SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-09-22 15:39:26

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “米主要3指数は切り返して高値更新〜どう見るか?”

“米主要3指数は切り返して高値更新〜どう見るか?”

2021/7/27
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘

“米主要3指数は切り返して高値更新〜どう見るか?”

  • 7月の景気指標で、6日発表の6月のISM非製造業景況指数および16日発表の7月のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)など景気減速の兆しを示すものが見られ始めたほか、欧州やアジアを中心とした新型コロナのデルタ変異株の感染増加の動きが米国にも広がってきた。そのようななか、米国株はNYダウ平均株価の終値が16日と19日の2営業日で約1,000ドル下落したことから、「いよいよ、米国株も調整局面入りか?」という見方が強まるやいなや、20日から23日までの4営業日で一挙に切り返して、NYダウ平均株価、S&P500、およびナスダック総合指数の米国主要3株価指数のすべてが、終値および取引時間中ともに史上最高値を更新した。
  • このような動きを見て、米国株の強さに盤石の信頼を置いて買い進むことは妥当なのだろうか? 第1に、7/19の株価大幅下落は、WTI原油先物価格の下落が主導した面が大きいとみられる。WTI原油先物の当限取引は受渡月前月25日(25日が非営業日の場合はその前営業日)から3営業日前が取引最終日となることから、8月限の取引最終日を20日に迎えるなか、デルタ変異株の感染拡大を契機として大幅なポジション調整の動きが出たものと推察される。その動きが株式相場に飛び火し、短期的に売られ過ぎとみられて押し目買いが優勢となりやすい面があったと思われる。
  • 第2に、米国の主要株価3指数が23日に史上最高値更新を果たした一方、米国上場の時価総額上位1,001位から3,000位までの銘柄で構成されるラッセル2000、およびNY証券取引所上場の全普通株を対象とするNYSE総合指数は最高値を更新しておらず、高値圏で上値が重い推移となっている。必ずしも米国株全体が堅調というわけではない点は重要だろう。
  • 第3に、米国主要3株価指数の各々について見ると、株価指数は高値を更新しているものの、所定期間における終値の値上がり幅や値下がり幅に着目して計算されるテクニカル指標であるRSI(相対力指数)が日足、週足ともに高値を切り下げる形状となっている。このような価格とRSIのトレンドの逆行現象は、相場の転換を示唆しやすい面があることに要注意である。
  • このような現状相場の位置付けの下、主要銘柄の4-6月決算発表が終わった後で更なる期待が残るのかが焦点となろう。7月末の米連邦政府債務の残高に対する法定上限適用停止措置の期限を前にして、米議会上院でインフラ投資計画における超党派の合意に向けて細部の詰めに入っていると伝えられた。この点は買い材料となり得よう。ただし、中長期の成長が見込まれる銘柄の押し目を狙う慎重なスタンスが望まれよう。(笹木)
  • 7/27号では、アカマイ・テクノロジーズ(AKAM)アメリカン・ウォーター・ワークス(AWK)ビヨンド・ミート(BYND)ハウメット・エアロスペース(HWM)アイロボット(IRBT)ジロー・グループ(ZG)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(7/23現在)

