SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-06-21 19:43:15

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “FOMC後は国債利払い費が焦点、株式分割後の株価動向”

“FOMC後は国債利払い費が焦点、株式分割後の株価動向”

2024/6/11
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘

“FOMC後は国債利払い費が焦点、株式分割後の株価動向”

  • 7日発表の5月の米国雇用統計は非農業部門雇用者の増加数、平均賃金ともに市場予想を上回る強い内容だった。新型コロナパンデミックが始まった20年3-4月に約2200万人が失業したことを考えるとその後の大幅な雇用拡大は、雇用が中長期的な平均ペースに追いつくにはまだ当面オーバーペースが続かざるを得ないということを示唆したものだろう。
  • 今週は12日に5月の消費者物価指数(CPI)とFOMC(連邦公開市場委員会)・パウエルFRB(連邦準備制度理事会)議長記者会見を控える。年内利下げ見通しがどう変化するのか注目されるなか、大統領選の行方とともに米国株投資に関し利払い費の視点が重要性を増す契機になり得よう。
  • バイデン政権が3/11に公表した2025会計年度(24年10月~25年9月)の予算教書によれば、歳出額(7兆2660億ドル)に対して利払い費が9650億ドルと約13%に達し、これは国防費(8952億ドル)を上回る。米議会予算局(CBO)によれば、利払い費は2025年に過去最高を記録しその後も上昇し続けるとしている。FRBはもはやインフレ退治のために安易にタカ派にはなれないだろう。仮にインフレ退治で政策金利を引き上げれば長期金利上昇とともに米国債の利払い費が膨らみ、リスクプレミアムの拡大とともに長期金利上昇バイアスがかかる。現状近辺の政策金利で時間を稼ぐ以外に選択肢は無く、それは高水準のインフレが続くことを半ば容認することにも繋がる。
  • そうなった場合、物色すべきセクターとして長期金利上昇の恩恵を受けやすい金融セクターが浮上する。現在の米国株市場は、生成AI(人工知能)に係るAI半導体を中心とした「エヌビディア(NVDA)関連」、およびノボ・ノルディスク(NVO)などが牽引する「肥満症治療薬関連」が相場の柱として期待されている。これらが浮上する前、取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のように繋げ、正確な取引履歴を維持しようとする「ブロックチェーン」技術が大きな注目を集めていたことは記憶に新しい。日本でも不動産から得られる収益や所有権をデジタル証券にして小口販売するビジネスが身近となり始めるなか、投機的な期待とともに語られた技術が地に足が着いた現実の世界で開花し始めている面もある。ここは投資の好機ではないだろうか。
  • 10日はエヌビディアの株式分割(1対10)に係る権利落ち日。過去にアップル(AAPL)の20年8月31日、テスラ(TSLA)の20年8月31日、アマゾン・ドット・コム(AMZN)の22年6月6日、アルファベット(GOOGL)の22年7月18日の株式分割権利落ち日近辺が株価の短期的ピークとなって一時的に反転下落となったことがあった。買いが入りやすくなることの反動も警戒されよう。(笹木)
  • 6/11号では、アーチ・キャピタル・グループ(ACGL)アメリカン・エキスプレス(AXP)グローバルXブロックチェーンETF(BKCH)KLA(KLAC)ヌー・ホールディングス(NU)ビザ(V)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびダウ平均構成銘柄騰落率(6/7現在)

主要企業の決算発表予定

6月11日(火)オラクル
6月12日(水) ブロードコム
6月13日(木) アドビ
6月17日(月)レナー

主要イベントの予定

6月10日(月)
  • 米3年債入札、 米アップル年次開発者会議「WWDC」(14日まで)
  • ニューヨーク連銀1年インフレ期待(5月)
6月11日(火)
  • 米FOMC(12日まで)、米10年債入札、OPEC月報
6月12日(水)
  • 米FOMC最終日・声明と経済予測公表・パウエルFRB議長記者会見
  • 米CPI (5月)、 米財政収支(5月)
6月13日(木)
  • 米ニューヨーク連銀総裁がイエレン財務長官と討論会、 米30年債入札、米テスラ年次株主総会、ゴルフUSオープン(16日まで)G7首脳会議(伊プーリア州、15日まで)
  • 米新規失業保険申請件数(8日終了週)、米PPI (5月)
6月14日(金)
  • 米シカゴ連銀総裁が座談会に参加、ECB総裁講演
  • 米輸入物価指数(5月)、ミシガン大学消費者マインド指数・速報値(6月)
6月17日(月)
  • ニューヨーク連銀製造業景況指数(6月)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

