SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-08-19 02:43:43

マーケット > レポート > 特集レポート >  米FOMCと4月雇用統計発表!緩やかな利上げペース確認も・・・

米FOMCと4月雇用統計発表!緩やかな利上げペース確認も・・・

2018/05/08
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

米4月雇用統計 結果を確認!

賃金インフレの兆候見られず

5/2の海外市場で、ドル円は今年2月以来となる110円台を回復、110円04銭まで上昇しました。

しかし、米10年債利回りは4/25の3.03%台をピークに3.0%を割り込んでの推移が続いており、先週のFOMCでの緩やかな利上げペースの確認に加え、雇用統計でも時間給賃金が伸び悩む状況から、賃金インフレの兆候は見られませんでした。

米中貿易問題や、5/12にも決断が下されるイラン核合意の行方など不透明要因もあり、「適温相場」を背景にNY株式市場の堅調地合いが続くとの見通しについては、懐疑的な見方が聞かれています。

  11月 12月 1月 2月 3月 4月
非農業部門 雇用者数(万人) 21.6 17.5 17.6 32.6 13.5 16.4
失業率(%) 4.1 4.1 4.1 4.1 4.1 3.9
時間給賃金 前月比(%) 0.3 0.4 0.3 0.1 0.2 0.1
時間給賃金 前年比(%) 2.5 2.7 2.8 2.6 2.6 2.6

※出所:SBIリクイディティ・マーケット

4月雇用統計結果のポイント

  • 失業率が17年ぶりの3.9%台へ低下の一方、就業者数や賃金の伸びは予想に届かず
  • 失業率の低下も労働参加率低下(62.9%⇒62.8%)の影響もあり、3.0%台が定着するか
  • 時間給賃金(前年比)は下方修正された前月の2.6%と同水準も2.64%⇒2.56%へ低下
  • 就業者数は1月からの月平均が19.98万人増、今後も約20.0万人増を維持できるか
  • 賃金インフレの兆しが見えず、FRBの年4回利上げ確率は前週の47%から43%へ低下
  • 民間部門就業者は前月(+13.5万)から+16.8万へ、製造業も+2.2万から+2.4万へ改善

今回の雇用統計では、失業率が3.9%まで低下し17年ぶりに3.0%台へと改善が進みました。

しかし、就業者数は今年に入ってから4ヵ月間の月平均こそ19.98万人増と約20.0万人増の水準を維持したものの、2ヵ月連続で市場予想を下回る結果となりました。

さらに、時間給賃金(前年比)は前月と変わらずの2.6%と市場予想(2.7%)を下回ったほか、実際は前月の2.64%から2.56%へ低下しており、賃金インフレの兆候を確認するには至りませんでした。

失業率も3.9%と改善している一方、労働参加率が前月の62.9%から62.8%へ低下していることも影響しており、来月以降も3.0%台を維持できるか疑問視する見方もあるようです。

非農業部門雇用者数(万人)の推移

  • ※出所:米労働省

米時間給賃金 前月比(%) 、 前年比(%)

  • ※出所:米労働省

今後の注目点は?

米中貿易問題や、鉄鋼やアルミの輸入制限、原油高による原材料価格の上昇が企業収益を圧迫する懸念もあるだけに、賃金上昇への足かせになる可能性に注意が必要かもしれません。

さらに、FOMCでも示されたFRBの緩やかな利上げペースを確認する中、6月の利上げ観測は根強いものの、「年3回」の利上げペースを「年4回」に引き上げざるを得ないほどの強い経済指標が今後見られるか、今週発表の米4月消費者物価指数をはじめ、今後の個人消費や小売売上高、さらに雇用関連指標にも注目する必要がありそうです。

さらに、先週のFOMC声明と合わせて利上げを急がない方針が示されたことで、適温経済の現状を確認したことが先週末のNY株式市場の上昇につながっているものの、米中貿易問題やイランの核に対する核合意を巡るトランプ政権の動きを見るまでは不透明感も払拭できないだけに、しばらくは神経質な値動きが続くかもしれません。

◇5/3のFOMC声明文
・「12ヵ月ベースのインフレは依然、2%を下回っている」⇒「2%目標に近づいた」
・「企業の投資は緩やか」⇒「強く拡大した」 へそれぞれ3月FOMCから上方修正
・「インフレが中期目標の対称的目標に近づいた」との文言を加え、2%超のインフレも容認
・「経済は一段の緩やかな利上げを正当化」「投資は強く拡大」
・「市場ベースのインフレは依然低い」「調査ベースのインフレ指標はほぼ変わらず」
・消費は強かった昨年第4四半期から「引き続き和らいでいる」との文言維持
・「金融政策は依然緩和的」

ドル円は5/2のFOMC声明発表を前に、思惑から110円04銭まで上昇したものの、その後は雇用統計に向けてドル高ポジションの調整も見られ、108円台後半まで反落しました。雇用統計発表直後に108円65銭まで反落、その後の反発も109円27銭に留まるなど、上値の重い展開となっています。

雇用統計ではFRBの利上げを急がない姿勢を支援する内容となったことがドル円反発の足かせとなっています。

また、EU離脱を巡り厳しい対応を迫られている英国メイ政権の動向への懸念を背景にしたポンド安、さらにユーロ圏やドイツの経済指標に減速懸念が台頭するECBでは、債券買入れ終了時期の判断が7月に先送りされるとの懸念がユーロ安につながっており、ドル高基調ながらクロス円の軟調がドル円反発の足かせとなっています。

5/2の110円台回復が一過性に終わってしまうのか、米消費者物価指数など今後のインフレ指標に注目です。

FX口座開設FXお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • ロボアドバイザー「WealthNavi for SBI証券」 CM全国放送記念キャンペーン!
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.