SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-23 12:24:32

マーケット > レポート > 特集レポート >  英EU離脱問題と米欧貿易問題

英EU離脱問題と米欧貿易問題

2018/7/17
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

EU離脱交渉をめぐり、ポンドに警戒感

先週7/12、英政府がEU離脱後の欧州との経済関係を巡る具体策が示された「白書」を公表しました。

この「白書」にまとめられたEU離脱後の欧州との関係を巡り、メイ首相率いる与党・保守党内で意見が対立。デービスEU離脱担当相に次いで辞任したジョンソン外相は「メイ首相の方針に委ねていると英国はEUの植民地になってしまう」と非難する言葉を残すなど、与党保守党内には依然として対立の火種が残ったままの状況にあります。

来年3月のEU離脱期限まで残すところ9ヵ月あまり、
①英政府は「白書」で示された具体策を議会で承認
②EUとの交渉を経て、交渉期限内に合意を取り付ける
という二つの課題を果たすことができるか、ポンドの動向に大きく影響するだけに注目です。

公表された「白書」では、EU離脱後に「英・EU自由貿易圏」の構築が盛り込まれ、NAFTA(北米自由貿易協定)のようなものを目指すほか、EUとウクライナとの連合協定のような新たな提携関係や紛争解決にあたる機関の設立などが提案されています。

さらに、EU金融当局との協力に関しては、国際法で定められた枠組みの交渉を目指し、金融規制に関しては、英国の自主権維持の方針を示した上で、英国とEUが現行水準の相互市場アクセスを持たなくなることを意味するとしています。

金融業界は、以前から英政府とEU当局が広範に亘る現状維持の合意には至らない可能性を懸念していましたが、「白書」に記された提案でそうした懸念が一層高まることになりそうです。

「白書」が議会承認を得ることができるか?与党・保守党でのメイ首相に対する批判が高まるなど、政治的に不安定になることはないか?さらに、金融業界を巡るEUとの相互アクセスが否定されることに対して、一部の金融機関は既に中核的人材をEU諸国の首都へ移動するなど事前に動いており、こうした動きがポンド安につながらないか、慎重に見ていく必要がありそうです。

ポンドは6/28に昨年11月以来となる1.3049ドルまで下落、一時1.3362ドルまで反発したもののメイ政権の主要2閣僚の辞任により先行き不透明感が再燃、先週末には1.3102ドルへ再度下落しました。

今後の離脱を巡る動き次第では、1.30ドル割れの可能性もあるかもしれません。

※出所:SBIリクイディティ・マーケット

EU離脱を巡る議会承認などの手続きを考えれば、今年10月にも英国とEUとの離脱協定で合意する必要があるとされています。

しかし、EUとの合意が得られないまま、いわゆる無秩序離脱の可能性が懸念されるなど、メイ政権のリーダーシップの欠如も問われる状況です。

先行き不安はユーロにも影響

英EU離脱がどのような最終案になるのか不透明な状況が続けば欧州各国で事業展開を行う企業にとって関税がどのようになるのか、生産拠点をどこに置くべきか、設備投資計画など先行きの事業計画の青写真を描くことが出来ないなどの支障が生じています。

米中貿易問題の進展次第では、欧州製造業各社の生産拠点の再考につながる可能性もあるほか、トランプ政権が検討している欧州車に対する輸入関税強化が始まるのか?さらに、現状、欧州から米国への自動車関税は2.5%、米国から欧州への輸入自動車には10.0%の関税が課せられていますが、トランプ政権は欧州から米国への自動車関税を20%に引き上げることも検討されており、仮に実施されれば欧州経済への影響も懸念され、来年夏以降の金融正常化に向けた意向を示しているECBにも影響が及ぶ可能性があります。

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

最近のECB関係者の発言を見ると、7/5には 「ECBの一部メンバー、19年末の利上げは遅過ぎると認識(来年9月か10月が選択肢)」としたほか、7/11には「ECBメンバーで来年夏以降の利上げについて見解が分かれている」とされました。

7/12に公表された6月ECB理事会議事要旨では「インフレが目標まで上昇するために必要な限り金利は現状の水準に据え置く」としています。

今後の米中貿易問題、米欧の自動車関税を巡る動き、さらに英EU離脱交渉の行方次第では、欧州経済、さらにはECBの金融政策にも影響が及ぶ可能性もあるだけに、ユーロが再度1.15ドル割れを試す場面があるのか、その動向にも注意していく必要がありそうです。

FX口座開設FXお取引

取引チャンスを逃さない! 重要な経済指標・イベントのチェックはSBI証券の情報サービスが便利!

日米の金利、株価、為替などの重要な経済指標はもちろん、金融、財政政策をメールで受け取ることも可能!

即時性、専門性、情報量を求めるなら、プロ向けニュースサービス「プレミアムニュース」で一歩先行くお取引を!

日本の個別企業の銘柄情報はこちらで!

登録銘柄の株式分割や株式併合などのコーポレートアクション、決算発表日、権利付最終日などをメールでお知らせ!

個別銘柄の株価「現在値」・「前日比」・「出来高」などの条件に加えて、日経平均の「現在値」・「前日比」設定も可能!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.