SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-27 13:25:25

マーケット > レポート > 特集レポート > 9月後半はFOMC&日銀政策会合のビックイベント!指標&発言総まとめ

9月後半はFOMC&日銀政策会合のビックイベント!指標&発言総まとめ

2016/09/13
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

8月のISM非製造業景況指数は予想を下回り、FOMC9月利上げはどうなる?

9月2日発表の米8月の雇用統計は予想を下回ったものの、非農業部門就業者数の3ヵ月平均が23.2万人増、失業率が5.0%を下回るようなほぼ完全雇用の状況下に近いとあって、年内利上げを容認できる内容との声が広く聞かれました。
一方で、6日に発表されたISM非製造業景況指数は予想を大きく下回り2010年2月以来の低水準となったことで、今月のFOMCにおける利上げ観測は大きく後退することとなり、ドル円は雇用統計発表後の104円32銭の高値から101円台半ば割れまで反落しました。

出所:米ISM供給管理協会

ISM景況指数は企業経営者のセンチメント指数

職場などで『最近どう?』と尋ねられたときに、『まぁまぁかな・・』『最近少し疲れ気味で・・』といった会話は日常よく聞かれます。それでも2、3日後に同じように問いかけると、『そうだね、だいぶ調子いいよ』と同じ人の返答とは思えない答えが返ってくることもしばしばです。
誰でも穏やかな天候やプライベードの充実感などで気分が大きく左右されるのかもしれません。一方で健康診断では、血圧や尿酸値などデータで示されてしまうと『体調の良し悪し』は明確になります。
ISM景況指数は数百社の購買・供給管理の責任者に対し、受注や生産など10の項目について「改善している」「変わらない」「悪化している」の三者択一のアンケート回答を集計して全米供給管理協会から公表されるものです。いわゆる企業経営者のセンチメントを数値化したものと理解していいでしょう。
これに対し、鉱工業生産や失業率、物価指数、小売売上高、住宅着工などの指標は実体経済をより反映する具体的データだけに、イエレンFRB議長がしばしば言及する、利上げ時期は「データ次第」と述べる際のデータとは後者により重きを置いているはずです。

米8月消費者物価指数は9月16日発表

実体経済を反映するデータという点に注目すると、今週15日に発表される米8月小売売上高や、16日の米8月消費者物価指数は、利上げ時期を巡る市場の思惑を大きく左右しかねないだけに重要な指標と言えるでしょう。

出所:米労働省

FRB高官の意見は直前まで割れている

9月9日にボストン連銀ローゼングレン総裁が「米国経済は比較的良好で賃金にも上昇圧力の緩やかな兆候が見られる」、「早期利上げが適切で利上げを先送りすることはリスクである」などと発言したことから、米10年債利回りは6月24日の英EU離脱決定前の水準となる1.67%台まで上昇しました。市場は9月のFOMCにおける利上げの可能性が増したことからNYダウは今年2番目の下げ幅となる394ドル安まで調整を余儀なくされ、今月にも利上げが実施される可能性が徐々に高まりました。
しかしながら、12日に講演を行ったハト派の代表格であるブレイナードFRB理事は「予防的な金融引き締めシナリオは説得力がない」と述べ、早期利上げに慎重な考えを示したことでNYダウは239ドル高の18,325ドルと高値引けで取引を終えました。
FRB高官の間でも利上げ実施可否をめぐって意見が割れており、FOMCでは激しい議論が交わされることになりそうです。

日銀政策会合でサプライズはあるか!? 総裁、副総裁の発言は?

9月20-21日の日銀政策会合を控える中、9月5日に黒田日銀総裁、8日に中曽副総裁が講演を行い、マイナス金利が金融機関の収益を圧迫していることや、消費者心理などに悪影響を与えていることに言及するなど、市場との対話を重視する姿勢を見せました。
注目されるマイナス金利、量的・質的緩和の総括的な検証を巡っては、「緩和縮小の議論ではない」との見解が示された一方で、中曽副総裁は金融政策の枠組みの修正が必要か判断するとも述べています。
それだけに市場の一部では、現行の80兆円の国債買入れ枠を70兆円から90兆円といった幅を持たせる手法に変更する可能性を指摘する見方も出ています。
こうした中で日銀は短期金利と長期金利のイールドがフラットに近い異常な状況から長短金利の利回り差が広がるような状況を実現させたい意向があるとも言われており、マイナス金利の深堀りとともに、国債買入れ枠の更なる拡大の限界説などの意見もあり、政策会合までの動きに注視する必要がありそうです。

今すぐFX口座を開設
FX取引サイトへ

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.