SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-15 17:34:56

マーケット > レポート > 特集レポート >  【特集】 日米首脳会談でドル円どう動く?

【特集】 日米首脳会談でドル円どう動く?

2017/02/07
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

2/10(金) 日米首脳会談 開催

2/3(金)に来日したマティス米国防長官と安倍首相との会談では、日米同盟の重要性を確認したほか、沖縄・尖閣諸島を巡る日米安保条約・第5条の適用範囲(対日防衛義務)についても明言されました。

日本側が懸念していた在日米軍の駐留費上積みについての要求は聞かれず、米軍駐留費については「日本は他国の鏡である」と称賛されるなど、大きな波乱はなく会談を終了しています。

2/10(金)のワシントン、2/11(土)のフロリダ・パームビーチで実施される日米首脳会談に向けては、日本側は何らかの「お土産」を用意し、日米首脳によるパートナーシップ構築の達成が目標になりそうです。

1月 米雇用統計の結果は? 発表後、3月FOMCの利上げ確率は10%を割り込んだ

2/3(金)に発表された1月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数は予想を上回る22.7万人増となった一方、時間給賃金の伸びは鈍化し、3月FOMCでの利上げは不透明な情勢となっています。

1月 米 非農業部門雇用者数(万人)
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット
1月 米 時間給賃金  前年比  (%)
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

時間給賃金は市場予想(+2.8%)を下回る前年比+2.5%となり、前月の+2.8%(速報値の+2.9%から下方修正)から低下したほか、前月比でも+0.1%となり伸び悩む結果でした。

就業者数や失業率は、リーマンショック前の水準を上回るまで改善が進んでいるものの、時間給賃金は当時の前年比3%台半ばに比べ依然低い水準に抑えられています。

こうした結果から3月FOMCでの利上げ確率は雇用統計前の18%から10%を割り込む水準まで低下し、ドル円も発表直後こそ就業者数の増加を好感して、113円50銭まで反発したものの、その後112円31銭まで下落し、上値の重い展開が続いています。

日米首脳会談 メインの議題は通商問題か!?

日米首脳会談で最も関心が高いのが通商問題ですが、昨年1月〜11月分までの米国の国別貿易赤字を見ると中国が47%と全体の約半分を占めています。これに次いで日本とドイツ、メキシコがそれぞれ9%、次いでアイルランドの5%、ベトナムの4%と続き、その他諸国で17%といった構成になっています。

米国の国別貿易赤字額 割合 (昨年1月〜11月分まで)
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

これまでトランプ大統領は中国のほか、日本、ドイツ、メキシコを名指して自国通貨安への誘導を行っていると批判してきました。これらの国々はいずれも米国の貿易赤字相手国の上位となっています。

首脳会談では、日本側から提案が予想されている、「日米成長雇用イ二シアティブ」をベースに、トランプ政権の掲げるインフラ整備に日本も積極的に投資し、米国内での雇用拡大に貢献していく考えを伝える模様です。

懸念としては、通常二国間の首脳会談では事前に事務方が協議を行い、詳細についてある程度の合意形成に向けたシナリオを描くのですが、トランプ政権では現在のところムニューチン次期財務長官の議会承認も得られていません。

綿密な事前協議がないまま、本番をむかえることになるだけに、同行する麻生財務相や岸田外相、世耕経済産業相らとどのような議論になるのか予断を許さない状況にあるようです。

TPPの積極的推進派の安倍首相とTPPの永久離脱を決めたトランプ大統領ですが、二国間協議となれば米国から日本への農産物輸出について関税引き下げのほか、米国製のピックアップトラックや乗用車の輸出拡大に向けた日本側の規制緩和、さらには戦闘機などを積極的に売り込んでくるかもしれません。

日米首脳会談でドル円はどうなる?

米国の要求に対し、日本側が「検討する」といった従来通りの返答ではトランプ新政権は納得しない可能性も高いでしょう。

米国が満足する対応をしなければ、週明けの為替市場で円高・ドル安が進む可能性もあり、会談の行方が注目されます。

ドル円は1/27に115円38銭まで上昇したものの、トランプ大統領による日本を名指ししての為替操作批判を契機に112円05銭まで下落した後、反発は鈍く、2/7現在112円を割れました。

日米首脳会談が日本側の思惑通りに進み、来週以降の株高・円安の流れに戻ることができるのか、それとも111円を割れて110円を目指す展開となるのか重要な転換期を迎えています。

今すぐFX口座を開設
FX取引サイトへ

【関連商品】少ない資金で大きな利益が狙える先物・オプション取引にも注目!

コツコツ外貨を積立てる「積立FX」!詳しくはこちらをご覧ください!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客さまは、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客さまは、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客さまの保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.