SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-26 19:15:29

マーケット > レポート > マーケットトピックス 2014年9月17日

マーケットトピックス 2014年9月17日

本日のトピックス

【中国版QEにリスクオン】
FOMCを前に調整色の強いマーケットに、強い買い材料となる二つのニュースが飛び込んできた。一つがFOMC声明文内の「相当な期間」の低金利維持という文言のうち、「相当な期間」が削除されるとの思惑がマーケットのドル買い要因だったのだが、WSJの記者から本文言は維持されるとの見通しが流れたことによるドル売り。
もう一つは中国が国内5大銀行に5000億元(約8兆7000億円)の流動性供給するとの報道。このニュースを受けてマーケットはリスクオン・モードになり株、商品価格、豪ドル等の資源国通貨が急騰する展開となった。

最も強い反応を見せたのは銅先物。サーキットブレイカーが発動し、一時取引停止となる上昇反応。
(図1:銅先物 1分足)

(出所:ブルームバーグ)

中国経済から強い影響を受ける豪ドルも上昇反応を見せる。
(図2:豪ドル円 1分足)

(出所:ブルームバーグ)

豪ドルは対米ドルでも買われ急騰。0.900の節目下抜け失敗から下げ止まっていた豪ドル米ドルは買われやすい状態であった。17日のアジア市場でも引き続きマーケットがリスク許容度の高い状態で推移するかどうか、注目の1日となりそう。
(図3:豪ドル米ドル 1分足)

(出所:ブルームバーグ)

ドル円相場は今週に入ってわずかだが上値を切り下げる展開が続く。どこかで下抜けなるか、再びの上昇へのエネルギーをためている状態なのか、FOMC明けのマーケット反応に注目が集まる。
(図4:ドル円 10分足)

(出所:ブルームバーグ)

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

提供:SBIリクイディティ・マーケット社

ご注意事項

  • お客様は、本レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、 複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。
  • 為替レートは、レポート作成にあたりSBIリクイディティ・マーケット社がBloomberg等のデータを参考に取得したレートであり、当社における実際の取引レートとは異なります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.