SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-08-24 19:16:26

マーケット > レポート > 特集レポート >  今週は株、為替も転換週!?

今週は株、為替も転換週!?

2017/10/24
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

衆院選

週末に行われた衆院選は自民党が単独過半数を獲得したほか、公明党と合わせて313議席を獲得し圧勝しました。

海外に目を向けると、9月下旬に行われたドイツ議会選挙ではメルケル首相が4選を果たしましたが、メルケル首相率いるキリスト教・民主社会同盟は、「自由民主党」や「緑の党」との連立に難航しており、内閣発足は年末までずれ込む見込みです。
また、今月初めのスペイン・カタルーニャ自治州の独立を問う住民投票では独立支援派が大多数となり、スペイン政府は同自治州の独立を認めない方針を明らかにし、自治権のはく奪も視野に入れるほど対立が深刻化しています。
さらに、10/14のオーストリア議会選挙でも極右政党が躍進しています。

欧州の政治情勢の不安定化に比べると、今回の衆院選での安倍政権の安定ぶりは海外投資家にとって日本株投資への大きな安心感につながると思われます。

日経平均

日経平均は、衆院選の結果を受けた週明け10/23(月)の取引で239円上昇の21,696円をつける15連騰を記録し、1996年10月以来21年ぶりの水準に達しています。

1996年の東証1部のPER(株価収益率=株価が利益の何倍まで買われているのかを示す指標)は53倍程度だったと言われていますが、現状では、16倍〜17倍の水準に留まっており、企業業績からも決して買われ過ぎではないと見られています。

今回の衆院選の結果を受けた外国人投資家による日本株投資への資金投入が一段と進めば、さらなる上昇余地があると思われます。

日経平均 日足(3ヵ月間)
  • ※出所:Quants Research Inc.

ドル円 〜米税制改革の行方と次期FRB議長人事に注目〜

ドル円は、週明け10/23(月)シドニー市場での113円65銭を下値に午前9時前に114円台を回復しており、7/11に付けた114円49銭の高値を試す可能性が高まっています。
先週末、米議会上院が2018年度(2017年10月〜2018年9月)予算の大枠となる予算決議案を可決、トランプ政権の掲げる税制改革についての議会審議が本格化するとの期待が強まったことが113円台前半での下値支援要因となり、ドル高・円安が進みました。

加えてクラポ上院議員(共和党)から「利上げペースが遅い、金融当局の方向転換を期待する」との発言もあり、米長期債利回りが上昇したこともドル円上昇の支援となっています。

また、トランプ大統領が次期FRB議長人事について、近い内に発表すると言及しています。さらに大統領報道官からは、テイラー元財務次官やパウエルFRB理事の両名を正副議長に据える人事が検討されていることも明らかにされ、イエレン現議長に比べ、タカ派色が強まるとの思惑も長期金利の上昇につながりドル上昇を支援しています。

一方トランプ大統領が民主党に配慮してイエレン議長の続投を決めることになればドル買いからドル売りへと転じる可能性もあり、注意する必要がありそうです。

ユーロ 〜10/26(木) ECB理事会に注目〜

10/26(木)のECB理事会で現状600億ユーロ/月の債券買入れを来年以降減額する方針が示されているだけに、ユーロの動向が注目されます。

ECBの資産購入プログラムは、ECBが加盟国の債券をどれだけ買入れるか、その割合はECBへの出資比率によって決められているほか、債券の3分の1以上をECBが保有することが禁じられています。
しかしECBがこれまで大量の債券買入れを行ってきた結果、債券によってはこうした制限を超過する可能性が高まっていることも、資産購入プログラム縮小のもう一つの目的となっています。

来年以降に予定される資産買入れ額の縮小開始については、大幅に減額して買入れ期間の延長を継続する方法と、買入れ額を据え置いたまま買入れ期間を早めに終了する考え方があり、ECB内部で意見が分かれているようです。
そのため折衷案としてECBは今年12月末まで毎月600億ユーロの債券を購入しますが、この債券買入れ額を毎月300億ユーロに減額し、来年9月もしくは12月まで続けるといった変更策が示されるのではないかと予想されています。

前回9月のECB理事会では、来年の金融緩和調整開始を前に、その方法についての検討が開始されたことが明らかになったほか、ユーロの上昇懸念が出るとの予想もありましたが、特に為替市場で材料視されるようなことはありませんでした。

また、現状のユーロ圏・消費者物価指数(コア)が対前年比1.0%台前半での推移が続いており、2.0%のインフレ目標を下回る状態が続いています。
そのためECBの政策金利は預金ファシリティー金利(ユーロ圏の民間銀行が一時的に過剰となった資金を中央銀行に預け入れる際の金利)を-0.4%に据え置いたままであり、仮に来年1月以降の債券買入れ額の縮小が決定されても政策金利は据え置くと見られており、超低金利政策は当面の間、続くと予想されています。

ECBの資産購入プログラムの縮小は、必ずしも即座の超低金利政策の終了を意味するわけではないだけに、ユーロ動向を中心に市場がどのような反応を示すのか、注目されます。

米ドル円 日足

ユーロ円 日足

  • ※出所:FX総合分析チャート

今週は年末相場に向けての転換点となる一週間となるか?

9/8、ドル円は107円32銭まで下落し、年初来安値を更新しました。同日の日経平均もザラ場で19,239円までの下落を経て、昨年末の水準を下回る19,274円で取引を終えました。

しかし、今振り返って見れば9/8にドル円も日経平均も底打ちする結果となっています。本日までの1ヵ月間でドル円は114円台を回復したほか、日経平均も21,700円台まで上昇しています。
また、NYダウは先週末まで6連騰を続け、ナスダック、S&Pともに連日史上最高値を更新し年初からの上昇率は16%に達しています。さらに、ドイツDAX指数も14%超上昇するなど堅調に推移しています。

11/5のトランプ大統領来日では日米首脳会談、それに続いて米韓、米中首脳会談が予定されており、対北朝鮮情勢が中心議題として話し合いが行われることになります。北朝鮮情勢を巡る緊張が緩和されれば、米国の税制改革推進に向けた動きと併せドル高・円安・株高が一段と進む可能性もありそうです。

FRB次期議長を巡る人事、ECB理事会、日米主要企業の決算などを経て、年末に向けて一段高となる布石を築くことが出来るのか注目の一週間となりそうです。

今すぐFX口座を開設
FX取引サイトへ

コツコツ外貨を積立てる「積立FX」!詳しくはこちらをご覧ください!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭!】7通貨ペアのスプレッド縮小キャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.