株価のBPSが最低値を付けたのは、PBRやBPSの記録をさかのぼれる1995年以降では、2001/4/10(火)の5,172円24銭となっています。現在、日経平均株価のBPSは22,707円なので、その金額からは4.4倍になったと計算されます。

1株純資産は最低値から約4.4倍に増え、日経平均株価が最安値から4.2倍になったことは、十分ファンダメンタルズに沿った動きと考えられます。ちなみに、日経平均株価のPBRは1.30倍(2/12現在)で、月足ベースで過去1年の平均1.10倍、同10年の平均1.19倍よりは高く、過去20年の平均1.74倍よりは低くなっています。近年は資本効率を重視するROE(株主資本利益率)が重視されており、その考え方の下では日本株は割高に見えますが、超長期的には平均を下回る水準にとどまっています。

日経平均株価はPBRやBPSをベースにした分析で、割高感は強まっていますが、歴史的には割高とも言い切れない部分がありそうです。日経平均株価はさらに上昇する可能性もありそうです。できれば、企業業績のさらなる回復を経て、さらにEPSやBPSが積み上がる業績相場を待ちたい所です。

一方、足元はテクニカル指標の過熱感が一部で強まっており、注意が必要になってきたようです。2/15(月)は米国や中国が休場で、外国人投資家の動きは限定的だった可能性があり、今後利益確定売りが増える可能性もありそうです。また、上場企業の決算発表もこの日で一巡するはこびであり、「好決算」という材料の供給も一巡することについても、十分な注意が必要になりそうです。

関連商品

日経平均がどちらに動くかを予想して、利益を狙える!

コード 銘柄名 今すぐチェック 今すぐ取引
1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 株価 現買 信買
信売
1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信 株価 現買 信買
信売
1360 日経平均ベア2倍上場投信 株価 現買 信買
信売
1579 日経平均ブル2倍上場投信 株価 現買 信買
信売
1321 日経225連動型上場投資信託 株価 現買 信買
信売

※2021/2/15時点で、当社取扱いの日経平均に関連するETF売買代金上位5銘柄。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について新しいウィンドウで開きます。

<手数料等及びリスク情報について>

  • 当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら新しいウィンドウで開きます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券5チョイス ハイテク銘柄最前線
  • 1日の約定代金最大300万円まで手数料0円!これぞ業界NO.1!(2020/10/1〜)
  • SBI証券の3つの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • ポンド/円&豪ドル/円&人民元/円 スプレッド縮小キャンペーン!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.