SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-12-11 08:58:26

マーケット > レポート > 特集レポート > ECB理事会に向けたユーロ安に要注意!?

ECB理事会に向けたユーロ安に要注意!?

2019/11/26
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

冴えないユーロ圏の経済指標

11/22に発表されたドイツやユーロ圏の11月製造業PMIはいずれも予想を上回った一方、サービス業PMIはドイツ、ユーロ圏ともに予想を下回り、冴えない結果となりました。

さらに、ユーロ圏総合PMIが50.3へ低下するなど、前月に見られた底打ちへの期待感から再び先行きへの減速懸念が再燃したことも、ユーロ売りにつながる一因となりました。

ユーロ圏総合PMIの悪化は、スペイン総選挙を受けて政治的な不透明感による影響などドイツやフランスなどの主要国以上に周辺国の悪化が影響している可能性もあり、今後発表される指標にも注意する必要があるかもしれません。

こうした結果を受けて、市場の一部からはユーロ圏の2020年の成長率が過去の平均である1.0%〜1.1%を下回る可能性があり、年間を通じて0.9%もしくは、更なる低成長に陥るかもしれないといった見方も聞かれています。

今回の製造業PMIでも、フランスの製造業PMIは51.6、これに対し、ドイツ製造業PMIは43.8と大きく差が広がっていることが明らかとなりました。これは、ドイツのGDPに占める輸出比率が高いこと、中でも中国向けの自動車関連輸出が多いことが影響したと見られます。

https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_market_report_fx_toku_191126_15993_01.gif
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット
https://a248.e.akamai.net/f/248/29350/7d/pict.sbisec.co.jp/sbisec/images/base/g_market_report_fx_toku_191126_15993_02.gif
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

ユーロの下振れリスクに警戒

ラガルドECB総裁は講演の中で、内需主導の景気回復にとって金融緩和政策は有効であると発言し、前ドラギ総裁の考えを継承するハト派路線が明らかとなりました。

一方、ドラギ前ECB総裁との対比で目についたのが、緩和政策への副作用について言及した点や、新たなポリシーミックスの可能性を示唆したことです。

ドイツ連銀のバイトマン総裁も、金融政策のレビューの必要性について発言したほか、ドイツのシュルツ財務相からも、2020年に100億ユーロのグリーンボンド(環境問題に関する事業に使用使途を限定した資金調達する債券)発行への言及がありました。

しかし、ドイツの労働市場は堅調に推移していることもあり、ドイツ国内で財政出動を求める声はさほど大きくないと見られています。加えて、債務増加分をGDP比で抑制する取り決めのほか、地方政府との調整が必要なため、財政出動は容易ではないとの見方も聞かれます。

むしろ、ドイツの製造業の中心である自動車産業の環境規制や新たな技術開発などの構造改革の必要性が強調される可能性もあるかもしれません。構造転換を図っていくことができるか、今後のドイツ経済の行方を左右する大きな課題かもしれません。

先週末に、ラガルドECB理事が緩和政策の副作用や新たなポリシーミックスに言及したことを受けて、12月ECB理事会での追加緩和は見送られると見られています。

一方で、緩和政策による景気回復が最も有効との見方もあり、今後発表されるドイツ11月IFO企業景況感指数(11/25)、ドイツ11月消費者物価指数(11/28)、ドイツ10月小売売上高、11月失業率(11/29)、ユーロ圏10月失業率や11月消費者物価指数(11/29)、さらには12/5に発表されるユーロ圏7-9月期GDP確報値や12/6に発表されるドイツ10月鉱工業生産など、12/12のECB理事会に向けた今後の経済指標が注目されます。

ユーロは、対ドルで10/1の安値(1.0879ドル)を下値に、10/21に1.1180ドルへ反発後の調整を経て、10/31に1.1175ドルへ再度反発したものの、10/21の高値を更新することができなかったことでダブル・トップの形状となり、11/14には1.0989ドルへ下落しました。

その後、11/21には1.1097ドルへ反発したものの、1.1100ドル台へは回復しないまま、日足・基準線(1.1084ドル)を上値抵抗線とする上値の重い値動きを経て、11/22には1.1015ドル、さらに11/25の東京市場では1.1013ドルへ下落し、一目均衡・日足・雲下限(1.1047ドル)や日足・転換線(1.1043ドル)を下回る値動きとなっています。

11/14の安値1.0989ドルを下回り、一段と下げ足を加速するのか、今後のドイツやユーロ圏の経済指標のほか、12/12のECB理事会に向けたユーロの下振れリスクには注意が必要かもしれません。

FX口座開設FXお取引

取引チャンスを逃さない! 重要な経済指標・イベントのチェックはSBI証券の情報サービスが便利!

日米の金利、株価、為替などの重要な経済指標はもちろん、金融、財政政策をメールで受け取ることも可能!

即時性、専門性、情報量を求めるなら、プロ向けニュースサービス「プレミアムニュース」で一歩先行くお取引を!

日本の個別企業の銘柄情報はこちらで!

登録銘柄の株式分割や株式併合などのコーポレートアクション、決算発表日、権利付最終日などをメールでお知らせ!

個別銘柄の株価「現在値」・「前日比」・「出来高」などの条件に加えて、日経平均の「現在値」・「前日比」設定も可能!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3っつの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 3商品の口座開設で最大600円GET!
  • 米ドル/円の基準スプレッドを縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.