SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-17 16:22:01

マーケット > レポート > 今回も利上げ見送り濃厚か?FOMC 6/16〜17開催!

今回も利上げ見送り濃厚か?FOMC 6/16〜17開催!

2015/6/12
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

FOMC 政策金利
発表時間
6/17(水)27:00(日本時間)

直近の状況と今回の焦点をチェック!

前回のFOMC(4月28日〜29日)振り返り

前回4/28〜29の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、一時的な要因(悪天候や港湾スト)を反映した労働市場の弱含みや成長鈍化を考慮して、声明での景気判断を下方修正しました。FOMCの声明の数時間前に発表された1-3月期GDP速報値が、設備投資の低下や住宅市場の回復の遅れ、さらにはドル高による輸出の減少などを背景に、前年比年率0.2%と前期の2.2%から大幅に減速したことも反映されたようです。4月のFOMCは、利上げ開始決定があるとの事前予想もほとんどなく、市場の関心は5/20の議事要旨と合わせて、もっぱら利上げ時期を探るヒントを得ることに重点が置かれていました。前回のFOMCから得られたコンセンサスは、次回6月の会合での利上げ決定の可能性が極めて低く、複数の委員からも利上げ開始の判断は、指標の改善次第との発言が繰り返されていたこともあって、結果的に利上げは9月の会合以降に先送りされるとの見方が優勢となりました。

前回発表時(4/29)の振返り(米ドル/円 15分足)
  • ※出所:FX総合分析チャート 15分足

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

今回会合での焦点

大幅減速した1-3月期GDPに加え、5月に入ってからの指標も、ISM製造業景況指数、貿易収支、ADP雇用統計など、月はじめに発表された指標が揃って予想を下回るような弱い結果となりました。さらに5/8に発表された雇用統計では、非農業部門雇用者数が20万人増を回復した一方で、3月の数字が8万6千人増へ下方修正されたことから、利上げ時期の先送り観測が強まることになりました。こうした予想を下回る弱い指標は、その後も小売売上高、生産者物価指数、ミシガン大学消費者信頼感など月半ばまで続きました。しかしながら、住宅着工や消費者物価指数が予想を上振れする結果となった頃を境にして、この利上げ時期の後ずれ観測も徐々に弱まり始めました。その後、5/22にイエレンFRB議長は講演で「年内のある時点」での利上げの可能性に言及、それまでの「年後半には利上げが正当化されよう」との発言に変化があったことも利上げ時期の後ずれ観測を弱める大きな要因になったようです。
5/20に発表された前回4月の議事要旨では、委員の多くが6月の利上げは時期尚早と考えていたことが明らかになっています。その後、フィッシャーFRB副議長やサンフランシスコ連銀ウィリアムズ総裁が「年内の利上げ開始の公算が高い」と述べていることに加え、6/1のISM製造業景況指数や6/5の雇用統計がいずれも予想を上回ったことで、改めて16〜17日のFOMCで9月もしくは12月の利上げ開始の判断があるとの期待も戻ったようです。

最後に市場の一部が話題にしている注意点として、毎年の恒例行事となっているジャクソンホールでの年次シンポジウムにイエレン議長が参加を見送る決定をしたことを挙げておきます。今年のテーマが“インフレの力学と金融政策”のため、無用な混乱を避ける意図が推測されますが、バーナンキ前議長も9月の量的緩和終了を織り込みつつあった任期最終年となった2013年のシンポジウム参加を見送った経緯があります。この年の5月に量的緩和の終了を示唆したことで市場が混乱したこともあり、9月の量的緩和終了は見送られています。イエレン議長が前議長の手法を踏襲する訳ではないにしても、こうした事例からすると9月の利上げも見送られる可能性も選択肢に入るため、今回のFOMCでは声明を含めた細かい部分まで注意深い検証が必要になりそうです。

FOMCとは

日本でいう日銀の金融政策決定会合に相当する委員会のことで、現在の景況判断と公開市場操作(政策金利の上げ下げや為替レートの誘導目標)の方針が発表され、アメリカの株式市場や為替レート、世界の金融マーケットに大きな影響を与えます。基本的に6週間ごとの火曜日、年に8回開催されます。

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.