SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-16 02:02:39

マーケット > レポート > 『米利上げ開始時期』決定のヒントは得られるか!?FOMC4/28〜29開催!

『米利上げ開始時期』決定のヒントは得られるか!?FOMC4/28〜29開催!

2015/4/24
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

FOMC 政策金利
発表時間
4/29(水)27:00(日本時間)

前回3月17〜18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、注目されていた声明文の政策指針(フォワードガイダンス)での利上げ開始のタイミングについて、市場予想通り『辛抱強く』との文言を削除しました。ただし、文言の修正が利上げ開始時期を特定させるわけではなく・・・

前回発表時発表時(3月18日)の振返り(米ドル/円 15分足)
  • ※出所:FX総合分析チャート 15分足

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

直近の状況と今回の焦点をチェック!

前回のFOMC(3月17日〜18日)振り返り

前回3月17〜18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)は、注目されていた声明文の政策指針(フォワードガイダンス)での利上げ開始のタイミングについて、市場予想通り『辛抱強く』との文言を削除しました。ただし、文言の修正が利上げ開始時期を特定させるわけではなく、さらに4月の会合での政策変更の可能性が低いことも示されました。また、2015年の成長率および物価見通しがエネルギー価格の低下の影響から前回よりも下方修正された一方で、好調な労働市場を反映して失業率見通しは上方修正(改善)されました。
4月8日に公表された議事要旨では、6月の利上げ開始を巡って委員の間で意見が分かれていたことが分かりました。複数の委員が今後の経済指標次第で6月の利上げが正当化されると主張、その他の多数委員はエネルギー価格の下落やドル高がインフレを抑制していることから年後半の利上げ開始を主張したようです。また、来年以降の利上げ開始を主張した委員も何人かいたようです。

今回会合での焦点

声明文の『辛抱強く』との文言の削除の有無ばかりが注目されていた前回、前々回の会合に対し、4月の会合では『利上げ開始時期』の決定についてのヒントが得られるのかが焦点となりそうです。今年に入って以降、低調な内容が目立つ経済指標が続いている中で、4月3日の雇用統計での雇用者数が予想以上の減少したことで、市場は6月の利上げ開始を見込むには少し無理があるとの見方になりつつあります。経済指標の低調さが悪天候や港湾ストによる一時的な要因との解釈もあったのですが、小売売上高や住宅・消費関連の指標結果も低調だったことで基本的に強い経済が持続されていたとの見方が裏付けされるには至りませんでした。第1・四半期のGDP速報値を確認した上でFOMCに臨めればより正確な評価に繋がったはずですが、GDP発表が会合の直前ということもあって、残念ながら1-3月期経済の全体像を把握することは出来ません。
しかし、弱い指標結果の発表が続いてきているからと言って29日の「現状維持」が100%と決めつけてしまうのは早計でもあり、これまでのイエレン議長を始めとした複数の委員による発言を検証しておくのも大切かも知れません。少し時間が経過していますが、イエレン議長は3月27日の講演で「ゼロ金利政策を解除する時期には、まだ到達していない」と発言、経済成長の継続を前提に「今年後半の利上げが妥当になるだろう」と表明しました。また、比較的最近の4月16日には複数の連銀総裁による講演があり、そのうち投票権を持つアトランタ連銀のロックハート総裁は「6月よりもそれ以降の利上げが望ましい、6月の利上げの可能性は排除しないが、私自信はそれを望んでいない」と発言。さらに同じく投票権を持つリッチモンド連銀のラッカー総裁は、6月の利上げについて「経済データがエコノミストの予想に合理的に近い結果であれば、根拠は引き続き強いと見られる」と発言しました。特に興味深かったのが、同じ日に講演したフィッシャー副総裁の「インフレ率が目標の2%に向かう兆候が強まっている。年内利上げする公算が高いが、今後入手する経済指標次第」とした発言です。

要人発言の検証

3月27日

FRBイエレン議長

ゼロ金利政策を解除する時期には、まだ到達していない

(経済成長の継続を前提に)今年後半の利上げが妥当になるだろう

4月16日

アトランタ連銀ロックハート総裁

6月よりもそれ以降の利上げが望ましい

6月の利上げの可能性は排除しないが、私自信はそれを望んでいない

リッチモンド連銀ラッカー総裁

(6月の利上げについて)経済データがエコノミストの予想に合理的に近い結果であれば、根拠は引き続き強いと見られる

FRBフィッシャー副総裁

インフレ率が目標の2%に向かう兆候が強まっている。年内利上げする公算が高いが、今後入手する経済指標次第

いずれの委員も経済データを重んじた上での判断をすることになりそうですが、今月これまでに発表された指標結果を考えれば、29日のFOMC以降に発表される指標も確認した上で、6月17日の会合以降に決定が持ち越される公算が高いように思われます。

FOMCとは

日本でいう日銀の金融政策決定会合に相当する委員会のことで、現在の景況判断と公開市場操作(政策金利の上げ下げや為替レートの誘導目標)の方針が発表され、アメリカの株式市場や為替レート、世界の金融マーケットに大きな影響を与えます。基本的に6週間ごとの火曜日、年に8回開催されます。

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.