SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-16 23:37:47

マーケット > レポート >  ささやかれる政策金利引き上げ期待度は?5/21(木)南アフリカ政策金利発表

ささやかれる政策金利引き上げ期待度は?5/21(木)南アフリカ政策金利発表

2015/5/18
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

南アフリカ政策金利
発表時間
5/21(木)時間未定
前回値
5.75%
事前予想
5.75%

南アフリカ政策金利の引き上げは?

前回(3月)会合の振り返り

3月の南アフリカ準備銀行(SARB)理事会では、昨年7月の理事会で0.25%引き上げてから続いている年率5.75%の政策金利を据え置く決定をしました。不安定な経済が続いているにも関わらず、周辺からは次の金融政策の変更は利上げになるとの声も聞かれていましたが、原油価格の大幅下落を受けて物価上昇率が数年ぶりの低水準に落ち込んでいる点などを考えれば順当な決定のようでした。
3月の会合でクガニャゴ総裁は「下向きのCPIトレンドに反転が見られる」と1月の会合時に比べてややタカ派トーンに傾いた発言をしていたことも気になります。

前回発表時(3/26)の振り返り(南アフリカランド/円)
前回発表時(3/26)の振り返り(南アフリカランド/円)
  • 出所:総合分析チャート 30分足

今回の見通し

5月19〜21日の会合ですが、景気浮揚を優先させるのであれば、最近の指標結果は、会合期間中の20日に発表される4月の消費者物価指数が大幅に上昇しない限り、利上げの可能性など極めて低いと思わせる内容となっています。
ただ、昨年まで頻繁に起こっていた鉱山ストライキが落ち着いたことや海外からのインフラ投資が戻り始めていることと、高失業率や大幅な経常赤字などとの対比を考えると、先行きの見通しは依然として不透明ですが、先進国とは異質な政策判断があってもおかしくないことを頭に入れておく必要があり、今回も僅かながらも利上げの可能性の余地を残したまま迎えることになりそうです。

直近の値動き(南アフリカランド/円)
直近の値動き(南アフリカランド/円)

※出所:総合分析チャート 1時間足

先進国とは異質な政策判断〜金融緩和よりもインフレを懸念〜

南アフリカでは、経済が好調に推移していた2005年から2007年にかけては年率5%台の経済成長率を持続していましたが、2008年リーマン・ショック以降は1%〜3%(2009年はマイナス成長)と低迷が続いています。国際通貨基金(IMF)による2015年の成長率予想も1月時点では2.1%でしたが、4月になって2.0%に下方修正されました。電力を中心とするインフラの脆弱性が大きなネックとなっており、経済成長の上振れは期待し難いようです。
4月30日に発表された3月の貿易収支は、5億ZARの黒字と1月や2月の大幅赤字からは改善しましたが、過去2年間では黒字が長く継続した期間はなく、今後の推移が注目されます。5月4日に発表された4月のカギソ製造業PMIも45.4と予想を下回り、翌日に発表された4月のSACCI(南ア商工会議所)企業景況感も89.9と前月から僅かに改善されたものの、景気判断の節目となる100を下回ったままとなっています。こうした経済環境を考えれば、一般的な先進国の金融当局であれば金融緩和に傾くことになると思われますが、南アSARBは金融緩和による景気刺激策には消極的で、むしろ通貨安にも起因するインフレ率の上昇を抑える施策を講じることを優先する傾向にあるようです。
南アの特異性を考慮しても、上述した背景から政策金利は当面据え置かれる公算が高いように思われます。ただ、今後の貿易収支の更なる改善、6月18日に発表される第1・四半期経常収支赤字の大幅縮小が確認され、米FRBの金利正常化の時期が明示されることがあれば、それ以降の政策変更には注意が必要かも知れません。

南アフリカランド円に関するワンポイント!

ランド円の為替相場は政策金利、GDP、金やプラチナ価格の変動との関連性は薄く、世界景気の変動の影響を受けやすいとのレポートが広く出回っているにも関わらず、未だに資源価格が動いた時に南ア・ランドに注目が集まるようです。最近2か月間ほどは、ランド円が9.70〜10.20円ほどのレンジに落ち着いていることもあり、4月に起こった移民排斥運動などのようなランドにとってのネガティブ材料が現れたような後の下落を狙って買いエントリーしてみるのも良い頃かも知れません。ただし、基本は日々のスワップ・ポイント〈金利差〉の獲得を主眼にしてやや長めに保有することを心掛けるべきでしょう。

過去の値動き(南アフリカランド/円)

過去の値動き(南アフリカランド/円)
  • 出所:ネットダニアー 日足
今すぐFX口座を開設
FX取引サイトへ

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.