SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-20 04:26:23

マーケット > レポート > 特集レポート > 雇用統計結果受け、FRBの金融政策の行方は!?

雇用統計結果受け、FRBの金融政策の行方は!?

2018/12/11
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

11月雇用統計のポイント

・時間給賃金は、前月に続き前年比+3.1%と、2009年4月以来9年半ぶりの高水準を持続
・就業者数は、政府系・建設業・一部小売での伸び悩みを背景に鈍化
・製造業の就業者数は2.7万人増、ヘルスケアは3.2万人増と好調を持続
・1969年以来、48年ぶりの低水準である3.7%の低失業率を3ヵ月継続
・12月利上げ観測に変更なし、来年以降のFOMCで「漸進的利上げ」 文言削除の観測

  6月 7月 8月 9月 10月 11月
非農業部門 雇用者数(万人) 20.8 16.5 28.6 11.9 23.7 15.5
失業率(%) 4.0 3.9 3.9 3.7 3.7 3.7
時間給賃金 前月比(%) 0.1 0.3 0.3 0.3 0.1 0.2
時間給賃金 前年比(%) 2.7 2.7 2.9 2.8 3.1 3.1
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

賃金上昇は幅広い業種に波及するか

9月以降、3ヵ月連続で3.7%の低失業率を継続する米国の労働市場は、極めて良好との印象です。

しかし、就業者数が市場予想の19.8万人増に対し15.5万人増、さらに、前月も25.0万人増から23.7万人増へ下方修正される結果となりました。

米国の景気減速懸念が高まったとの判断から米長期金利が低下し、ドル円は伸び悩むこととなりましたが、果たして市場の判断は正しいのでしょうか?

確かに、雇用統計を見る上で、景気の過熱感やインフレの加速に焦点を当てる状況までハードルが上がっているだけに、厳しい見方は決して誤りではないでしょう。完全雇用といわれる状況下、就業者数の伸び悩みは否めないと思われます。

一方、時間給賃金は、前月に続き前年比+3.1%と2009年4月以来の高水準を2ヵ月連続で維持しています。前月から上昇してはいるものの、レジャー産業では16.19ドル、小売の一角では19.03ドルと低賃金の状態が続いています。一方、鉱工業や林業などでは32.97ドル、金融関連では35.17ドル、情報関連で40.72ドルとバラつきがあります。

就業者数が相対的に多いとされる小売などで20ドル割れの状況となっており、こうした業者でも賃金の上昇が顕著になるのか、幅広い分野への広がりを見せるのかが注目されます。

今後も対前年比での賃金上昇や低失業率の状況が継続するのであれば、FRBの金融政策も極端に弱気になる必要がないため、利上げ継続の可能性を残していると言えるのではないでしょうか。

しかし、ポイントは米国と中国との貿易問題が今後一段と深刻化するかどうかです。12/1の米中首脳会談で米国が課した、1.技術移転強要の是正、2.知的財産権侵害の是正、3.非関税障壁撤廃など、6つの分野に及ぶ課題に対し、中国は90日以内に合意することができるのでしょうか。

米国が新たに賦課関税へと動くことになれば、中国のみならず米国経済にも影響が及ぶことから、当然、労働市場への影響も避けられないと見られています。

こうした懸念が米国の株式・債券市場にも影響を及ぼしているだけに、経済指標以上にトランプ政権の通商政策の行方を見極めていく必要がありそうです。

米時間給賃金 前月比(%) 、 前年比(%)

※出所:米労働省

来年の利上げペースは!?

11月の雇用統計を受けて、12/18-19のFOMCの利上げ観測は維持されており、FRBは3月、6月、9月に続く今年4回目の利上げに踏み切ると見られています。

歴史的な低失業率が継続されていること、対前年比での時間給賃金が2ヵ月連続で3.1%の高水準を記録したことが、大きな支援材料と思われます。

就業者数は伸び悩んだものの、完全雇用の状況下で、今年1月以降11月までの平均でも20万人増を上回る水準を維持していることも、評価される点かもしれません。

9月FOMCでは、16人のFOMCメンバーの内、12人が年内(12月)の利上げを想定していたほか、来年に3回の利上げを想定していることが明らかになりました。

しかし、ドットチャートは、FOMCで委員が話し合いを行った結果を踏まえて、各委員が政策金利見通しを示すものではありません。(誤解され易いポイント)

各委員が政策金利見通しを持ち寄って、強気な見方を示す委員、やや弱気な見通しを示す委員などの見通しを基に、議論の進行に役立てるものです。

今回の雇用統計では、12月の利上げ見通しに変更はないものの、来年の金融政策を占う上で、9月に示された来年3回の利上げ見通しが年2回、もしくは年1回に下方修正されるのか、さらには、声明文から「漸進的な利上げ」との文言が削除されるのかが注目されます。

同時に、政策の柔軟性(経済指標次第、原油価格次第、米中貿易問題の影響次第など)についての言及も注目されます。

さらに、来年のFOMCから、毎回パウエルFRB議長の会見が予定され、より市場との対話を深めると予想されるだけに、今回12/18-19のFOMCが年末から年始にかけての相場を占う上で注目されます。

FX口座開設FXお取引

取引チャンスを逃さない! 重要な経済指標・イベントのチェックはSBI証券の情報サービスが便利!

日米の金利、株価、為替などの重要な経済指標はもちろん、金融、財政政策をメールで受け取ることも可能!

即時性、専門性、情報量を求めるなら、プロ向けニュースサービス「プレミアムニュース」で一歩先行くお取引を!

日本の個別企業の銘柄情報はこちらで!

登録銘柄の株式分割や株式併合などのコーポレートアクション、決算発表日、権利付最終日などをメールでお知らせ!

個別銘柄の株価「現在値」・「前日比」・「出来高」などの条件に加えて、日経平均の「現在値」・「前日比」設定も可能!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.