SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 07:36:40

マーケット > レポート > 特集レポート >  【米雇用統計】 米5月雇用統計の注目点は!?

【米雇用統計】 米5月雇用統計の注目点は!?

2018/5/29
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

米5月雇用統計
(非農業部門雇用者数前月比/失業率  等)
発表時間: 
6/1(金)21:30(日本時間)
前回値: 
+16.4万人 / 3.9%
事前予想: 
+19.0万人 / 3.9%

6/1(金)発表の米雇用統計 予想を確認!

  12月 1月 2月 3月 4月 5月予想
非農業部門 雇用者数(万人) 17.5 17.6 32.6 13.5 16.4 19.0
失業率(%) 4.1 4.1 4.1 4.1 3.9 3.9
時間給賃金 前月比(%) 0.4 0.3 0.2 0.2 0.1 0.2
時間給賃金 前年比(%) 2.7 2.8 2.6 2.6 2.6 2.6

※出所:SBIリクイディティ・マーケット
市場予想は5/29現在の予想平均値

5月雇用統計の注目点

今週末6/1に発表される米5月雇用統計では、6月FOMCでの利上げ観測をダメ押しする結果となるか、さらには、年3回の緩やかな利上げペースが示された5月FOMC議事要旨から再度利上げペース加速の兆候を示す結果となるか、注目されます。

4/30に発表された米3月個人消費支出コアデフレーターが前年比+1.9%と上昇、2017年2月以降で最大を記録しました。こうしたことも影響し、5月FOMC声明では、インフレ率が目標の2%に近づいたと認めた上で、「インフレ率は前年比の伸びが中期的に目標の2.0%近辺で推移すると予想される」として、インフレ率物価目標である2.0%に近づいていることに自信を示し、6月FOMCでの利上げの可能性を示唆しました。

さらに、経済活動は緩やかに拡大、雇用の伸びについても過去数ヵ月に渡り底堅いとして、景気や雇用の減速については重要視しない姿勢が示されました。

  • ※出所:米労働省

FRBが物価の目安としている個人消費支出コアデフレーターについては、前年の携帯電話サービス料金などの大幅値下げに伴うベース効果によるもので、FRBはすでに3月FOMC議事要旨でこうした動きを予想、「利上げペースの見通しを変える理由にはならない」と言明していました。

それでも、雇用統計発表前日の5/31に発表される4月の個人消費支出コアデフレーターは+1.8%と前月からやや減速される見通しとなっており、こちらと合わせインフレ指標の一つとされる雇用統計の時間給賃金(前年比)があらためて注目されそうです。

今回の結果を受けて米長期債利回りの上昇につながり、米10年債利回りが節目とされる3.0%を再度上回るきっかけとなるか、NY株式市場の反応と合わせて注目されます。

◇注目点:

  • 米長期金利上昇につれて、ドル円の110円台回復から一段と上昇への足掛かりとなるか
  • 6月利上げ観測へのダメ押しや、FRBの年4回利上げ観測への変更を後押しするか
  • 原油価格をはじめとする原材料価格の上昇に加え、賃金インフレへの警戒も高めるか
  • 堅調な結果によりNY株式市場の押上げに寄与するか、インフレ警戒から調整を強めるか

非農業部門雇用者数(万人)の推移

  • ※出所:米労働省

失業率(%)の推移

  • ※出所:米労働省

6月の利上げ予想をダメ押しする結果となるか?

先週末発表された米4月耐久財受注において、設備投資の先行指標として注目されるコア資本財受注が前月比+1.0%と予想(+0.7%)を上回ったことで、1-3月期に減速した設備投資が上向いていることを確認、あらためて米国経済の堅調とともに4-6月期GDPの押上げ要因になると見られています。

それだけに、今回の雇用統計で就業者数が20万人を下回ったとしても、4.0%を下回るほぼ完全雇用の状況下において、就業者数の伸び悩みが大きな課題にはならないと思われます。

6月のFOMCで今年2度目の利上げが予想される中、これをダメ押しする結果となるか注目されるほか、予想を大きく上回る結果となれば、年3回とされるFRBの利上げペースを加速するとの見通しが再燃する可能性もあるだけに注目されます。

米時間給賃金 前年比(%) 、 前月比(%)

  • ※出所:米労働省
FX口座開設FXお取引

関連記事をチェック!

取引チャンスを逃さない! 重要な経済指標・イベントのチェックはSBI証券の情報サービスが便利!

日米の金利、株価、為替などの重要な経済指標はもちろん、金融、財政政策をメールで受け取ることも可能!

即時性、専門性、情報量を求めるなら、プロ向けニュースサービス「プレミアムニュース」で一歩先行くお取引を!

日本の個別企業の銘柄情報はこちらで!

登録銘柄の株式分割や株式併合などのコーポレートアクション、決算発表日、権利付最終日などをメールでお知らせ!

個別銘柄の株価「現在値」・「前日比」・「出来高」などの条件に加えて、日経平均の「現在値」・「前日比」設定も可能!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.