SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-12-04 08:15:41

マーケット > レポート >  特集レポート >  【銘柄・フラッシュ】感染が拡大する新型コロナウイルス〜感染防御に貢献の関連銘柄は?

【銘柄・フラッシュ】感染が拡大する新型コロナウイルス〜感染防御に貢献の関連銘柄は?

2020/1/22
投資情報部 鈴木 英之

新型コロナウイルスの感染が加速する兆しをみせています。コロナウイルス自体は人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスで、実は珍しいものではなく、多くの人は感染しても風邪の症状で終わるようです。しかし、まれに重い症状を引き起こす場合があり、その代表例が重症急性呼吸器症候群(SARS:致死率10%弱)や中東呼吸器症候群(MERS:同34%)などとなっています。今回はそんなコロナウイルスの新しいタイプの感染症であるとみられます。

今回の新型コロナウイルスは中国中央部のやや内陸に入ったところにある湖北省の首都武漢市(人口約858万人)で発生し、1/22(水)午前に中国が発表したところでは、感染者が440人で、死者は9人まで拡大しているようです。日本でも1人の感染が発表されましたが、米国でも感染が確認されています。中国では1/24(金)から春節の長期休暇に入るため、人の移動が内外で活発化するため、感染の加速が心配されるところです。

こうした中、WHO(世界保健機関)は1/22(水)に緊急会合を開き、感染拡大の防止について協議する予定で、状況次第では緊急事態が宣言されることもありそうです。ただ、現状では致死率が極端に高い訳ではないようなので、過度な懸念は不要かもしれません。対策は風邪やインフルエンザとほぼ同じで、人前ではマスクを装着することや、外から帰ったらうがいや手洗いを十分行うなど、衛生面で十分配慮を払うことが大切になりそうです。

株式市場では、感染の防御に貢献しそうな銘柄が物色され、中には大きく値上がりする銘柄も出ています。基本的には「SARS」の流行時に注目された銘柄やインフルエンザ関連銘柄と同様の銘柄が注目されているようです。以下にご参考までに関連銘柄をご紹介します。コメントは投資のポイントになる参考情報で、その銘柄のすべてを表している訳ではありません。また、銘柄によってはすでに大きく値を上げている銘柄もあり、取り扱いにはご注意ください。

高砂熱学工業(1969)〜医療用簡易隔離フード
明治ホールディングス(2269)〜うがい薬で有名
ダイワボウホールディングス(3107)〜感染を防ぐマスク
アゼアス(3161)〜防護服。感染症防護対策キット
帝国繊維(3302)〜新型感染症対策製品
大木ヘルスケアホールディング(3417)〜ウイルス除去製品
川本産業(3604)〜医療・衛生材料
マナック(4364)〜抗菌化スプレー
日油(4403)〜「万能ワクチン」の開発
ニイタカ(4465)〜消毒用アルコール。業務用ハンドソープ
栄研化学(4549)〜「SARS」で検出試薬
大幸薬品(4574)〜幅広い菌から守る薬品
ミズホメディー(4595)〜感染症迅速診断システム
小林製薬(4967)〜殺菌・除菌剤。のどぬ〜るスプレー
日本アビオニクス(6946)〜体表温で計る発熱者スクリーニング
興研(7963)〜感染対策のマスク
重松製作所(7980)〜SARS、MERSなどの対策指定商品
ユニ・チャーム(8113)〜家庭用マスクでトップシェア

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!

信用取引は、現金や株式、投資信託を担保として証券会社に預けることにより、その担保合計金額の約3倍の購入資金や株式を借りてお取引が可能となる株式取引です。現物取引とは違って、下がると予想する場合は「売り」からはじめることもできるので、株価の下落局面でも利益を狙うことができます。

信用取引口座開設

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※同一銘柄に関して株式会社SBI証券が作成し提供するアナリストレポートが別にある場合であっても、その同一銘柄に関するレーティング・投資判断等は、レポート執筆者であるSBI証券のアナリストが執筆時点において独立した立場で評価・分析したものであり、銘柄・フラッシュレポートとは投資判断等の結果は異なりますのでご留意ください。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。

新しいウィンドウで開きます。詳細はこちら

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について新しいウィンドウで開きます。

<手数料等及びリスク情報について>

  • 当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら新しいウィンドウで開きます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 米ドル/円 0.1銭  スプレッド縮小キャンペーン!(2020/11/19〜)
  • 1日の約定代金最大300万円まで手数料0円!これぞ業界NO.1!(2020/10/1〜)
  • SBI証券の3つの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 米国株式NISA買付手数料キャッシュバックキャンペーン

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.