SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-02-29 10:45:53

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “陰極まりて陽に転ず〜スマホ・パソコン、ターンアラウンド”

“陰極まりて陽に転ず〜スマホ・パソコン、ターンアラウンド”

2023/11/30
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘

23年8月「銘柄ピックアップ」を振り返る

23年8月「銘柄ピックアップ」を振り返る〜ウラン、AI、ゲーム、MRO、ディズニー

米金利上昇据え置き時の株価指数

  • 米政策金利(FFレート誘導目標上限)は7月に5.50%に引き上げられて以降、2回連続で据え置き。対するS&P500指数終値は7/27の4607ポイントの年初来高値から10/27の4103ポイントまで下落後に反発。2004年3月以降の利上げ局面では2006年6月末に政策金利が上限に達した後、2007年9月半ばまで約1年3ヵ月間にわたって金利据え置きが続いた。その据え置き期間の間、S&P500株価指数概ね上昇基調で推移し、約26%上昇した。据え置き期間の当初は消費者物価指数(CPI)上昇率が減速していたが、据え置きから約3ヶ月後に底打ちし、横ばい圏に推移した。
  • 当時の例からすれば、金利据え置き期間が長引くほど株価上昇期間が続き、利下げに転じることが株価下落傾向への転換となる可能性もあるかもしれない。

米金利上昇据え置き時の株価指数〜S&P500指数は15ヵ月で26%上昇

米機関投資家は10月が年内最弱気

  • NAAIMエクスポージャー指数とは米アクティブ投資マネージャーズ協会(NAAIM)の会員が毎週水曜日に協会に対して全体的な株式エクスポージャーを表す数値を報告、集計したもの。中長期的にはその値が80%を超えると「過度の楽観」、20%を下回ると「過度の悲観」と捉えられる傾向があるとされる。2022年は5/18の19.51から8/10の71.59まで反発した際にS&P500指数が7.3%上昇。9/28の12.61から翌年2/8の85.4まで上昇した際にS&P500指数が10.7%上昇した。それぞれNAAIM指数が反発後にS&P500指数が更に下落しており、底値は一致していない。
  • 米FOMC(連邦公開市場委員会)結果や10月雇用統計の発表を受け、同指数は株価と連動して10/25に年初来最低水準の24.82から11/22に77.95まで反転上昇。

米機関投資家は10月が年内最弱気〜「陰極まりて陽に転ず」だったか?

経営者交代で再建期待の米国株

  • 株式投資の醍醐味の一つにターンアラウンド銘柄への投資が挙げられる。業績悪化で株価大幅下落の企業が、新経営者の下で経営を再建し立ち直ることで株価回復を達成するストーリーだ。ウォルト・ディズニー(DIS)は、ボブ・アイガーCEOが完全に引退して11ヶ月後の22年11月に同社CEOに復帰。株価は21年3月高値から11/27終値で約53%下落も年初来で+9.5%と底入れの兆しがある。
  • ペイパル・ホールディングス(PYPL)はクラウド会計ソフト大手インテュイット出身クリスCEOが9/27に就任。株価は11/27終値で21年7月高値から約82%の大幅下落。営業キャッシュフローから資本的支出を除いたフリーキャッシュフローの23年7-9月は両社とも20年以降で四半期最高。特にペイパルは予想PERが更に低下で割安さが増している。

経営者交代で再建期待の米国株〜7-9月フリーキャッシュフローに要注目

パソコンとスマホの世界出荷台数

  • 市場調査会社IDCは四半期ごとのスマートフォンとパソコンの世界出荷台数を公表している。IDCによる今年7-9月は、世界パソコン出荷台数が前年同期比7.6%減の6820万台と7四半期連続の減少も減少率が1桁台に縮小。IDCは、買い替えサイクルやWindows10サポート終了に向けて本格的に伸びるのは24年後半以降としつつも、販売価格が大幅に引き上げられた生成AI(人工知能)搭載「AIパソコン」の展開も示唆している。
  • 同様にスマホは前年同期比0.1%減も3億0280万台。9四半期連続の前年割れだが、中国が10四半期連続減の6.3%減、欧州が8.6%減、日本が5.3%減に対し、中東・アフリカ(18%増)や中南米など新興市場が牽引した。アップルは2.5%増。中国企業がアフリカで躍進。

パソコンとスマホの世界出荷台数〜業績の足を引っ張る時期は終わり?

「ブルフラッグ」(強気の旗)を狙え

  • 「ブルフラッグ」とは株価チャート分析上で上昇トレンドに相当する「旗竿」、およびその上昇トレンドと逆の値動きが緩やかに続く保ち合い状態の「旗」(フラッグ)から構成される。フラッグは2本の平行なトレンドライン間の保ち合いとされ、フラッグでの下落幅はその前の上昇トレンド相当の旗竿の50%は超えず、フィボナッチ級数である38.2%近辺が望ましいとされる。一般に旗の上部の縁を形どる抵抗線を上抜けすれば買いと言われる。
  • アップル(AAPL)の週足ローソク足チャートも2020年3月安値から22年1月高値までの上昇幅に対し、同年の3月高値から6月安値まで下落幅は38.7%に相当。同社株の今年7月に付けた史上最高値197.96ドルからの動きもまた「ブルフラッグ」の典型例だったのかもしれない。

「ブルフラッグ」(強気の旗)を狙え〜直近高値更新より前にブレークを確認

フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

国内信用デビュー&おかえりキャンペーン

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス

よくあるお問合せ
・証券税制と確定申告について
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【総額300万円!】NISAで新年お年玉キャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.