SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-22 06:45:42

マーケット > レポート > 特集レポート > 米GDP速報がドル反発につながるか!?

米GDP速報がドル反発につながるか!?

2018/7/24
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

市場予想は3年半ぶりの高成長

7/27に、米4-6月期GDP速報値が発表されます。市場予想では、前期比+4.3%と、2014年7-9月期の+5.2%以来、15四半期(3年半)ぶりの高成長が見込まれています。

さらに、アトランタ地区連銀が算出するGDPナウでは、4%台半ばの成長も期待されることから、先週議会証言に立ったパウエルFRB議長の「減税や歳出拡大が米国経済の成長を支え続けるだろう」との発言を裏付けることになるか、注目されます。

金融市場は、短期的な決着を見込むことができない貿易戦争への懸念を優先させ、ドル安を見るのか、あるいは好調な米国経済、好調な企業業績に目を向けるのか注目されます。

米国の労働生産性が高まれば、インフレ調整後のドルの実質的な価値は相対的に高まる一方、労働生産性が低下すればドルの価値も弱まるとされています。
8/15に公表される4-6月期労働生産性が、GDPの上昇とともに1-3月期(前期比+0.4%)から上昇するかも注目です。

※出所:米商務省

トランプ発言の影響は一時的?

ドル円は、7/19に一時今年1/9の高値と並ぶ113円18銭まで上昇したものの、トランプ大統領がFRBの独立性を尊重する傍ら、利上げに苦言を呈したほか、中国人民元の対ドルでの基準値が連日のように昨年7月以来の安値を更新したこともあり、ドル高にも懸念を表明、ドル円は112円台前半に下落しました。

さらに、7/20にも中国やEUが為替操作を行っていると非難、中国からの輸入品すべてに追加関税を賦課する可能性に言及しています。市場では、中国やEUとの貿易問題に「通貨」を武器に利用するのではとの警戒感もドル売りにつながっており、週明けの東京市場では一時110円75銭まで円高が進んでいます。

一方、NY株式市場の反応は冷静で、先週末7/20のNYダウは6ドル安、S&P500指数も2ドル安で取引を終えています。7/10にトランプ政権が2000億ドル相当の中国からの輸入品に10%の関税を課す対象品リストを公表した際も、NYダウは143ドル高と上昇、米中ともに関税を発動した7/6もNYダウは99ドル高と株式市場は上昇した経緯があります。

貿易問題の実質的な影響は、早くとも米議会の手続きなどを考えれば9月までかかり、それまでに妥協点を見出すことが出来るのではとの見方も背景にあるのかもしれません。

そもそも、米国の鉄鋼・アルミに対する輸入規制から始まった関税強化の動きは、複数の貿易相手国から報復措置が実施、もしくは検討されているほか、必ずしも米国の優位性が高まるとは限らず、先週開催された自動車の輸入に対する公聴会でも、米国内自動車業界から批判が見られました。

ドルは対主要通貨で全面安となったものの、ユーロは1.1750ドルまでの上昇に留まっており、7/9の1.1790ドルを更新するほどの勢いは見られません。さらに、ポンドも7/19に昨年9月以来となる1.2957ドルを下値に反発に転じたものの、1.3156ドルまでの反発に留まっています。

EU離脱交渉期限の来年3月末が迫りつつあるものの、無秩序な離脱に追い込まれるとの懸念のほか、先週発表された英消費者物価指数や小売売上高が予想を下回るなど、一時高まった8/2の英中銀政策委員会での利上げ観測に対し、「無理に利上げを急ぐ必要はない」との見方も増えています。ドル売りの受け皿としてユーロやポンド、まして円買いが強まるというのは一時的な反応に過ぎないとする見方も市場には根強くあるようです。

あらためて、7/27発表の米4-6月期GDP速報値は、事前予想が前期比+4.3%前期(+2.0%)から大きく上昇する見通しです。

米小売売上高(前月比  %)と、住宅着工件数(年率換算 万件)

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

7/16に発表された米6月小売売上高は前月比+0.5%、5月が速報値の+0.8%から昨年9月以来の大幅増となる+1.3%へ上方修正されるなど、米4-6月期の小売売上高は自動車を含め幅広い項目で増加したことが確認されました。

自動車やガソリン、建材や食品サービスを除くコア売上高は6月が横這いながらも、5月は速報値の+0.5%から+0.8%へ上方修正されています。コア売上高はGDPの消費支出に最も近い数値をされており、米経済の約7割を占める消費支出、およそ5年ぶりの弱さとなった1-3月期からの改善が見込まれるだけに、GDPを押し上げると予想されています。

このGDP速報値がドル反発の契機につながるか注目されます。

FX口座開設FXお取引

取引チャンスを逃さない! 重要な経済指標・イベントのチェックはSBI証券の情報サービスが便利!

日米の金利、株価、為替などの重要な経済指標はもちろん、金融、財政政策をメールで受け取ることも可能!

即時性、専門性、情報量を求めるなら、プロ向けニュースサービス「プレミアムニュース」で一歩先行くお取引を!

日本の個別企業の銘柄情報はこちらで!

登録銘柄の株式分割や株式併合などのコーポレートアクション、決算発表日、権利付最終日などをメールでお知らせ!

個別銘柄の株価「現在値」・「前日比」・「出来高」などの条件に加えて、日経平均の「現在値」・「前日比」設定も可能!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.