SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-23 04:30:48

マーケット > レポート > 特集レポート >  日銀追加緩和の可能性は?FOMC後も市場に注目!12/18日銀政策会合

日銀追加緩和の可能性は?FOMC後も市場に注目!12/18日銀政策会合

2015/12/16
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

日銀金融政策
決定会合
発表日程
12/18(金)昼頃
時間未定

日銀追加緩和の可能性

12/3に開催された欧州中央銀行(ECB)理事会は、市場が予想した緩和規模には届かなかったものの、期待通り追加の金融緩和に踏み切りました。12/15-16の米連邦準備制度理事会(FRB)では、過去7年間続いた実質ゼロ金利政策に幕が下ろされる可能性が高くなっています。
そこで次に気になるのが日銀の追加金融緩和です。年内最後の金融政策決定会合は、米FRBの市場公開委員会(米FOMC)の直後となる12/17-18に開催されます。今年の春以降、多くの市場関係者が年内の日銀の追加緩和実施を予想していましたが、結果的に今週の日銀政策決定会合が年内最後となりました。

安倍政権誕生(2012年12月)以降の日銀の金融緩和

第1弾 2013/4/4 『異次元緩和』
第2弾 2014/10/31 『黒田バズーカ』
第3弾 年内?2016年前半?
  • 出所:SBIリクイディティ・マーケット

後に『黒田バズーカ』と名付けられ、市場の意表をついて追加金融緩和が実施されたのが昨年10月でした。その1年後のタイミングで再び追加緩和が実施されるのではと盛り上がったのが今年10月末の会合でした。昨年10月の追加緩和は、市場のほとんどが現状維持を予想する中での決定だっただけに、効果は絶大でした。第3弾となる追加緩和については、市場からの催促が大きくなり始めていることに加え、株価上昇への支援や円安地合いにある為替相場の支えとなる必要もあるだけに、前回以上に実施のタイミングや緩和内容の選択に難儀しているようです。米FOMCと日銀金融政策決定会合の開催を前に、12/4に開催された石油輸出国機構(OPEC)の減産目標設定などが不調に終わり、加えて中国の貿易収支が5ヵ月連続して減少したことで中国経済の減速懸念の高まりが重なり、原油価格が2009年以来となる34ドル台(2015/12/14現在)にまで下落しています。またしても世界経済の先行き不安が高まっている状況ではありますが、今のところ米FOMCでの利上げが見送られるとの見通しにまでは至っていません。日経平均の現物市場が12/14の午前中に18,800円を割り込む水準へ下落したのが気掛りですが、米ドル/円が120円を大きく下回るような円高基調に変化するようなことが重ならない限り、当局も最終手段として追加緩和は温存すると思われます。
足許の景気についても、12/8に発表された2015年7-9月期の国内総生産(GDP)改定値が前期比年率0.3%増、年率換算で1.0%増となったことで2四半期連続のマイナス成長を回避したほか、さらなる円安を望む声も限られており、基本的には追加緩和の実施が差し迫っている状況でもないと思われます。黒田総裁も11月末の講演で、「物価の基調が変われば、躊躇なく追加緩和であれ何であれ、政策を調整する」と述べており、2%物価目標の2016年後半への先延ばしも達成が難しいとされながらも、消費者物価指数は大幅な落ち込みにはなっていません。ただし、今週の米FOMCで利上げが宣言された後に金融市場が大きく混乱したり、上述したように日経平均のさらなる大幅下落やドル円が120円を大きく下回り118円を割り込むようなことがあれば、追加緩和の実施が急浮上することもあるかも知れません。仮に、追加緩和の実施が急浮上した場合、昨年10月の緩和時に購入額が3兆円規模に増えた株式上場投信(ETF)の買い取り残枠が40億円余り(2015/12/10終了時点)しかなく、オペレーション上からも注目しておく必要がありそうです。さらに付利の引き下げなどの手段が残されていることにも留意しておく必要があるでしょう。
黒田総裁は「原油価格の下落は一時的」との判断を繰り返し述べていますが、最近の動向を踏まえて物価見通しを変更することになるのか注目です。

過去の米ドル/円の値動き

  • 出所:FX総合分析チャート 日足

「日銀金融政策決定会合」とは

日銀金融政策決定会合とは、日本銀行の最高意思決定機関である「政策委員会」が、「金融政策」に関する事項を審議・決定する会合のことです。原則として毎月1〜2回開催されます。大きな変更があった場合には、マーケットに与える影響が大きいので注目されています。

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.