SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-27 19:02:55

マーケット > レポート > サキモノ・オプションの『ココがPOINT!』

サキモノ・オプションの『ココがPOINT!』

2013/9/10

今週末はメジャーSQ 最終決戦に持ち込むな!?

日経平均概観

先週末に、日経平均に大きな影響のある3つのイベントを通過しました。それぞれについてワンポイント解説しますと

・日経平均構成銘柄 定期入替え
除外 三菱製紙 組入れ 日東電工
一部で想定された任天堂ではなかったですが、9月6日終値86円の三菱製紙を除外して、5,690円の日東電工を入れるので、日経平均株価には若干マイナスのインパクト。

・8月米雇用統計
非農業部門雇用者数:16万9,000人増 失業率 7.3%
ネガティブ・サプライズで、NYダウは瞬間、150ドル近く下げましたが、そこから反発一旦プラス圏まで上昇しましたが、結局小幅安。 日経平均株価には、若干のマイナスのインパクト。

・2020年夏季オリンピック開催地決定
東京決定

建設・不動産などオリンピック関連銘柄中心に買いを期待 日経平均株価には。大きなプラスにインパクト。

結局、9月9日の引け値は、14,205.23 前日比 +344.42 (+2.48%)で終わっています。

日本人は目標が出来れば、それに向かって一致団結して邁進するのは得意です。2020年東京オリンピックは国を挙げての大きな目標となります。中・長期的な株価上昇要因となりそうです。 短期的にも、目先14,000円台をキープできれば、一段高で15,000円前後までの高値に可能性はありそうです。

(図表1)日経平均株価日足チャート

当社HPより、SBI証券投資調査部が作成。データは2013年9月9日現在。

今週の急所 今週は、メジャーSQ 最終決戦に持ち込むな!?

今週末は、先物・オプションの9月限月の満期日=SQ日があり、SQ(特別清算指数)が計算されます。

まずは、基本的なことから少し復習してみましょう。

先物・オプションには、「ここまでに反対売買しなくてはいけない日」=期日(満期日の前営業日)があります。もし、期日までに反対売買されなかったポジションは、自動的に「ある値段」で反対売買されることになります。

この「ある値段」が、SQ(特別清算指数)なのです。

日経225先物・オプションの場合満期日は、

日経225先物取引
3月・6月・9月・12月の第二金曜日

日経225オプション取引
毎月の第二金曜日

となります。先物・オプションの満期日が重なる3月・6月・9月・12月をメジャーSQ、それ以外をマイナーSQとも呼ばれます。

SQ(特別清算指数)は、この満期日の日経平均株価採用の225銘柄の寄付値から計算されます。

今週は、9月13日(金)が満期日なので、最終売買日は9月12日(木)となります。

買い方・売り方の思惑でこのSQ値を巡る攻防が繰り広げられることになります。
具体的には、SQ日(満期日)に、日経平均採用銘柄の現物株式を購入したり、売却することです。

例えば、日経平均先物に先高感があり現物指数より割高な場合、日経平気株価採用の225銘柄をすべて買って、割高な日経平均先物を売る裁定取引が行われます。

この裁定ポジションを期日まで持ち越し、SQ日の寄付きで現物株を売却すれば、先物・現物ともにSQ値で清算されますので、先物を割高に売った分だけ、儲かることになります。(実際には、売買コストや、現物株を購入する金利コストなどを差し引く必要があります)

だから、SQ日には、売り方・買い方の思惑や、ポジションの解消状況によって、寄付に日経平均株価採用の銘柄に売買が交錯し、大きな値動きとなることがあるのです。

(図表2)日経平均株価 SQ値とその前営業日終値との差異

Bloombergデータより、SBI証券投資調査部作成 太字はメジャーSQ

最終決戦に持ち込むな!?

上記のデータが、2012年以降のSQ値と、前営業日の日経平均の終値を比較したものです。
20回中7回も、100円以上の差異があり、かなり大きな値動きをみせることが判ります。

個人投資家の場合、期日までに反対売買を行わず、SQ決済まで持ち込んでしまうと、思わぬ大きな損失となってしまう場合があります。

9月限月の日経225先物・オプションのポジションをまだ保有している場合、出来る限り12日(木)までに、ポジションを清算したほうが、リスク管理の面からは、良さそうですね。

(図表3)幻のSQ

Bloombergデータより、SBI証券投資調査部作成 太字はメジャーSQ

幻のSQ

また、SQ値は、個別銘柄の寄付値から計算されますので、その当日の日経平均株価の高値・安値を外れる場合があります。これを幻のSQと呼ぶことがあります。

上記が、SQ値と当日の日経平均の高値・安値を比較したものです。
幻のSQ値は、目先の上値抵抗ライン・下値支持ラインとなる場合が、多いとも言われていますので、ご注意ください。

今後注目のイベント

・9月13日(金)メジャーSQ
 →大幅変動の可能性。

・9月17日-18日 米連邦公開市場委員会(FOMC)
 →大注目の米量的金融緩和縮小の判断の有無で大幅変動の可能性。

・9月22日(日)ドイツ連邦議会(下院)選挙
 →波乱なしが事前想定だが、もし波乱があるとユーロ相場中心に株式相場にも影響。

今すぐ先物・オプション口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 必要証拠金額は当社SPAN証拠金(発注済の注文等を加味したSPAN証拠金×100%)−ネット・オプション価値(Net Option Value)の総額となります。
  • 当社SPAN証拠金及びネット・オプション価値(Net Option Value)の総額は発注・約定ごとに再計算されます。
  • SPAN証拠金に対する掛け目は、指数・有価証券価格の変動状況などを考慮の上、与信管理の観点から、当社の独自の判断により一律、又はお客様ごとに変更することがあります。
  • 先物・オプションのSPAN証拠金についてはこちら(日本証券クリアリング機構のWEBサイト)
  • 指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。
  • 日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客様が日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。
  • 日経平均VIは、相場の下落時に急上昇するという特徴があります。
  • 日経平均VIは、急上昇した後に数値が一定のレンジ(20〜30程度)に回帰するという特徴を持っています。
    日経平均VIは、短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。
  • 指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。
  • 未成年口座のお客様は先物・オプション取引口座の開設は受付いたしておりません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.