SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-04-17 09:15:24

マーケット > レポート > 225の『ココがPOINT!』 > 金利上昇懸念と株式市場〜市場は金融引き締めをどこまで織り込んでいるのか?

金利上昇懸念と株式市場〜市場は金融引き締めをどこまで織り込んでいるのか?

2022/4/12

投資情報部 鈴木英之

足元の東京株式市場は下落局面となっています。急速な金融引き締めへの懸念を背景に、米10年国債利回りが上昇し、それを嫌気して、米国株が下落する流れを引き継いでいるようです。

本日の「225の『ココがPOINT!』」では、足元の米金融政策の動向を整理するとともに、株式市場が金融引き締めをどこまで織り込んでいるのか、吟味してみたいと思います。

先物・オプション口座開設先物・オプションお取引

1金利上昇・米ハイテク株安の流れを引き継ぎ、日経平均(週足)も続落

4月第1週(4/4〜4/8)の日経平均株価終値は26,985円80銭となり、前週末比680円18銭(2.5%)安と、続落(週足ベース)しました。同期間にNYダウは0.3%安、ナスダック指数は3.9%安、SOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)は7.3%安となり、米10年国債利回りは32.5ベーシス・ポイント上昇しました。米10年国債利回りの上昇を嫌気して、半導体関連等のハイテク株を中心に米国株が下がり、その流れが日本株にも波及した形です。

ちなみに、4月第2週も、第1週同様に売り優勢のスタートとなっています。4/11(月)と4/12(火)の日経平均株価は下落し、4/12(火)の終値では26,500円を下回っています。

図表8にあるように、半導体SOX指数の下落に連動し、アドバンテスト(6857)、SCREENホールディングス(7735)、東京エレクトロン(8035)等の半導体関連株の下げが目立ちました。個別には大平洋金属(5541)の下げが目立ちました。3月下旬まではニッケル相場の高騰を追い風に、株価も上昇していましたが、それ以降は、ニッケル相場の落ち着きもあり、下落に転じました。3/31(木)に、八戸本社・製造所における溶融物漏出事故の発生が発表されましたが、4/6(水)には、業績に与える影響は軽微との見通しが発表されています。

反面、図表7にあるように、東京電力ホールディングス(9501)や中部電力(9502)などの電力株が総じて堅調です。岸田首相が原子力の活用を加速すべきとの発言を行っており、採算改善への期待感が強まっています。電力株は元々、円安や金利上昇が逆風と捉えられやすい業種ですが、アナリストの市場コンセンサスをみると、利益は2022年3月期を底に、2023年3月期は回復するとの見通しが平均的になっています。