アーチ・キャピタル・グループ(ACGL)市場:NASDAQ・・・2024/7/26に2024/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 1995年設立。バミューダ諸島国籍。子会社を通じ損害保険や再保険、住宅ローン保険を取り扱う。損失後の再建など専門知識を要する特定リスクを対象とした専門保険・再保険の引受けに注力。
  • 4/29発表の2024/12期1Q(1-3月)は、総収入保険料(元受と再保険)が前年同期比24%増の59.33億USD、正味収入保険料が同19%増の40.85億USD、引受利益が同29%増の7.36億USD。コンバインド・レシオ(正味収入保険料に対する損害率と事業比率の合計)が同1.8ポイント改善の78.8%。
  • 2024/12期会社計画は非公表。1Qは非GAAPの営業ベースEPSが同41.6%増の2.45USD。保険、再保険、住宅ローン保険の内、対総収入保険料の構成比で再保険が2019年の30%から今年3月末まで1年間が52%と拡大を継続。参入障壁の高い専門分野比率を高める戦略が利益率向上に寄与。6/7終値予想PER(株価収益率)が11.8倍、PBR(株価純資産倍率)も2.05倍と引き続き割安水準。

アメリカン・エキスプレス(AXP)市場:NYSE・・・2024/7/22に2024/12期2Q(4-6月期)の決算発表を予定 

  • 1850年創業の銀行持株会社。クレジットカード発行、法人向け銀行業務、プライベートバンキングなど金融事業のほか、トラベラーズチェック発行、旅行代理業務、旅行傷害保険など旅行関連事業を行う。
  • 4/19発表の2024/12期1Q(1-3月)は、金利費用控除後の総収益が前年同期比10.6%増の158.01億USD、EPSが同38.8%増の3.33USD。カード会員支出増で決済支出額が同7%増、収益構成比24%の純金利収益が同26%増と業績牽引。貸倒引当金繰入額の同18%増(13億USD)を吸収した。
  • 通期会社計画は、総収益増収率が前期比9-11%、EPSが同13-17%増の12.65-13.15USDと従来計画を据え置き。カード同業のビザ(V)マスターカード(MA)と比較した場合、同社はこれら2社にはない純金利収益がインフレ長期化を追い風とする。また、富裕層を引き付ける高いブランド力で著名投資家バフェット氏のバークシャー・ハサウェイ(BRK/B)の同社持ち株比率も20%超に上る。

グローバルXブロックチェーンETF(BKCH)市場:NASDAQ・・・分配金:年2回(6・12月) 

  • 「ブロックチェーン技術」を提供する事業運営を行う企業群を代表する「ソラクティブ・ブロックチェーン指数」の価格および分配金利回り(手数料・経費控除前)に連動する投資成果を目指す。
  • 6/7終値で時価総額が151.21億USD、過去1年間の分配金単価(ネット)合計が1.078984USD。組入れ上位5社は、コインベース・グローバル(COIN)マラソン・デジタル・ホールディングス(MARA)クリーンスパーク(CLSK)アイリス・エナジー(IREN)ライオット・プラットフォームズ(RIOT)
  • 昨年末終値から6/7終値までの騰落率(インカムゲインを除く)は、同ETFが+4.3%に対し、ダウ工業株30種平均が+2.9%、S&P500指数が+12.1%、ナスダック100が+12.9%。ビットコインに代表され、取引履歴を暗号技術によって過去から1本の鎖のように繋げ、正確な取引履歴を維持しようとする「ブロックチェーン」技術は金融業務・システムに大きな変革をもらたす好機の到来が期待される。

