SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-11-29 05:49:08

マーケット > レポート > 特集レポート >  米10月雇用統計を終えたドル円、今週の注目ポイント

米10月雇用統計を終えたドル円、今週の注目ポイント

2021/11/9
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

米10月雇用統計

6月 7月 8月 9月 10月
就業者数 96.2万人 109.1万人 48.3万人 31.2万人 53.1万人
失業率 5.9% 5.4% 5.2% 4.8% 4.6%
時間給賃金 前月比 0.4% 0.4% 0.4% 0.6% 0.4%
時間給賃金 前年比 3.7% 4.1% 4.0% 4.6% 4.9%
6月 7月 8月 9月 10月
製造業 4.2万人増 7.4万人増 5.4万人増 6.5万人増 10.8万人増
サービス業 76.6万人増 74.2万人増 45.0万人増 30.0万人増 49.6万人増
政府系 15.4万人増 27.5万人増 2.1万人増 5.3万人減 7.3万人減
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

就業者数(53.1万人増)、失業率(4.6%)、対前年比時間給(+4.9%)といずれも予想を上回ったほか、8月および9月の就業者数が23.5万人増へ上方修正されるなど全般に好調な結果となりました。また、夏場以降の雇用鈍化は一時的との見方も聞かれ、労働市場の減速局面は既に過ぎ去ったとの楽観的な見方も聞かれました。一方、就業者数は感染前の水準を420万人下回る状況にあり、物価の安定と雇用の最大化を責務とするFRBにとって、利上げを急ぐ状況にないとの見方に加え、時間給賃金の上昇もインフレを煽る状況にないとの見方から米10年債利回りが一時1.43%台へ低下しました。さらに今週の米債入札(8日:3年債、9日:10年債、10日:30年債)を控えたポジション調整による債券買いとの観測も聞かれました。さらに、豪中銀のほかFRBや英中銀が金融市場の正常化に舵を切り始めたものの、利上げに向けた次のステップに歩を進めることには慎重な見方も影響したのかもしれません。

こうした動きを受けてドル円は雇用統計発表直後の114円02銭を高値に113円30銭まで下落しましたが、10月20日の114円70銭を付けて以降の安値となる10月28日の113円26銭を手前に下げ止まるなど113円26銭が下値支持線として意識される値動きとなりました。また、NY株式市場の主要3指数が揃って史上最高値を更新したほか、欧州株式市場でもドイツDAXやフランスCAC40指数が連日で史上最高値を更新しました。また、英FTSE100指数も昨年2月以来の高値まで上昇するなど、早期利上げ観測の後退を反映するなど、リスク選好を好感し、クロス円も下げ止まる動きが見られました。

米債入札や米10月消費者物価指数

米10年債利回りは10月21日の1.7%台をピークに先週4日に1.55%を割り込み、先週末の雇用統計発表後に1.50%を下回る水準まで低下したことから、債券買いが加速し一時1.43%台へ低下しました。さすがに短期間での急激な低下の反動から、本日の先物市場では1.47%台まで上昇するなど低下に一服感が見られます。

10年債利回りが1.50%割れの水準が続くと仮定した場合、9日の10年債入札にどれほどの応札があるのか、さらに10日の30年債入札の前には米10月消費者物価指数(予想:前年比+5.8% 前月:5.4%)は5月以降、6ヵ月連続で5.0%を上回る推移を続けると予想されているほか、コア指数(予想:前年比+4.3% 前月:4.0%)も7月以降、4ヵ月連続で4.0%を上回ると見られます。予想通り、あるいはそれを上回る強い結果となった場合、「インフレは一時的」とのFRBの見方と実態経済との乖離が拡がり、米10年債利回りが再び1.50%台を回復、一段と上昇することになればドル円は11月5日の113円30銭で一旦の底入れを確認したことにつながり、114円台を回復するかもしれません。

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

USDJPY

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

10月20日の高値(114円70銭)と11月1日の高値(114円44銭)を結んだライン(1)(現状:114円27銭)と、10月14日の安値(113円19銭)と114円70銭を付けて以降の10月28日の安値(113円26銭)を結んだライン(2)(現状:113円29銭)との三角持ち合いをどちらに抜けるか、以下の材料に対する反応が注目されます。
1)米債入札(8日:3年債、9日:10年債、10日:30年債)
  応札が不調になれば米長期金利が上昇、ドル円の上昇を支援するか注目
2)10日に召集される特別国会を経て第2次岸田政権の掲げる景気対策に対して、外国人投資家の日本株への投資拡大となるか
  リスク選好を背景にクロス円を中心に円売り加速の可能性
3)10日発表の米10月消費者物価指数 米早期利上げ観測につながるか注目
4)FRB要人発言(8日:クラリダFRB副議長、パウエルFRB議長、フィラデルフィア連銀、シカゴ連銀総裁、ボウマンFRB理事 9日:セントルイス連銀総裁、パウエルFRB議長、サンフランシスコ連銀総裁、ミネアポリス連銀総裁 12日:NY連銀総裁)
  債券市場およびNY株式市場の反応に注目

FXデビュープログラム実施中!

FX口座の新規開設をして、口座開設月の翌月最終営業日までにエントリー&お取引いただいたお客さまに、新規取引の合計数量に応じて最大100,000円をキャッシュバックいたします。

  • ※エントリーと取引の期限は、FX口座開設月の翌月最終営業日(取引終了時間まで)となります。取引時間についてはこちら
  • ※FX口座開設前のエントリーも有効となります。

SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?

SBI証券のFXが選ばれるのには理由があります。
FXデビューをお考えの皆さまに、SBI証券ならではの充実したサービスをご紹介いたします。

FX口座数国内No.1※1【SBIグループで135万口座突破!※2】SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?

  • ※1 2019年11月末時点 矢野経済研究所調べ(有力FX企業17社の月間データランキング)
  • ※2 2020年5月末時点 SBIグループのうち、約7割がSBI証券のFX口座

4つの理由を詳しくチェック!

ご注意事項

  • お客様は、本レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、 複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。
  • 為替レートは、レポート作成にあたりSBIリクイディティ・マーケット社がBloomberg等のデータを参考に取得したレートであり、当社における実際の取引レートとは異なります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 【新トレーディングツールHYPER SBI 2】先行利用者を募集します

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.