SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-17 13:38:13

マーケット > レポート > ギリシャは国家破綻へ進んでいるのか?〜ギリシャの「切り札」とは〜

ギリシャは国家破綻へ進んでいるのか?〜ギリシャの「切り札」とは〜

2015/2/18
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

ギリシャ財政問題の行方とその影響

2月以降、欧州の新聞紙上では『Couldn`t Even Agree to Disagree』(EUとギリシャ双方の見解に相違があることにすら合意しない)という見出しが躍りました。実際、ギリシャ側は「緊縮財政を伴うEUからの支援策の延長を拒否する」との姿勢の一方、EUやドイツからは「妥協しない」との下で交渉が繰り返され、2月16日のEU財務相会合でも結論出ず、支援の猶予が2月20日まで延長されることになりました。

先週発表されたギリシャの10-12月期GDPは前期比-0.2%とマイナス成長となっているほか、1月の税収も予算を20%ほど下回るなど伸び悩んでおり、ギリシャ財政の急速な悪化が懸念されています。昨年末時点でECBからギリシャへの資金供給は560億ユーロでしたが、2月5日にECBがギリシャ国債の担保要件除外を取り消すと発表、緊急流動性支援の枠を650億ユーロまで引き上げられたものの、ギリシャ国内銀行の資金調達コストは跳ね上がっています。
今後もEUからの支援問題の解決に時間がかかり、ユーロ圏からの離脱が現実味を帯びる事態となれば、国民からの大量の資金流出によりデフォルトに陥る銀行が出る可能性も否定できません。16日に交渉妥結に至らなかったことで、今後EUが緊急流動性支援に何らかの供給制限などの措置を加えるか注目する必要がありそうです。
今後も交渉が進展せず、万が一中国やロシアがギリシャに資金支援を実施するような事態となった場合、欧州域内でギリシャがロシア側に付くこととなり、ユーロ圏の混乱につながりかねません。ロシアの影響力がギリシャに及ぶことになればロシア海軍の黒海から地中海に至る海上戦略における重要な拠点となる可能性があります。

もともとギリシャは、トルコと同様に東西冷戦時代の最前線に位置するとともに、昔からロシアとの関係が深い国でした。ギリシャ新政権がEU側の緊縮財政を求める強硬姿勢に対し、ロシアや中国からの支援などの「切り札」を使いながら交渉を有利に進めようとしているのであれば、EU側も単に経済的影響のみで、一切の妥協なしに対ギリシャ支援策を決めることは政治的なリスクを持つことになるかもしれません。
当然、米国もユーロ圏に属すギリシャに対し、ロシアの影響力が強まることに強い警戒を滲ませています。米国はNATO問題も含め、EUやドイツが何とかギリシャのユーロ圏離脱を回避するよう望んでいると伝えられています。 そうした中で15日に米・ルー財務長官がギリシャ首相に対し、現実的な道に集中するよう要請があったことも、政治的にギリシャが東西の軍事的・政治的要所として強く意識されている証かもしれません。

2月末にEUやIMFからのギリシャへの金融支援の期日を迎える中、支援の延長が決まらなければギリシャは国家破綻へ進むことになるとの懸念も聞かれています。そもそも金融支援が延長されなかった場合、ECBからの資金調達が困難になり、ギリシャの金融機関の存続も危惧される事態となります。さらに公共事業の中断や公務員給与の支払い停止など再度ギリシャ国内が不安定な状況に陥る可能性もあります。

2月末にEUからのギリシャへの金融支援の期日延長が決まらない場合、ギリシャ政府が短期国債を発行することで当面の資金をつなぐことも一案として取り沙汰されているようですが、ギリシャの国内金融機関の購入余力が低下していれば国債購入も困難になり、その場合3月20日にもギリシャ政府の資金が枯渇する可能性が懸念されています。
これまでも一部の債務減免によって国債償還を消化してきたギリシャですが、当面の国債償還の予定はないものの、今年7月から8月にかけて67億ユーロの償還があるほか、7月上旬には115億ユーロのサムライ債も償還が予定されています。短期国債の発行などによる時間稼ぎが功を奏したとしても、最終的にはEUやIMFからの財政支援に頼らざるを得ないのが実情のようです。
ギリシャとEU、IMFらとの交渉で妥協点を見出すことができるのか、着地点を見出すまでユーロは当面の間神経質な値動きが続くかもしれません。

直近の値動き(ユーロ/円)

※出所:総合分析チャート 1時間足

直近の値動き(ユーロ/米ドル)

※出所:総合分析チャート 1時間足

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.