SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 14:29:48

マーケット > レポート > 特集レポート > ドル円 本格反発の希望あり!? 日本に残された施策とは!?

ドル円 本格反発の希望あり!? 日本に残された施策とは!?

2016/02/17
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

急速な円高進行にブレーキを掛けることができるか?

ドル円は106円か115円か

年明け以降続く世界的株安の流れは先週も続き、休場となった上海、台湾、ベトナムを除き主要22の市場で全面安となりました。中でも週間の下落率が11.1%と最大だったのが日経平均株価ですが、年初来でも21.4%とギリシャ株式市場の28.0%に次ぐ2番目の下落率となっています。その最大の要因として挙げられるのが急速な円高進行ではないかと思います。

年初来の日経平均株価の値動き
  • 出所:SBIリクイディティ・マーケット

アベノミクス相場が開始された2012年12月以降のドル円は、右肩上がりの円安で推移してきました。しかしながら、年初から急速に進む円高・ドル安の流れの中、長期波動を見る上で一つの指標となる24ヵ月移動平均線をアベノミクス相場開始以来初めて下回ってしまいました。このまま今月の取引を終えることになれば、ドル円の更なる円高の進行も懸念されており、先週末の海外市場では、当局が円売り介入したとの憶測も聞かれるなど市場はより神経質な値動きになっています。
仮に更なる円高が進んだ場合、2011年10月の75円32銭と昨年6月の125円86銭とのフィボナッチ38.2%水準となる106円55銭が一つの目安として有力視されるだけに、警戒感が高まっています。2014年10月に日銀が第2次異次元緩和を実施して以降、ドル円は115円台を下値に125円台まで上昇しており、125円台と115円台はそれぞれ黒田防衛ラインの上限・下限として意識されていました。こうした観点からも、ドル円が115円台を回復できるのかが、目先の上値のポイントとなるかもしれません。

過去の値動き(米ドル/円)
  • 出所:FX総合分析チャート(月足)

施策次第でたちまち反転する可能性も!?

今週2/16より施行されたマイナス金利の影響も依然はっきりとせず、ドル円は心理的なサポート水準とされた115円台が、本邦実需筋らの想定レートにもなっていることから当面の上値メドとしてそれ以上の円安調整への抑制要因になるかもしれません。当局への信認も大きく揺らいでおり、自立的な円安反発は相当難しいと認識している市場参加者も多く、一部欧米の金融機関の中にはドル円の今年12月末予想を120円から95円まで引き下げています。

こうした中、今月2/26-27に中国・上海で開催されるG20財務相・中央銀行総裁会議で何らかの政策協調を打ち出すことができるのかに注目が集まります。106円台を目指すような円高が加速するのか、あるいは115円台を回復させて反転の契機になるのかが最大の注目となりそうです。しかしながら、G20開催まで10日間もあり、G20開催前に更なる円高を仕掛ける動きを警戒する必要もあるだけに、今週の衆院予算委員会での安倍首相や黒田日銀総裁、麻生財務相などの要人発言にも注目です。当然、発言のみならず財政出動や来年4月から予定されている消費税増税の実施延期など、世界的株安・信用リスクといった事態への対応策(示唆も含め)が示されるようなことになれば、相場がたちまち反転に向かうかもしれません。

直近の値動き(米ドル/円)
  • 出所:FX総合分析チャート(1時間足)
今すぐFX口座を開設
FX取引サイトへ

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.