SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-11-22 18:07:38

マーケット > レポート > 特集レポート >  米10月雇用統計の総括と、パウエル次期FRB議長の方針は?

米10月雇用統計の総括と、パウエル次期FRB議長の方針は?

2017/11/07
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

10月米雇用統計 結果を確認

  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
非農業部門 雇用者数(万人) 20.7 14.5 21.0 13.8 16.9⇒20.8 -3.3⇒1.8 26.1
失業率(%) 4.4 4.3 4.4 4.3 4.4 4.2 4.1
時間給賃金 前月比(%) 0.2 0.2 0.2 0.3⇒0.5 0.2⇒0.1 0.5 0
時間給賃金 前年比(%) 2.5 2.4 2.5 2.6 2.7⇒2.6 2.9⇒2.8 2.4

※出所:米労働省

10月の雇用統計の就業者数は前月比26.1万人増と、二つの大型ハリケーンの影響により1.8万人増となった前月9月から大きく増加したものの、市場予想を下回る結果となりました。
また、失業率は4.1%と、2000年12月以来の水準に改善した一方で時間給賃金は26.53ドルと前月比+0.0%と変わらず、前年比で+2.4%といずれも予想を下回りました。

ドル円は発表直後に一時113円61銭まで下落したものの、民間部門の雇用者増のほか、前月分の就業者数が3.3万人減少から+1.8万人増、8月分も16.9万人増から20.8万人増へそれぞれ上方修正され、直近3ヵ月の月平均就業者数は16.2万人増と労働市場の堅調さが見直されたこともあり、114円台前半へと反発しました。

さらにトランプ政権が年内にも税制改革法案を成立させることができれば、景気刺激につながり、ドルが一段高になることも予想されるほか、NY株式市場で主要三指数が揃って史上最高値を更新したこともドルの下値支援となりました。

非農業部門 就業者数 推移 (万人)
  • ※出所:米労働省
失業率 推移 (%)
  • ※出所:米労働省

労働市場は、失業率の低下によってほぼ完全雇用の状態になっており、企業は労働市場の引締まりから適切な人材を確保することが困難になっていることも伝わってきており、優秀な人材確保のための賃上げが必要になってくることも今後の課題になるかもしれません。

米時間給賃金 前年比(%) 、 前月比(%)
  • ※出所:米労働省

こうした中、次期FRB議長に来年2月に就任する予定のパウエル理事の手腕が問われることになりそうです。
議会の承認が残っているもののパウエル理事のFRB議長就任はほぼ決定ですが、7つのFRB理事ポストの内、これで4つのポストが空席となります。さらにクオールズ新副議長のほか、さらにもう一人の副議長(クオールズ副議長1名か副議長2名体制か?)との相性も今後の金融政策の舵とりにとって重要になってくるはずです。
パウエル新議長が就任した際に空白の4つの理事ポストがいつ埋まるのかも興味深く、パウエル新議長の主導するFRBの新体制にも大きく影響するかもしれません。

市場ではタカ派寄りのテイラー元財務次官とハト派寄りのパウエル理事といった対比からパウエル理事はハト派として印象付けられた感が強く、過去のFOMCでは一度も反対票を投じたことがないほか、講演などで『緩和縮小を急ぐべき』といった発言をしていないこともハト派寄りとの印象を強めています。
しかし、理事に就任した翌2013年には、大規模な緩和政策が長期化することに懸念を示しており、必ずしもハト派寄りと断定するのは早いかもしれません。

パウエル理事語録
・インフレ率の改善が遅いか失速する場合、利上げに忍耐強くなる理由になる。
・経済が予想通りに進めば、徐々に利上げを続けることが適切である。
・インフレ率が目標を下回っていることは、ある種のミステリーである。

米10月雇用統計では時間給賃金が鈍化したものの年内の追加利上げを否定するものではないとの見方が大勢となっています。しかし、来年以降の利上げペースを巡っては税制改革の行方や北朝鮮情勢なども大きく影響する可能性があるほか、パウエル新議長が新たに加わる理事などの執行部とどのように意見をまとめていくのか手腕が問われることになりそうです。

FX口座開設FXお取引

コツコツ外貨を積立てる「積立FX」!詳しくはこちらをご覧ください!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 積立サマリー
  • 国内株式 強力なサポートツール7選
  • 成績表

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.