SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 16:34:07

マーケット > レポート > 特集レポート >  北朝鮮情勢が足かせに NY株は調整局面入り!?

北朝鮮情勢が足かせに NY株は調整局面入り!?

2017/08/16
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

北朝鮮情勢で、落ち着いていたVIX指数も急上昇

先週8/7のNYダウは22,118ドルで取引を終え、10日続伸と同時に、9日連続で史上最高値を更新しました。さらにS&Pも史上最高値を更新したほか、ナスダックも7/26に付けた史上最高値(6,422)に迫る6,383まで上昇しました。
FRBの緩やかな利上げペースを織り込みながら、恐怖指数といわれるVIX指数も9.89で終了し、10.0前後の低水準で安定した推移を続けていたこともNY株式市場の堅調な地合いを支えていました。

VIX(ヴィックス)指数とは

米国のS&P500指数を対象としたオプションの取引価格から推計される、予想変動率をもとに作成される指数です。
通常は10から20程度の値ですが、相場暴落時には30から40程度まで上昇することもあります。市場参加者の感情を反映することから「恐怖指数」とも呼ばれます。

しかし国連安保理が北朝鮮に対する経済制裁を全会一致で決定したことで、北朝鮮が「弾道ミサイルによるグアム島周辺海域への包囲射撃を検討」と応じたことから、トランプ大統領も軍事攻撃の可能性を示唆したため、穏やかな推移が続いてきた金融市場に動揺が走りました。

8/10のNYダウは、北朝鮮情勢を巡る緊迫化を背景に204ドル安の大幅下落となり、VIX指数は一時17ポイント台へと急上昇しました。

VIX指数 1年間の推移
  • ※出所:Bloomberg

ボラティリティーの売りポジションを膨らませていたクオンツ系のヘッジファンドの中には、今回のVIX指数急上昇を受けて多額の損失を被ったところもあるとの観測も聞かれています。また、米国投資信託協会によると、リスク回避の動きで、株式投信から債券投信への資金流入が急速に増加しているようです。

8/11のナスダックは、前日の大幅安から反発に転じたものの7/26に付けた史上最高値から2.7%ほど下落しているほか、NYダウも史上最高値から約1%ほど下落するなど、連日史上最高値を更新していた勢いが薄れており、一時的な調整なのか見極める必要がありそうです。さらに、S&P500指数採用銘柄の約40%にあたる200社の株価が高値から既に10%ほど下落しており、米株価は調整局面入りしたのではとの見方も一部では出ています。

ただ、8/14にはS&P500指数が前週末比1.00%高、VIX指数も20%下落し、落ち着きを取り戻した気配もあります。
先の読みづらい展開が続いておりVIX指数の動きが注目されます。

北朝鮮関連の直近のイベントを確認すると、8/15に祖国解放記念日、8/21から米韓合同軍事演習、8/25に金正日前書記が軍政を開始した先軍節、そして9/9には建国記念日を控えるなど、挑発行為に打って出るための口実には事欠かない状況です。

こうした緊張によって株式市場から債券市場への資金流入が一段と続けば、NY株式市場が本格的な調整局面入りする可能性もあり、今後の進展を注意して見ていく必要がありそうです。

2017/4以降のNYダウ推移
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット
FX口座開設FXお取引

コツコツ外貨を積立てる「積立FX」!詳しくはこちらをご覧ください!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.