SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-16 13:37:17

マーケット > レポート > 特集レポート >  FOMC利上げでドル円どうなる? 12/15(木)早朝発表!

FOMC利上げでドル円どうなる? 12/15(木)早朝発表!

2016/12/13
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

FOMCでの利上げ幅はどの程度? 今後の利上げ回数は?

12/13-14(日本時間15日(木)早朝4時)のFOMCでは、FF金利先物から見たFOMCの利上げ観測が100%に達しており、0.25%の利上げが既に織込まれていることから、一部には利上げ発表を契機に今回のドル高局面が一旦終了するとの見方もあるようです。

一方で利上げ決定後、ドル高に拍車がかかるとの見方もあり、その根拠の一つとして、四半期毎に示される2017年末、2018年末の政策金利見通しが前回9月時点から一段と上方修正される可能性があることに基づいているようです。

9月FOMCでは、カンザスシティー、クリーブランド、ボストンの各連銀総裁が現状維持に反対したものの、市場の予想通り政策金利は据置かれました。さらに政策金利見通しも以下の通り下方修正されました。今回のFOMCでは、トランプ次期政権の財政政策などによってインフレ期待が上昇していることから政策金利見通しも上方修正されるとの予想もあるようです。

FOMC政策金利見通し (2016年末、2017年末、2018年末)

前回9月時点の政策金利見通しに基づけば、利上げ回数はそれぞれ2017年が年2回、2018年が年3回の予想でしたが、今回見通しが変更される可能性もあり注目です。

FOMC 6月、9月時点の実質GDP見通し(2016年末、2017年末、2018年末)
FOMC 6月、9月時点の失業率見通し(2016年末、2017年末、2018年末)
FOMC 6月、9月時点の個人消費支出(前年比) 見通し(2016年末、2017年末、2018年末)
  • 出所: SBIリクイディティ・マーケット社

前回9月のFOMCでは、政策金利が据置かれたほか、一連の先行き見通しが前回6月時点から下方修正されたこともあり、為替市場ではドルが対主要通貨で全面安となり、ドル円も発表前の東京市場での102円78銭から発表後の100円36銭まで下落しました。

直近のイベントと今後のドル円相場は?

12/8のECB理事会では債券買入れプログラムの期限を従来の来年3月末までから来年12月末へ延長した一方で、来年4月以降の債券買入れを800億ユーロから600億ユーロへ減額することを決定しました。

ドラギECB総裁は会見で「テーパリング(緩和策の段階的縮小)ではない」と述べていますが、少なくともこれまでの「量」に頼る金融政策に変化があったのは明らかとされ、欧州の長期債利回りが上昇する流れが米債券市場にも波及しました。

債券から株式への資金流入が加速することで、12/9のNYダウ、ナスダック、S&P500は揃って史上最高値を更新したほか、独DAX指数も連日の年初来高値を更新となっています。
さらに、日経平均先物も19,185円で12/9の取引を終え、昨年12月末の大納会の終値(19,033円)を上抜けており、年足チャートが陽線に転換することがほぼ確実視されています。

12/9の米10年債利回りの2.4675%への上昇は、ドル円の115円台突破への支援材料となっています。ドル円は昨年高値(125円86銭)と今年安値(99円00銭)の61.8%にあたる115円60銭を上抜けており、120円到達への期待も一段と膨みそうです。(※12/12にドル円は一時116円台まで上昇)

先ほど述べたとおり、FOMCの利上げ観測は100%に達しており、利上げの有無よりも先行きのインフレや政策金利の見通しをFOMCメンバーがどのように捉えているのか、トランプ次期政権の政策期待がどの程度反映されるのかに注目が集まりそうです。

一部大手米系証券は、FRBの利上げは来年3回あると予想しており、トランプ次期政権の財政積極化策への期待はかなり高まっているようです。FOMCは今週最大のイベントとなりそうです。

今すぐFX口座を開設
FX取引サイトへ

コツコツ外貨を積立てる「積立FX」!詳しくはこちらをご覧ください!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客さまは、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客さまは、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客さまの保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.