KLA(KLAC)市場:NASDAQ・・・2024/7/26に2024/6期4Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 1975年設立の半導体検査装置メーカー。世界シェア首位。ナノ水準の微細化対応に強み。半導体製造装置、シリコンウェハー、フォトマスク、材料など半導体の幅広い分野のメーカーが取引先。
  • 4/25発表の2024/6期3Q(1-3月)は、売上高が前年同期比3.0%減の23.60億USD(会社予想:23億USD±1.25億USD)、非GAAPの調整後EPSが同4.2%減の5.26USD(同:4.83±0.6USD)。調整後粗利益率は同1.0ポイント悪化の59.8%だったものの会社予想レンジ(58.7%±1.0ポイント)上限を上回った。
  • 2024/6期4Q(4-6月)会社計画は、売上高が前期比1~11%増の23.75-26.25億USD、調整後EPSが同1~24%増の5.47-6.67USD。3/18に3Qの調整後EPSと同粗利益率下方修正からの底入れ見通し。同社はウエハ表面、外観の検査装置いずれも世界首位。ウエハ表面の検査工程(異物、欠陥、マスクの検査装置から構成)では50%超と圧倒的でAI(人工知能)半導体需要増の恩恵が見込まれる。

ヌー・ホールディングス(NU)市場:NYSE・・・2024/8/15に2024/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 2013年設立のブラジルのフィンテック企業。サンパウロ拠点に南米で個人・法人顧客にデジタル金融のプラットフォームを提供。バークシャー・ハサウェイ(BRK/B)が21年に合計15億USD投資した。
  • 5/14発表の2024/12期1Q(1-3月)は、総収益が前年同期比69.2%増の27.36億USD、非IFRS調整後純利益が同2.4倍の4.41億USD。3月末世界顧客数が同26%増の99.3百万人、顧客稼働率が同1.2ポイント上昇の83.2%。前四半期比でも3月末世界顧客数が5.8%増、稼働顧客数が5.9%増と拡大中。
  • 同社の競争優位性は物理的拠点を持たない低コスト構造により手数料を低く抑えて顧客に還元できる点にある。顧客数が高い伸びを示す中でも1Qの1稼働顧客当たりは月間平均収入が前年同期比33%増(11.4USD)に対し同月間平均コストが横ばい(0.9USD)にとどまる。また、メキシコは、ローンチから19四半期経過後で顧客数やクレジットカード他の市場シェアでブラジルを上回る成長速度。

ビザ(V)市場:NYSE・・・2024/7/25に2024/9期3Q(4-6月)の決算発表を予定 

(注)日足の始値と終値をローソク足で表示。「始値>終値(陰線)」なら、「始値<終値(陽線)」なら

  • 1958年にバンク・オブ・アメリカ(BAC)が消費者向けに発行した「BankAmericard」を発祥とするクレジットカード会社。小売電子決済ネットワーク運営やデータ転送を通じて国際的商取引を提供する。
  • 4/23発表の2024/9期2Q(1-3月)は、純収益が前年同期比9.9%増の87.75億USD、非GAAPの調整後EPSが同20.1%増の2.51USD。カード決済取扱額が同8%増、決済件数が同11%増。クロスボーダー決済金額も同16%増。インフレの影響が懸念された米国もクレジットカード支出額が同6.2%増。
  • 通期会社計画は、純収益、営業費ともに前期比2桁台前半の増加率、EPSが同10%台前半の増加率と従来計画を据え置き。同社は21年以降、買収・出資・提携などを通じて金融機関のデータ・機能を外部サービス連携する「オープンバンキング」を進め、新興国で全ての人が金融サービスを利用できるようにする「金融包摂」強化。仮想通貨やブロックチェーン分野でもインフラ構築で先導。
  • (※)決算発表の予定は6/7現在であり、変更される可能性があります。

過去の「銘柄ピックアップ」パフォーマンス検証

フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【7/17(水)開催:日本株ファンドセミナー】お申し込み受付中!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【SBI証券 FX】米ドル/円や新興国通貨ペアも!7通貨ペアキャッシュバックキャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.