SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-01-20 01:21:17

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  年末月、米国主要銘柄の足元の状況をチェック

年末月、米国主要銘柄の足元の状況をチェック

2021/12/1
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘

今年ヒット商品首位「TikTok売れ」

  • 11/3発表の日経トレンディの2021年ヒット商品ベスト30で今年のヒット商品第1位に「TikTok売れ」が選ばれた。音楽に合わせて動画を投稿するTikTokは若者を中心に人気を集め、動画コマースサービスへ進化。動画内で紹介された様々な商品が売れた。TikTokは今年7月に世界累計総ダウンロード数が30億台、今年4-6月期のTikTokユーザー支出額が前四半期比39%増の約5.35億ドルに達した。
    TikTokの消費支出への影響力を背景に、ECプラットフォームのショッピファイ(SHOP)がTikTokとの提携を拡大中だ。

今年ヒット商品首位「TikTok売れ」〜ECプラットフォームもTikTok連携強化

米主要企業7-9月期決算状況

米主要企業7-9月期決算状況〜半導体不足や費用増への対応で格差あり

クレジットカード・決済大手の動向

  • 11/10発表の10月の米消費者価格指数は、食品とエネルギーを除いたコア指数が前年同月比で4.6%上昇と1991年8月以来の大幅な伸びとなったほか、クレジットカードなど個人向け信用供与の残高を示す米消費者信用残高の9月(11/5発表)は、前月比8.3%増の4兆3,764億ドルと高い伸びを示すなど、旺盛な消費マインドが戻っていることがうかがえた。
    一方で、主要クレジットカード会社および決済サービス大手ペイパルHD(PYPL)の株価は、融資利鞘収入の比率が高いアメリカン・エキスプレス(AXP)を除けば今夏以降に調整下落。ペイパルはイーベイ(EBAY)の自社決済移行が響いたが、決済手数料依存度が高いマスターカード(MA)ビザ(V)はインフレの消費への悪影響が懸念されている模様だ。

クレジットカード・決済大手の動向〜株価はアメックス除いて今夏から下落

GAFA株価の割高感は解消か?

  • 10/25にフェイスブック改めメタ・プラットフォームズ(FB)、26日にアルファベット(GOOGL)、28日にアップル(AAPL)アマゾン・ドット・コム(AMZN)の7-9月期決算が発表された。フェイスブックは広告事業がアップルのプライバシー規制強化による逆風を受けた。アマゾンはEコマースの巣籠り特需の反動減のほか労働力不足の制約を受けた。アップルも半導体不足による売上機会逸失が響いた。一方で、アルファベットは主力の検索連動広告がプライバシー規制の影響を受けにくかったことから堅調な業績を示した。
    株価終値の200日移動平均からのプラス乖離率(11/29)は、メタが3%、アマゾンが6%、アルファベットが14%、アップルが16%。乖離率ゼロ近辺に近づく際の押し目買いが機能し易い面はあろう。

GAFA株価の割高感は解消か?〜FBとAMZNは200日移動平均の攻防

アップルの製品別売上高の推移

  • アップル(AAPL)の10/28発表の2021年7-9月期決算は、売上高が前年同期比29%増と7-9月期では過去最高となったものの、半導体不足に伴う供給制約による売上機会の逸失額が約60億ドルに達したため、市場予想に届かなかった。
    中長期投資では、主力のiPhone以外の成長がポイントとなるなか、四半期ごと製品・サービス別推移では、iPadやMacについても半導体不足による製造への影響が指摘される一方で、Macは自社開発の半導体チップの投入効果によりハードでiPhoneに次ぐ売上高に達した。その他では、アプリに係るサービス部門がコロナ禍以降に増収ペースを加速しており、株価上昇への寄与が期待される。「アップル税」と言われて批判が高まるアプリ課金方法の改善が今後の鍵を握ろう。

アップルの製品別売上高の推移〜iPhone以外が鍵。サービス部門に注目

アマゾン・ドット・コムの事業構成

  • アマゾン・ドット・コム(AMZN)の10/28発表の2021年7-9月期決算は、インターネット通販事業が減速する中で世界的なサプライチェーン混乱への対応でコストが嵩んだことが響き、純利益が前年同期比50%減だった。これを受けて翌29日には株価が下落したものの、その後の株価は戻り基調となっている。
    四半期ごと推移では、営業キャッシュフロー(CF)がオンライン店舗事業や第三者セラー向けなどEコマース関連収益に連動して軟調に推移。その一方、クラウドコンピューティングのAWS(アマゾン・ウエブ・サービス)事業、アマゾン・プライム・ビデオなどに係るサブスクリプション事業、およびネット広告を中心とするその他事業が急成長しており、足元の業績に関わらず期待を高めやすい面があろう。

アマゾン・ドット・コムの事業構成〜AWS・サブスクリプション・その他が伸長

フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

  • オンラインセミナー
  • ソフトバンクグループ株式会社 第5回無担保社債(劣後特約付)

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.