図表1 日経平均株価およびNYダウの値動きとその背景

  日経平均株価(終値) 前日比 NYダウ(終値) 前日比 国内株式市場の動き 米国株式市場の動き
4/4(月) 27,736.47 +70.49 34,921.88 +103.61 反発。東証マザーズ指数が大幅高。
・東証新市場区分での取引がスタート。
・売買代金は約2兆1,870億円と手控え気味。
・米SOX指数が続落し、半導体が売られる。
・金利上昇の一服で、中小型の高PER銘柄に買いが入る。
続騰。NASDAQは大幅高。
・VIX(恐怖)指数が約3ヶ月ぶりに18台まで低下。
・原油価格が上昇。ロシアへ追加制裁の可能性が浮上した上、サウジアラビアが5月のアジア向け原油販売価格を引き上げた。
・Twitterが27.1%高。テスラCEOによる9.2%の株式取得が伝わる。
5(火) 27,787.98 +51.51 34,641.18 -280.70 小幅続伸。東証マザース指数は6営業日続伸。TOPIXは反落。
・黒田日銀総裁が最近の円安急進に対し、「やや急だ。」と発言。円高に振れ、輸出関連株が売られる。
・4日米国市場での、グロース買いの流れが引き継がれる。
・手掛かり材料に乏しかった。
反落。NASDAQは大幅反落。
FRBブレイナード理事が、QT5月開始と0.5%幅の利上げを示唆。米長期金利は2.5%超まで上昇し、グロース株中心に売られる。
・米国とEUが、ロシアへの追加制裁を発表。
・翌6日にFOMC議事録要旨の発表を前に、手控え気味。
6(水) 27,350.30 -437.68 34,496.51 -144.67 大幅反落。
・5日の米国株式市場が金融引き締め加速懸念で下落し、連れ安。
・日本時間夜に予定のFOMC議事要旨の発表が警戒され、全面安商状。
続落。NASDAQは大幅続落。
・FOMC議事要旨にて、大規模な保有資産削減の示唆と、多くのFRBメンバーが0.5%幅の利上げが1回以上適切であるとの認識を保有していることが公表された。
・リスクオフの姿勢が顕著に。ディフェンシブ性のあるバリュー銘柄が買われ、グロース銘柄は売られた。
7(木) 26,888.57 -461.73 34,583.57 +87.06 2営業日続落。東証マザーズ指数は-4.27%の大幅続落。
・5日に続き米国株式市場が金融引き締め加速懸念で下落し、グロース中心に連れ安。
・6日の米国市場でヘルスケアセクターのバリュー銘柄が上昇し、日本の医薬品株も連れ高に。
小幅反発。
・6日からのバリュー株物色が継続。(ヘルスケア、生活必需品、食料品等)
・米金利の上昇に伴い、ドル指数が6営業日続伸。
8(金) 26,985.80 +97.23 34,721.12 +137.55 小幅に反発。TOPIXは4営業日ぶりの反発。
・対円でドル高は継続。精密機器等の外需株が物色される。
・JPXが7日、TOPIX構成銘柄に関して浮動株比率の見直しを公表。政策保有株の段階的削除で、輸送用機器や商社の主力株が売られる。
小幅続伸。S&P500とNASDAQは小幅反落。
・長期金利が一時2.73%まで上昇。ドル指数は7営業日続伸。
・金利上昇のあおりを受け、金融株が買われ、ハイテク株は売られた。
・翌週に3月CPIの発表と決算発表シーズンの本格化を控え、様子見姿勢が強まる。
11(月) 26,821.52 -164.28 34,308.08 -413.04 反落。東証マザーズ指数は大幅反落。
・8日の米ハイテク株安の流れを引き継ぐ。
・精密機器や情報・通信は、8日の上昇の反動で売られる。
・1ドル125円台まで円安・ドル高が進行。市場では、実需のドル買いを指摘する声も。
要3指数、いずれも下落。
・8日に続き長期金利が一時2.79%まで上昇。ハイテク株が強く売られた。
・S&P500は全セクターで前営業日比マイナス。
・上海ロックダウンの先行き不透明感による需要悪化懸念で、原油価格が大幅下落。
・翌12日米3月CPIの発表を控え、全面安商状。
  • ※日経平均株価・NYダウ等各種株価データ、各種資料をもとにSBI証券が作成。

図表2 日経平均株価

  • ※当社チャートツールを用いて作成。データは2022年4月12日11:00時点。

図表3 NYダウ

  • ※当社チャートツールを用いて作成。データは2022年4月12日10:00 時点。

図表4 ドル・円相場

  • ※当社チャートツールを用いて作成。データは2022年4月12日10:00 時点。

図表5 主な予定

月日 国・地域 予定 備考
12(火) 日本 ★決算発表 Jフロント、東宝
  ドイツ 4月ZEW景況感指数  
  米国 3月消費者物価指数 前回は前年比+7.9%
13(水) 日本 2月機械受注 民間設備投資の先行指標
    ★決算発表 サイゼリヤ、吉野家HD
  中国 3月貿易収支  
    3月生産者物価指数  
14(木) 日本 ★決算発表 良品計画、ファーストリテイリング
  欧州 ECB定例理事会(ラガルド総裁、記者会見)  
  アジア ☆決算発表 台湾セミコンダクター
  米国 4月ミシガン大学消費マインド指数 予想インフレ率にも注目
    3月小売売上高 米個人消費の強弱は?
    ☆決算発表(米決算発表シーズン開始) シティG、GS、モルガン・スタンレー
15(金) 北朝鮮 故金日成主席の生誕記念  
  米国 4月NY連銀製造業景況指数  
    3月鉱工業生産・設備稼働率  
    ◎欧米主要市場が休場 聖金曜日:米国、香港、英国等が休場
18(月) 米国 ☆決算発表 バンク・オブ・アメリカ
  中国 1-3月期四半期国内総生産  
    3月小売売上高  
    3月鉱工業生産・設備稼働率 イースターマンデー:欧州各国は休場
19(火) 世界 IMF世界経済見通し発表  
  米国 3月住宅着工件数  
    ☆決算発表 J&J、ネットフリックス、IBM
20(水) 日本 3月貿易統計  
  米国 米地区連銀経済報告(ベージュブック)  
    ☆決算発表 テスラ、P&G
21(木) 日本 ★決算発表〜3月決算企業の発表が本格化 日本電産、ディスコ
  米国 4月フィラデルフィア連銀製造業景気指数  
    G20財務省・中央銀行総裁会議(ワシントン)  
22(金) 日本 3月消費者物価指数  
  米国 4月購買担当者景気指数(PMI、速報値)  