主要企業の決算発表予定

7月27日(火)NOV、ジュニパーネットワークス、エクストラ・スペース・ストレージ、チャブ、マキシム・インテグレーテッド・プロダクツ、テラダイン、スターバックス、ノートンライフロック、AMDアップル、アイデックス、ビザアルファベット、CHロビンソン・ワールドワイド、モノリシック・パワー・システムズ、マイクロソフト、ストライカー、モンデリーズ・インターナショナル、ラム・ウェストン・HD、3Mエコラボ、シリウスXMHD、パッカー、ファイサーブ、ペンテア、DTEエナジー、ロックウェル・オートメーション、レイセオン・テクノロジーズMSCI、IQVIA、インベスコ、ゼネラル・エレクトリック(GE)、コーニング、パルトグループ、シャーウィン・ウィリアムズ、ボストン・サイエンティフィック、ウエイスト・マネジメント、スタンレー・ブラック・アンド・デッカー、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランドユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)、センティーン
7月28日(水)アフラック、エベレスト・リー・グループ、ペイパルHD、パーキンエルマー、コグニザント・テクノロジー・ソリューションズ、エクイニクス、ホロジック、サービスナウ、フォーチュン・ブランズ・ホーム&セキュリティ、ラムリサーチクアルコムUDRPTCユナイテッド・レンタルズフェイスブック、オライリー・オートモーティブ、ザイリンクス、ハートフォード・ファイナンシャル・サービシズ・グルー、フォード・モーター、アライン・テクノロジー、アンフェノール、ファイザー、オートマチック・データ・プロセシング(ADP)、CMEグループ、ノーフォーク・サザン、ムーディーズガーミン、テレダイン・テクノロジーズ、ボーイング、TEコネクティビティ、サーモフィッシャーサイエンティフィック、ジェネラックHD、オールド・ドミニオン・フレイト・ライン、マクドナルド、ローリンズ、ゼネラル・ダイナミクス、ヘス、ブリストル マイヤーズ スクイブ、エイブリィ・デニソン、ヒューマナ
7月29日(木)リパブリック・サービシズ、エジソン・インターナショナル、シージェン、キャボット・オイル・アンド・ガス、フォーティネット、エドワーズライフサイエンス、デクスコム、KLAスカイワークス・ソリューションズ、アトラシアン、バーテックス・ファーマシューティカルズ、モホーク・インダストリーズ、フォーティブ、バイオ・ラッド・ラボラトリーズ、アーサー・J・ギャラガー、ギリアド・サイエンシズTモバイルUS、サザン、S&Pグローバル、シトリックス・システムズ、インターコンチネンタル・エクスチェンジメルク、ティー・ロウ・プライス・グループ、バクスターインターナショナル、ノースロップ・グラマン、コムキャスト、ハンチントン・バンクシェアーズ、ニールセンHD、マスターカード、テキストロン、ラボラトリー・コープ・オブ・アメリカHldg、インターナショナル・ペーパー、ウェスティングハウスエアブレーキ・テクノロジーズ、ハーシー、メトラー・トレド・インターナショナル、ヒルトン・ワールドワイド・HD、エクセル・エナジー、アルトリア・グループ、テレフレックス、アマゾン・ドット・コム、Carrier Global Corp、A.O.スミス、マスコ、バレロ・エナジー、LKQ、キューリグ・ドクターペッパー、CMSエナジー、ヤム・ブランズ、ウエスト・ファーマシューティカル・サービシズ、マーチン・マリエッタ・マテリアルズ、CBREグループ
7月30日(金)WWグレンジャー、イリノイ・ツール・ワークス、Cboe・グローバル・マーケッツ、ウェアーハウザー、エクソンモービル、ジョンソンコントロールズインターナショナル、P&Gシェブロンアッヴィ、サーナー、チャーチ・アンド・ドワイト、アイデックスラボラトリーズ、チャーター・コミュニケーションズ、ニューウェル・ブランズ、ライオンデルバセル・インダストリーズ、コルゲート・パルモリーブ、VF、キャタピラー、Linde PLC、Aon PLC
8月2日(月)ウィリアムズ・カンパニーズ、アリスタネットワークス、テイクツー・インタラクティブ・ソフトウエア、モザイク、パイオニア・ナチュラル・リソーシズ、NXPセミコンダクターズ、SBAコミュニケーションズ、レゲット・アンド・プラット、アメリカン・ウォーター・ワークス、イーストマン・ケミカル、グローバル・ペイメンツ、ロウズ

主要イベントの予定

7月27日(火)
  • FOMC(28日まで)、IMF世界経済見通し最新版、米耐久財受注(6月)、主要20都市住宅価格指数(5月)、FHFA住宅価格指数(5月)、消費者信頼感指数(7月)
7月28日(水)
  • FOMC声明発表・議長記者会見、卸売在庫(6月)
7月29日(木)
  • 新規失業保険申請件数(24日終了週)米GDP・速報(2Q)、米中古住宅販売成約指数(6月)
7月30日(金)
  • 雇用コスト指数(2Q)、個人支出(6月)個人所得(6月)、ミシガン大学消費者マインド指数・確定(7月)
8月2日(月)
  • ISM製造業景況指数(7月)、マークイット製造業PMI・確定値(7月)、建設支出(6月)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

