SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 00:19:15

マーケット > レポート > 特集レポート >  ドル安は止まる!?パウエル新FRB議長は何を語るか・・・

ドル安は止まる!?パウエル新FRB議長は何を語るか・・・

2018/02/27
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

ドル安は止まる!?パウエル新FRB議長は何を語るか・・・

先々への懸念からNYダウが調整

週明けのドル円は早朝のシドニー市場で107円29銭まで上昇後、あらためて上値の重さを確認して106円58銭まで反落、2/27にパウエル新FRB議長の議会証言を控えて106円から107円付近での小動きとなっています。

米10年債利回りは先週一時2.95%と2014年1月以来の高水準まで上昇、先週末こそ2.86%へ小幅に低下したものの、米長期金利の趨勢は明らかに上向きに転じています。

それでもドル円は2/16に105円55銭まで下落、その後の反発も107円90銭までに留まっており、米国の長期金利上昇を背景にした円安支援効果はほとんど見られていないのが現状です。

NYダウを筆頭に「適温相場=緩やかな経済成長下での緩やかな金利上昇」が税制改革によって景気過熱へ繋がる懸念が表面化、財政赤字拡大の思惑による国債増発懸念から急速に金利上昇が進むことになれば・・・
こうした先々への懸念を「AI」や「システムトレード」が察知した大量のプログラム売買を通じて、NYダウの調整が強まったとされています。

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット社

ドル安の要因は?

米長期金利上昇の一方で、緩和政策の継続を主張する黒田日銀総裁の再任も事実上決定済みです。

日米金利差拡大への思惑から、金利スワップ収益を当て込んだ個人投資家のFX取引でも、『ドル円が下落したらドル買い』といった状況だったのかもしれません。そのため、106円割れまで想定以上に円高が進んだことが損失確定売りにつながって、円高を助長させた可能性もありそうです。

しかし、米国の長期金利が2.2%から2.5%の間で小幅に推移していた昨年12月半ばのドル円は113円75銭。今年1/8に113円38銭の高値を付けた後も、1/24までは110円00銭を割れることはなく底堅い推移となっていただけに、「ここに来て高まった円高リスクが再燃するのでは?」といった不安がドルの戻り売りにつながり、ドル円の上値を抑えているのかもしれません。

要因は、

  • 米国の大規模な財政出動や税制改革が財政赤字を拡大するとの懸念⇒ドル売り
  • 2/4〜17に国内投資家の海外証券の売り越しは2兆円規模と過去最高を記録
  • 先週のトランプ大統領の経済報告で米貿易赤字拡大に為替調整の重要性に言及
  • 海外の短期投機筋を中心にドル安シナリオに向けてのポジション構築

など考えられますが、それ以前から兆候はあったのではないかとの話も聞こえています。

今年1月には『中国が米国債購入の縮小や停止を検討』といった一部報道がありました。これに対し、中国当局はこの報道を否定していますが、「外貨準備の多様化」との政策は当時の文書に残されています。

中国が米国債を売っているとすれば、米長期金利は上昇。一方で、外貨準備の多様化という観点からドル売り・ユーロ買い、ドル売り・円買いに動いたといったことなのかもしれません。

今秋の中間選挙に向けてのドル安政策は、トランプ政権にとって有効的な政策の選択肢の一つであり、中国との思惑が一致していると市場が捉えれば、ドル安の進行は想像以上に根強いかもしれません。

昨年末からのドル円日足チャート

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット社

パウエル新FRB議長の議会証言に注目!

こうした中で、2/27のパウエル新FRB議長の議会証言が今週最大の注目となります。市場との対話を重視してきたイエレン前議長の政策スタンスが継続されるか、目先の方向感を左右する判断材料として重要です。

米国労働市場では、低失業率に加え、賃金の上昇が本格化する可能性もあり、物価上昇圧力の高まりが意識されつつあります。市場の一部からは税制改革による企業収益の上振れ期待や賃金上昇、さらに米財政赤字拡大による国債増発などインフレ加速が懸念されはじめている中で、FRBが年4回の利上げを実施するのではないかといった観測も聞こえています。

市場ではNY株式市場の調整局面を経てもFRBが利上げペースを加速させるのか、パウエル新議長の議会証言や質疑応答後もドル安基調が続きドル円は再度105円台まで円高が進んでしまうのか、注目されます。

FX口座開設FXお取引

【2月限定】今なら「高金利通貨キャッシュバックキャンペーン」実施中!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.