※各種報道、WEBサイト等をもとにSBI証券が作成。データは当レポート作成日現在。予定は予告なく変更される場合があります。

図表6 日米欧中央銀行会議の結果発表予定

  2022年
日銀金融政策決定会合 4/28(木)、6/17(金)、7/21(木)、9/22(木)、10/28(金)、12/20(火)
FOMC(米連邦公開市場委員会) 5/4(水)、6/15(水)、7/27(水)、9/21(水)、11/2(水)、12/14(水)
ECB(欧州中銀)理事会・金融政策会合 4/14(木)、6/9(木)、7/21(木)、9/8(木)、10/27(木)、12/15(木)

※日米欧中銀WEBサイトを基にSBI証券が作成。データは当レポート作成日現在。予定は予告なく変更される場合があります。
なお、ECB理事会は金融政策の議論・決定を行う会合の日程のみ掲載しています。日付は現地時間を基準に記載しています。

図表7 日経平均株価採用銘柄の上昇率上位(4/4〜4/11)

コード 銘柄 業種 株価(4/11) 株価(4/4) 騰落率(4/4〜4/11)
9501 東京電力ホールディングス 電気・ガス業 444 388 14.4%
4503 アステラス製薬 医薬品 2100.5 1875.5 12.0%
4568 第一三共 医薬品 2950 2747 7.4%
9502 中部電力 電気・ガス業 1320 1240 6.5%
8750 第一生命ホールディングス 保険業 2548.5 2397 6.3%
8331 千葉銀行 銀行業 762 718 6.1%
2801 キッコーマン 食料品 8500 8160 4.2%
7731 ニコン 精密機器 1358 1307 3.9%
7011 三菱重工業 機械 4072 3924 3.8%
4543 テルモ 精密機器 3931 3814 3.1%

※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。
※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
※4/4終値を4/11終値と比較し、値上がり率の大きい日経平均採用10銘柄を掲載。

図表8  日経平均株価採用銘柄の下落率上位(4/4〜4/11)

コード 銘柄 業種 株価(4/11) 株価(4/4) 騰落率(4/4〜4/11)
5541 大平洋金属 鉄鋼 3690 4080 -9.6%
6762 TDK 電気機器 3975 4395 -9.6%
9147 NXホールディングス 陸運業 7280 8040 -9.5%
6857 アドバンテスト 電気機器 8590 9470 -9.3%
6504 富士電機 電気機器 5480 6040 -9.3%
7735 SCREENホールディングス 電気機器 10870 11970 -9.2%
8035 東京エレクトロン 電気機器 55070 60570 -9.1%
4755 楽天グループ サービス業 938 1030 -8.9%
6113 アマダ 機械 991 1085 -8.7%
4751 サイバーエージェント   サービス業 1465 1597 -8.3%

※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。
※上記は過去の実績であり、将来の運用成果を保証または示唆するものではありません。
※4/4終値を4/11終値と比較し、値下がり率の大きい日経平均採用10銘柄を掲載。

2市場は金融引き締めをどこまで織り込んでいるのか?

前項でご説明したように、4月第1週は、米10年国債利回りの上昇を嫌気して、半導体等のハイテク株を中心に米国株が下がり、その流れが日本株にも波及しました。

イベントとして、特に大きかったのは4/6(水)にFOMC(3/16まで開催)議事要旨が発表されたことではないかと考えられます。この議事要旨が発表された後、米金融政策について以下の点が明らかになってきました。

(1)早ければ、5/4(水)まで開催予定の次回FOMCにおいて、QT(量的引き締め)の実施が決定される見込みであること。

(2)QTの規模については、最大950億ドル(前回のQTは500億ドル)にすることで、ほぼ合意されていること。

(3)次回の利上げは0.5%の見通しで、同引き上げ幅の利上げが複数回となる可能性があること。

(4)FOMCでの議論の多くの時間は、労働需給のミスマッチと賃金上昇圧力の問題に割かれたこと。

短期金融市場では、どのように予想されているのでしょうか。図表9は向こう3回のFOMC〔5/4(水)、6/15(水)、7/27(水)まで開催予定〕および2022年最後に開催予定のFOMCについて、その直後の政策金利(上限)がどのようになっているのか、短期金融市場の予想をグラフ化したものです。

次回のFOMCでは、現在0.50%が上限の米政策金利について、0.5%引き上げられて1.00%になる確率は84.3%と、ほぼ確実といえる状態になっています。3月のFOMCでも0.5%の利上げが検討されていたようですが、ウクライナ問題が邪魔をしたようです。現在は、向こう3回のFOMCで0.5%ずつの利上げが実施されるというのが、市場のメインシナリオのようです。

