SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 08:11:07

マーケット > レポート > スイス中銀、防衛ライン撤廃の背景と影響

スイス中銀、防衛ライン撤廃の背景と影響

2015/1/16
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

スイス中銀、防衛ライン撤廃の背景と影響

スイス中銀、対ユーロ上限撤廃の背景

昨年2月のロシアによるウクライナ侵攻に対する米国や欧州各国による経済制裁の影響、そして昨年秋以降急速に進んだ原油価格の大幅下落によって、ロシアだけでなくユーロ圏全般にもインフレ率の低下が顕著になってきました。ユーロ圏経済の後退に対処すべく、ECBは昨年2度にわたる政策金利の引き下げと長期リファイナンスオペ(TLTRO)などの緩和策を実施しました。しかし、12月のユーロ圏消費者物価指数が5年ぶりのマイナスに落ち込むなど、デフレ懸念が弱まる気配はありません。

そのため1月22日に開催されるECB理事会では追加の量的緩和策が決定され、ユーロ安がさらに深まる見通しが強まっています。こうした背景にあって、スイス中銀は一段のユーロ安を通じたスイスフランへの資金流入を想定した場合に、もはや1ユーロ=1.20スイスフランの防衛は困難であり無制限介入の継続に対する資金力にも懸念を持ったようです。さらにスイス中銀は、既に昨年12月18日に政策金利をマイナス0.25%に引き下げていますが、1ヶ月も経たないうちにさらに0.50%引き下げたマイナス0.75%への引き下げを決定しました。

今回の決定は、スイス中銀の危機感の具現化と同時に、原油価格の下落に象徴される世界各国の景気減速やデフレ懸念の中で、自国通貨防衛にかかる莫大なコスト負担と各国の協調体制維持に関わる相互信頼感が薄れるリスクに備える必要があるのかも知れません。

スイス中銀、対ユーロ上限撤廃を受けた市場の反応

スイス中銀の対ユーロ上限撤廃を受け、ユーロスイスは1.2000から一時0.8500へ下落したものの16日の東京市場では0.9900へ反発するなどやや落ち着きを取り戻しつつあります。
また、スイス円も115円台半ばから一時150円台を付けましたが、133円台後半へ戻しています。一方対スイスで大きく下落したユーロは対ドルで1.1568と直近の安値を更新したほか、対円でも134円70銭まで続落、伴ってドル円は115円90銭まで反落後、116円台での小動きで推移しています。

市場の反応をチャートで確認!(スイスフラン/円)
市場の反応をチャートで確認!(スイスフラン/円)

出所:FX総合分析チャート 10分足

※出所:FX総合分析チャート 10分足

※出所:FX総合分析チャート 10分足

スイス中銀、対ユーロ上限の歴史とユーロ圏ソブリン危機

2009年9月に政権交代を果たしたギリシャは、その当時ユーロ圏へ報告していた同国の財政赤字が虚偽の数字であったことも同時に明らかになってしまいました。前年2008年9月のリーマンショックの影響から、欧州各国では不動産バブルが崩壊したことなどを背景にした財政の悪化が進みました。この財政悪化はギリシャだけに留まらず、ポルトガル、スペイン、イタリアなどの南欧諸国を中心とした、いわゆるユーロ圏のソブリン危機に繋がっていきました。

この事態に対処するためにユーロ圏は財務相会合を通じて、2010年5月に第1次ギリシャ支援を決定しています。その後、IMF, 欧州連合を含めたいわゆる“トロイカ”による第2次ギリシャ支援が2012年まで続き、支援はアイルランド、ポルトガル、スペインにも広げられました。こうした状況のもと、市場ではユーロ崩壊の危機まで囁かれるようになったことから安全資産とされるスイスフラン、金、米国債などに資金が向かいました。

まさにこの頃、スイス中銀は自国経済の防衛とスイスフラン高を防ぐ目的で2011年9月に無制限の為替介入実施を発表しています。この時に設定された対ユーロ上限フロアが、まさに昨日(1月15日)市場を揺るがした1ユーロ=1.2000フランなのです。その後、このユーロ圏を巡るソブリン危機によって、2011年11月に就任した欧州中央銀行(ECB)ドラギ総裁の下、紆余曲折を経てユーロ圏内で流通する国債購入プログラム導入や新財政プログラム、さらには財政規律の強化や欧州安定メカニズム(EMS)などを通じた財政均衡化ルールの強化等、危機管理への対策が構築されました。

過去の値動きをチャートで確認!(スイスフラン/円)
過去の値動きをチャートで確認!(スイスフラン/円)

出所:FX総合分析チャート 月足

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.