SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-12-10 04:22:39

マーケット > レポート > 特集レポート >  正念場を迎えた安倍政権。日米首脳会談の注目点は?

正念場を迎えた安倍政権。日米首脳会談の注目点は?

2018/04/17
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

正念場迎えた安倍政権。日米首脳会談の注目点は?

安倍首相にとって大きな試練

4/17〜18に開催される日米首脳会談では、同盟国としての強い絆を確認し終始なごやかな雰囲気の中で終えた昨年の会談から一変、日本にとって厳しい対応を迫られる交渉が展開される見通しです。

森友・加計問題や文書改ざん・隠ぺい問題により支持率が低下している安倍首相にとって、大きな試練となりそうです。

日米通商問題

先週末、米財務省から公表された為替報告書では、米中貿易問題に関心が集まる中で、中国も含めて米国から為替操作を認定された国は見られませんでした。

一方、日本、中国、スイス、韓国、ドイツを引き続き監視対象国として監視を続けるほか、中国の貿易不均衡に強い懸念が示されました。また、日本に対して「介入は異例なケースに限定されるべき」と牽制されました。

対米貿易収支(億円)

  • ※出所:財務省

4/12に、トランプ大統領はツイッターで「日本は何年も米国に貿易で打撃を与えてきた」との不満を露わにしています。

今年2月に発表された昨年一年間の国別貿易赤字(下記参照)を見ると、中国が全体の46%と圧倒的な大きさとなっています。

中国との貿易問題で制裁発動を検討しているものの、中国からの対抗策のほか習近平国家主席による市場開放に前向きな発言もあり、強気一辺倒で思い通りに事が進まないもどかしさを感じているようです。

米 国別貿易赤字額(除くサービス収支) 単位:億ドル

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

日本にも貿易赤字削減に向けた要求を打ち出すか

今秋の米中間選挙に向けて国内向けアピールに躍起なトランプ大統領は、日本に対しても貿易赤字削減に向けた具体的な要求を打ち出す可能性があるとされています。

688億ドルの対日赤字のうち、70%弱が自動車及び関連部品で占められています。こうした点から、車や自動車部品をはじめ、防衛関連や米国産シェール・オイルなど、エネルギー関連の輸入拡大を日本に求めてくることが予想されます。

さらに、対米黒字額や経常黒字額の大きさが問題視される中で、「日銀の金融政策が円安誘導ではないか」といった注文を付けるなど、為替問題で攻めてくることになれば円高圧力が再燃しかねないだけに、注意が必要かもしれません。

  • アルミ・鉄鋼の高関税対象国から外れるか?
  • 自動車や自動車部品に対する米側の要求は?
  • 防衛装備品やエネルギーの輸入を求めてくるか?
  • 為替問題を議題として取り上げるか?

北朝鮮問題

ティラーソン前国務長官やコーン国家経済会議(NEC)委員長が既にホワイトハウスを去り、実務者レベルでの事前折衝が滞りがちと言われる中で、通商問題と合わせて注目されるのが北朝鮮問題です。

4/27に韓国・北朝鮮両首脳による南北朝鮮首脳会議が予定され、それに続く5月中〜6月中に予定される米朝首脳会談に向けて、安倍首相から拉致問題の解決に向けた強い要求があるものと予想されますが、その見返りとして通商問題への課題が突きつけられる可能性もあるだけに注目されます。

安倍首相は森友・加計問題のほか、PKOの日報問題など隠ぺい・改ざんで支持率が急低下する中、日米首脳会談で実績をどこまで示すことができるのか、米国からの要求を受け入れるに留まる場合、さらなる信認低下につながりかねないだけに正念場とも言われます。それだけに、安倍・トランプの同盟国として以上の強い絆を確認することができるのか注目されます。

FX口座開設FXお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内ETF手数料キャッシュバックキャンペーン

PR

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.