2022年は残り6回のFOMCが開催される予定です、年内最後のFOMC〔12/14(水)〕後に、政策金利は2.75%まで上昇するのが中心的シナリオで、他はあまり差はないですが3.00%との予想が続きます。前者では0.5%の利上げ3回と0.25%3回、後者では0.5%の利上げ4回と0.25%2回の組み合わせが想定されています。上記の(3)にあるように、0.5%の利上げは3〜4回行われるというのが、市場の予想と考えてよさそうです。ちなみに、4/7(木)に「タカ派」で有名なセントルイス連銀のブラード総裁は、政策金利(上限)を年内に3.5%にする必要がある(年内に0.5%の利上げを6回実施する計算)とまで述べました。この意見は、今のところ少数派のようですが、足元の株式市場を動揺させたことは確かなようです。

このように当面は急速な金融引き締めが想定され、株式市場の反応に注意が必要とみられます。ただ、足元の株価はこうした急速な金融引き締めを、織り込みつつあるとみられ、次第に耐久性を増してくることが期待されます。

図表9 短期金利市場が予想する向こう3回および2022年最後のFOMC後の米政策金利(上限)

※CME「FED Watch ツール」の公表データをもとにSBI証券が作成。
※データは日本時間2022/4/12 13:30現在です。

先物・オプション口座開設先物・オプションお取引

少ない資金で大きな利益が狙える先物・オプション取引って何?

信用取引のご注意事項

  • 信用取引に関するリスク
    信用取引は、差し入れた委託保証金額の約3倍の取引を行うことができます。そのため、現物取引と比べて大きなリターンが期待できる反面、時として多額の損失が発生する可能性も含んでいます。また、信用取引の対象となっている株価の変動等により、その損失の額が、差し入れた委託保証金額を上回るおそれがあります。この場合は「追加保証金」を差し入れる必要があり状況が好転するか、あるいは建玉を決済しない限り損失が更に膨らむリスクを内包しています。
     追加保証金等自動振替サービスは追加保証金が発生した際に便利なサービスです。
  • 信用取引の「二階建て」に関するご注意
    委託保証金として差し入れられている代用有価証券と同一銘柄の信用買建を行うことを「二階建て」と呼びます。当該銘柄の株価が下落しますと信用建玉の評価損と代用有価証券の評価額の減少が同時に発生し、急激に委託保証金率が低下します。また、このような状況下でお客さま自らの担保処分による売却や、場合によっては「追加保証金」の未入金によって強制決済による売却が行われるような事態になりますと、当該株式の価格下落に拍車をかけ、思わぬ損失を被ることも考えられます。よって、二階建てのお取引については、十分ご注意ください。

先物・オプション取引の免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社、および情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製、または販売等を行うことは固く禁じます。
  • 必要証拠金額は当社SPAN証拠金(発注済の注文等を加味したSPAN証拠金×100%)−ネット・オプション価値(Net Option Value)の総額となります。
  • 当社SPAN証拠金、およびネット・オプション価値(Net Option Value)の総額は発注・約定ごとに再計算されます。
  • SPAN証拠金に対する掛け目は、指数・有価証券価格の変動状況などを考慮のうえ、与信管理の観点から、当社の独自の判断により一律、、またはお客さまごとに変更することがあります。
  • 「HYPER先物コース」選択時の取引における建玉保有期限は新規建てしたセッションに限定されます。必要証拠金額はSPAN証拠金×50%〜90%の範囲で任意に設定が可能であり、また、自動的に決済を行う「ロスカット」機能が働く取引となります。
  • 先物・オプションのSPAN証拠金についてはこちら(日本証券クリアリング機構のWEBサイト)
  • 指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分、またはそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。
  • 日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客さまが日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。
  • 日経平均VIは、相場の下落時に急上昇するという特徴があります。
  • 日経平均VIは、急上昇した後に数値が一定のレンジ(20〜30程度)に回帰するという特徴を持っています。
    日経平均VIは、短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。
  • 指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。
  • 未成年口座のお客さまは先物・オプション取引口座の開設は受付いたしておりません。
  • 「J-NETクロス取引」で取引所 立会市場の最良気配と同値でマッチングする場合、本サービスをご利用いただくお客さまには金銭的利益は生じないものの、SBI証券は取次ぎ手数料をSBIジャパンネクスト証券から受取ます。
  • J-NETクロス取引の詳細は適宜修正される可能性がありますのでご留意ください。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス
・口座開設の流れ

よくあるお問合せ
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【当選確率最大+5倍!?】最大10万円が当たる!SBIセレクト買付応援キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.