SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-08-04 03:01:59

マーケット > レポート > 特集レポート > 2020年後半の米国経済の下振れは限定的?

2020年後半の米国経済の下振れは限定的?

2020/7/14
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

最大の不安材料は?

6/30の金融サービス委員会で証言を行ったパウエルFRB議長は、多くの企業が活動を再開し、雇用が回復して支出も増えているとの見解を明らかにしました。

また、景気対策によって経済が下支えされているとの認識を示した上で、米国経済は重要な新しい局面に入っており、予想よりも早く底入れを達成できたとの考えを示しました。

しかし、こうした発言も束の間、7月初めから再び全米各州で感染者数が拡大しています。7/11に、米フロリダ州では一日の新たな感染者数が15,299人に達し、過去最大の感染者数となりました。さらに、全米では7/9以降3日連続で6万人超となり、累計でも325万人に達するなど感染拡大への懸念が続いています。

7/10に会見したダラス連銀カプラン総裁は、米国経済について第2四半期の急激な減速後、第3・第4四半期には成長が予想されるとした一方、問題は新型コロナウイルスの再燃が下半期の成長を遅らせるかどうかであり、ウイルスの収束に成功すれば、回復ペースを決定づけると発言しました。今後の感染拡大の行方が不透明であることが米国経済の先行き見通しにおける最大の不安材料であるとの認識を明らかにしています。

一方、7/10に米製薬会社ギリアド社のウイルス治療薬「レムデシビル」の治験の結果が公表され、感染患者の死亡率を62%下げる可能性など効果があるとの成果を強調しました。しかし、ギリアド社の治験結果に各方面から否定的な声も聞かれ、決定的な治療薬となるか懐疑的な見方もあり、先週末に見られたNY株式市場の上昇が継続するか不透明な情勢かもしれません。

結果的にFRBの金融政策やトランプ政権の財政政策による景気下支えが必要不可欠な状況は当面続くことになりそうです。

次回の利上げは2023年の後半か

7/2に発表された米6月雇用統計で、米失業率は2ヵ月連続で改善したものの、11.1%と依然高水準にあり、失業率が少なくとも再び5.0%台へ改善するまでFF金利の中央値は現状0.125%に留まる可能性が高いと見られています。

https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_market_report_fx_toku_200714_18826_02.gif
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

6月のFOMCでは、今年第4四半期の失業率を9.3%、2021年が6.5%、2022年が5.5%と予想したことから、FRBの予想に基づいた次回の利上げは2023年の後半までないと見られます。

また、 FRBは最大限の雇用と物価の安定という使命を掲げており、仮に米長期金利が完全雇用の達成を妨げる水準まで上昇する場合には、長期金利が失業率の低下を促す水準まで米債の買入れを拡大するなどの策を講じると見られます。さらに、極端なドル安を回避することでインフレを抑制するなど、完全雇用の達成に向けた政策を続けると思います。

FRBが前例のない規模の流動性を供給したことで、ウイルス感染拡大により1-3月期に21.3%の急落となったNYダウが4-6月期には22.6%の上昇まで回復したほか、ナスダックは史上最高値を更新するまで回復しました。

感染拡大が続く中においても、米国経済の先行きに対する期待の大きさを反映していると思われます。マネーサプライ(M2)は前年比21%近くまで増加するなど、過去最大を記録しており、FRBの本気度が表れた結果と言えます。

金融政策と財政政策との組み合わせが米国の支出拡大を促す可能性があり、こうした政策をより効果的にするためにも抗ウイルス薬やワクチンの開発が急がれます。

景気回復期待を背景にしたNY株式市場の上昇が続き、過度なリスク回避の動きが抑制されるのか、年後半以降のドル円の行方を占う観点からも米国経済の先行きが注目されます。

FXデビュープログラム実施中!

FX口座の新規開設をして、口座開設月の翌月最終営業日までにエントリー&お取引いただいたお客さまに、新規取引の合計数量に応じて最大100,000円をキャッシュバックいたします。

  • ※エントリーと取引の期限は、FX口座開設月の翌月最終営業日(取引終了時間まで)となります。取引時間についてはこちら
  • ※FX口座開設前のエントリーも有効となります。

SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?

SBI証券のFXが選ばれるのには理由があります。
FXデビューをお考えの皆さまに、SBI証券ならではの充実したサービスをご紹介いたします。

FX口座数国内No.1※1【SBIグループで135万口座突破!※2】SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?

  • ※1 2019年11月末時点 矢野経済研究所調べ(有力FX企業17社の月間データランキング)
  • ※2 2020年5月末時点 SBIグループのうち、約7割がSBI証券のFX口座

4つの理由を詳しくチェック!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会、及びNEX Data Servicesが算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3つの無料化
  • FX 勝負の低スプレッド!
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.