SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-05-20 20:20:42

マーケット > レポート > 特集レポート > 【GW10連休特集】 過去10年間のGW期間中、ドル円はどっちに動いた!?

【GW10連休特集】 過去10年間のGW期間中、ドル円はどっちに動いた!?

2019/4/16
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

過去10年間の傾向は?

  始値 終値 高値 安値 値幅 円高/円安
2009年(4/27〜5/8) 96円84銭 98円46銭 99円68銭 95円63銭 4円05銭 円安
2010年(4/26〜5/10) 94円08銭 93円34銭 94円97銭 88円15銭 6円82銭 円高
2011年(4/25〜5/10) 81円84銭 80円86銭 82円79銭 79円57銭 3円22銭 円高
2012年(4/25〜5/10) 81円32銭 79円88銭 81円69銭 79円42銭 2円27銭 円高
2013年(4/25〜5/10) 99円51銭 101円98銭 101円98銭 97円00銭 4円98銭 円安
2014年(4/25〜5/9) 102円27銭 101円81銭 103円02銭 101円43銭 1円59銭 横ばい
2015年(4/27〜5/8) 118円89銭 119円72銭 120円51銭 118円54銭 1円97銭 横ばい
2016年(4/25〜5/10) 111円79銭 109円35銭 111円88銭 105円55銭 6円33銭 円高
2017年(4/25〜5/10) 109円79銭 114円29銭 114円36銭 109円60銭 4円76銭 円安
2018年(4/25〜5/10) 108円82銭 109円42銭 110円02銭 108円76銭 1円26銭 横ばい
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

過去10年間のGWを挟んだドル円の値動きを振り返ってみると、円高傾向が4回、円安傾向が3回、値幅が2円未満の横ばいが3回となっています。

2012/11/14に、当時の民主党・野田首相と安倍自民党総裁との党首討論の場で、11/16に衆院解散の意思を明らかにし、12月の衆院選での自民党による政権奪回を経て、アベノミクス相場となりました。その後、2013年4月の黒田日銀総裁の緩和政策を経て、それ以前とそれ以降で金融市場が大きく変化しました。

しかし、緩和効果が徐々に色褪せる中、米FRBの金融政策も2018年12月までの引き締め政策が転換期を迎え、主要各国でも緩和政策が徐々に強まり、金利差縮小、低ボラティリティの状況が続いています。

10連休前後の注目イベントは?

4/25 日銀政策決定会合 追加緩和政策の可能性に注目
4/26 米1-3月期GDP速報値 景気減速懸念を払拭できるか?
4/28 スペイン総選挙 5/2からの欧州議会選挙の行方を占う上で注目
4/29 米3月個人消費支出 FRBの注目するインフレ指標
4/30 中国4月製造業PMI 3月の50.5から2ヵ月連続で好不況の節目50を上回るか?
ユーロ圏1-3月期GDP 欧州圏経済の減速懸念は?
5/1 米4月ADP雇用統計
米4月ISM製造業景況指数
FOMC
5/2 中国4月財新製造業PMI
英中銀政策金利発表
英地方選挙
5/3 ユーロ圏4月消費者物価指数
米4月雇用統計 堅調な労働市場を確認することができるか?
5/7 豪中銀政策金利発表
5/8 NZ中銀政策金利発表 利下げ観測の中、中銀の決定に注目
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

新興国通貨の値動きには要注意!

10連休中のアジア時間は、流動性が低下する中で新興国市場などが特に大きく振れる可能性があり、注意が必要かもしれません。

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット
FX口座開設FXお取引

キャンペーン期間:2019/4/1(月)〜2019/5/6(月)

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 第39回 SBI債
  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.