SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-26 05:16:30

マーケット > レポート > 特集レポート > 米中間選挙が株式・為替市場に与える影響は!?

米中間選挙が株式・為替市場に与える影響は!?

2018/10/16
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

テイラー・スウィフトの発言は影響力大!

11/20-21に東京ドームで公演を行う米国の人気女性シンガー、テイラー・スウィフトは、10/9にアメリカン・ミュージック・アワードの授賞式で最高賞となる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」をはじめとする4部門を受賞。ツイッターのフォロワーが8,560万人、インスタグラムのフォロワーが1億1,200万人と、アメリカで最も影響力が強い一人とされています。

その彼女が、授賞式のスピーチで11/6の米中間選挙への投票を呼びかけました。彼女はインスタグラムで「これまで女性候補に投票してきたが、テネシー州から出馬のブラックバーン共和党候補は、男女平等賃金と女性への暴力防止法の再認証に反対票を投じたため、上院ではブレデセン民主党候補、下院ではクーパー民主党候補に投票する」と表明したことで、テイラーの若者ファンを中心に、投稿後24時間以内の中間選挙投票への有権者登録者数が6.5万人に上るなど、影響力が注目されています。

11/6の中間選挙では議会上院(定数100)の35議席(含む2補選)、議会下院(定数435)の全議席が改選されます。10/14のワシントンポスト電信版は、最新の世論調査を発表、登録有権者の76%が投票に行くと表明、4年前の同時期の調査結果63%を上回るなど、関心の高さが窺われます。下院では、民主党支持が53%と、共和党支持の42%を上回っており、8月下旬以降続く下院での民主党優位は変わっていません。

また、別の世論調査でも、議会上院で共和党が過半数を維持する一方、下院では民主党が過半数を奪還し、政権(共和党)と議会(民主党)とのねじれが生じるとの予想が多数を占めています。

つまり、上院で共和党、下院で民主党がそれぞれ過半数を獲得するとのコンセンサスが出来上がりつつあるだけに、こうしたシナリオ以外の結果となった場合に、金融市場の反応は大きく異なることになりそうです。

上下両院ともに共和党が過半数を維持すれば、ドル高・円安が進み、115円を上回る可能性が見込まれる一方、上下両院ともに民主党が過半数を奪還することになれば、予算審議の遅れや重要な法案が滞るほか、トランプ大統領の弾劾への思惑を背景に110円を割り込み、108円台前半までの円高が再燃される可能性も取り沙汰されそうです。

※出所:SBIリクイディティ・マーケット

年末相場を占う上での注目点は!?

NYダウは、10/3に史上最高値の更新(ザラ場:26,951ドル、終値:26,828ドル)を記録しましたが、その後、10/11にはザラ場で24,899ドルまで下落、10/12には287ドル高と反発したものの先週1週間で約4%下落しており、調整が続いています。

10/12の大手米銀の7-9月期の決算を皮切りに、今週以降本格化する米主要企業の7-9月期決算では、10/12時点で前年同期比19.1%の増益が見込まれています。

10/3の史上最高値を付けて以降の急落を契機に、ボラティリティーの高い状況が続くものの、中間選挙が想定通り(上院:共和党、下院:民主党)で終えることになれば、年末に向けてNYダウは再度史上最高値を更新する可能性があるとも言われています。

しかし、米中貿易問題の長期化が懸念される状況が続けば、米国のみならず、日本や欧州各国企業の設備投資にも影響が及ぶ可能性があり、中間選挙を終えて以降も慎重姿勢が続くとの見方も聞かれます。

中間選挙やFRBの金融政策、さらに米中貿易問題を巡り年内にも米中首脳会談が開催される可能性があるのか、年末相場を占う上で動向が注目されます。

さらに、米ムニューシン財務長官が日本との貿易協定を巡る交渉で為替条項を要求、これに対し、茂木経済再生相は「日米間で為替の話が問題になっているとは思わない」と発言しています。両国の主張に隔たりがあるだけに、日米間で為替問題が懸念される事態となりかねません。

少なくとも、今年度の大企業製造業の想定為替レート(107円台)を上回る状況が続くのかが、下値目安の一つとなりそうです。

※出所:SBIリクイディティ・マーケット

FX口座開設FXお取引

取引チャンスを逃さない! 重要な経済指標・イベントのチェックはSBI証券の情報サービスが便利!

日米の金利、株価、為替などの重要な経済指標はもちろん、金融、財政政策をメールで受け取ることも可能!

即時性、専門性、情報量を求めるなら、プロ向けニュースサービス「プレミアムニュース」で一歩先行くお取引を!

日本の個別企業の銘柄情報はこちらで!

登録銘柄の株式分割や株式併合などのコーポレートアクション、決算発表日、権利付最終日などをメールでお知らせ!

個別銘柄の株価「現在値」・「前日比」・「出来高」などの条件に加えて、日経平均の「現在値」・「前日比」設定も可能!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.