SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-10-25 06:41:59

マーケット > レポート > 特集レポート > ドル円、ユーロに動きが出るか!?パウエルFRB議長の講演に注目!

ドル円、ユーロに動きが出るか!?パウエルFRB議長の講演に注目!

2020/8/25
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

FOMC議事要旨の公表受けドル買い優勢に

8/19に公表された7月のFOMC議事要旨で、イールドカーブ・コントロールの導入に否定的な見解を示したことから、ドル買いが優勢となりました。しかし、フォワードガイダンスの強化など追加緩和の可能性は残るとの見方も根強く、ドルの上値を抑制しています。

ドル円は8/20の東京市場で付けた106円21銭を高値に、8/21の欧州市場序盤には105円44銭まで下落しました。その後、NY市場では一時106円07銭まで反発したものの、日足・転換線(106円07銭)が上値抵抗線として意識されたほか、日足・基準線(105円86銭)を維持できずに105円81銭で先週末8/21の取引を終えました。さらに、オシレーターのMACDでは、両線がクロスした状況が続いており、今後の下振れの兆候となるかもしれません。

https://sbisec.akamaized.net/sbisec/images/base/g_market_report_fx_toku_200825_19235_01.gif
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

また、FOMC議事要旨では次回9月の会合での追加緩和が示されず、イールドカーブ・コントロール導入に否定的な見解が示されたことから、ドルが欧州通貨や円に対して上昇しました。

しかし、議事要旨では、
1. 労働市場は完全な回復には程遠い状況
2. 新型コロナウイルス感染拡大の影響は、インフレよりデフレに警戒が必要
3. 米経済の下振れへの懸念を繰り返し強調
とされ、さらに家計所得や企業収益の減少により、製造業やサービス業など非金融業のレバレッジ拡大を問題視したほか、金融業でも貸出が回収不能となる不確実性が指摘されました。

こうした認識が示されたこともあり、9月FOMCでは依然として将来的に物価上昇率が2.0%を超えた場合でも、すぐには利上げをしないといった先行きの方針(フォワードガイダンス)が示される可能性もあるかもしれません。

ドル円は再度105円割れをトライか!?

こうした中、8/27-28に開催されるカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウム(ジャクソンホール会合)で、金融政策の枠組み見直しについてパウエルFRB議長が講演します。

現状では、2022年までゼロ金利政策が継続されると見られているものの、2023年以降もゼロ金利政策が継続されるとの見通しが高まれば、米長期金利の低下につながり、ドル売りに拍車が掛かるかもしれません。

これまで、各国通貨の強弱は「金利差」を主体に為替動向を大きく左右してきましたが、各国中銀が緩和競争を本格化させたことで、為替市場のボラティリティの低下につながりました。さらに、利下げや量的緩和拡大も限界が近いとされる中、物価目標の引き上げを巡る競争という新たなステージに入るかもしれません。そうなれば、世界的な超低金利の状況が一段と長期化することにつながりかねません。

パウエルFRB議長の講演で米長期金利の低下が加速することになれば、ドル円は再度105円割れをトライするかもしれません。

ユーロの上値目処は?

https://sbisec.akamaized.net/sbisec/images/base/g_market_report_fx_toku_200825_19235_03.gif
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

ユーロは8/18に2018年5月以来の高値となる1.1966ドルまで上昇し、2008年7月の高値(1.6037ドル)と2014年5月の高値(1.3994ドル)を結んだ長期の上値抵抗線を一時的に上回りました。

EU復興基金により欧州経済が回復に向かうとの期待がユーロの上昇に寄与したと思われます。加えて、ECBは資産買い入れを無制限に行うことに否定的と見られ、日銀やFRBの無制限に買い入れる姿勢との違いもユーロの堅調を支援した一因と考えられます。

2017年1月の安値(1.3040ドル)と今年3月の安値(1.0635ドル)を結んだ下値支持線は、2000年10月の安値(0.8230ドル)と2001年7月の安値(0.8352ドル)を結んだ支持線とつながります。すなわち、先週の1.1966ドルまでの上昇は、2000年10月以降の超長期の下値支持線を下固めした後の上昇だけに、1.2000ドルを上抜けることができれば一段の上昇に弾みが付く可能性があるかもしれません。

上値の目処
1. 節目となる1.2000ドルの回復
2. 2018年2月の戻り高値となる1.2555ドル
3. 2017年1月の安値(1.0340ドル)から2018年2月の高値(1.2555ドル)までの上昇分を今年3月の安値(1.0635ドル)からに上乗せした1.2850ドル

一方、8/21に発表されたフランスの8月製造業PMIやドイツやユーロ圏の総合PMIが予想を下振れ、欧州経済のV字回復期待の後退につながり、ユーロは1.1755ドルまで下落し1.1796ドルで取引を終えました。

週明けの東京市場では、1.1792ドルを下値に1.1807ドルまで反発していますが、20日移動平均線(1.1812ドル)や日足・転換線(1.1838ドル)を下回った値動きを続けており、パウエルFRB議長の講演を受けたユーロの反応が注目されます。

FXデビュープログラム実施中!

FX口座の新規開設をして、口座開設月の翌月最終営業日までにエントリー&お取引いただいたお客さまに、新規取引の合計数量に応じて最大100,000円をキャッシュバックいたします。

  • ※エントリーと取引の期限は、FX口座開設月の翌月最終営業日(取引終了時間まで)となります。取引時間についてはこちら
  • ※FX口座開設前のエントリーも有効となります。

SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?

SBI証券のFXが選ばれるのには理由があります。
FXデビューをお考えの皆さまに、SBI証券ならではの充実したサービスをご紹介いたします。

FX口座数国内No.1※1【SBIグループで135万口座突破!※2】SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?

  • ※1 2019年11月末時点 矢野経済研究所調べ(有力FX企業17社の月間データランキング)
  • ※2 2020年5月末時点 SBIグループのうち、約7割がSBI証券のFX口座

4つの理由を詳しくチェック!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会、及びNEX Data Servicesが算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 現物取引をされている方必見!信用取引デビュー&おかえりキャンペーン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.