アカマイ・テクノロジーズ(AKAM)市場:NASDAQ・・・2021/8/3に2021/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 1998年に設立。コンテンツ・デリバリー・ネットワーク事業、およびクラウド・セキュリティー事業を展開。インターネット上のコンテンツやアプリの配信、最適化、保護に係るソリューションを提供する。
  • 5/4発表の2021/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比10.3%増の8.42億USD、Non-GAAPの調整後EPSが同15.0%増の1.38USD。製品セグメント別では、コンテンツ配信やウエブパフォーマンス向上に係る先端技術部門が同2%増にとどまった一方、セキュリティ技術部門が同29%増と伸びた。
  • セキュリティ技術と先端技術の売上構成比は、2021/12通期会社計画では37%対63%であるのに対し、3-5年後の中期計画では50%対50%としている。7/22、同社提供のエッジDNSに起因するインターネット大規模障害が発生し、約1時間後に復旧。多くの主要企業にコンテンツ配信とネットワーキングサービスを提供する同社の影響力とともに、セキュリティー・ソリューション強化が求められよう。

アメリカン・ウォーター・ワークス(AWK)市場:NYSE・・・2021/8/2に2021/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 1886年設立。北米最大の上下水道企業。飲料水の供給、廃水処理、水関連サービスを提供。カリフォルニア州で淡水化事業も展開。20年末で水処理施設609ヶ所、廃水処理施設150ヶ所を運営。
  • 5/3発表の2021/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比5.2%増の8.88億USD、純利益が同7.3%増の1.33億USD。住宅・商工業向けの非規制事業は寒波の影響を受けたが、主力の上下水道公益事業に係る規制対象事業が既存事業の内部成長のほかインフラ投資や買収効果により増収増益。
  • 2021/12通期会社計画は、EPSが前期比6.9-9.5%増の4.18-4.28USD。6/24に超党派の上院議員団で合意した「米国雇用計画」の新規支出額5,780億ドルのうち、水道インフラ整備に550億ドルの予算が見込まれている。また、カリフォルニア州は大干ばつに見舞われるなか、猛暑により貯水池が干上がり、山火事の危険が高まっている。同社の手掛ける淡水化事業の重要性が高まるとみられる。

ビヨンド・ミート(BYND)市場:NASDAQ・・・2021/8/5に2021/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 2009年創業。植物由来の代替肉を開発・製造を手掛ける食品テクノロジー大手。ハンバーガーやソーセージなどを製造し、スーパーマーケットやマクドナルドなどに提供。20年6月から中国に進出。
  • 5/6発表の2021/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比11.4%増の1.08億USD、Non-GAAPの調整後EPSが前年同期の0.05USDから▲0.42USDへ赤字転落。小売りの販売チャネルが全世界で同45.0%増収と売上増に貢献も、研究開発費や販管費を含む総営業費用が同59.8%増と嵩んだ。
  • コロナ禍の影響が不透明なため、通期会社計画の発表を見送った。米国は養鶏農家が需要に追い付けずに鶏肉不足に陥り鶏肉価格が高騰するなか、同社は7/8、代替肉として非遺伝子組み換えのソラマメやエンドウなどの植物由来の鶏ササミ(ビヨンド・チキン・テンダー)を発表。また、米西部で水不足が深刻化するなか、飼育に大量の水を必要とする牛や豚からの代替肉需要も高まろう。

ハウメット・エアロスペース(HWM)市場:NYSE・・・2021/8/4に2021/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 1888年設立。航空宇宙・輸送業界向けの先端エンジニアリング・ソリューションを提供。エンジン製品、ファスニング・システム、エンジニアリング・ストラクチャ、鍛造ホイールの4事業セグメントを展開。
  • 5/6発表の2021/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比26.0%減の12.09億USD、昨年4/1に完了したアルコニック社のスピンオフおよびリストラ費用など例外的項目の影響を除く継続企業からの調整後EPSは、同50.0%減の0.22USD。航空機のボーイング737Maxおよび787の生産減が響いた。
  • 通期会社計画を上方修正。調整後EPSを同13.8-27.5%増の0.91-1.02USD(同0.75-0.89USD)とした。1Qは前年同期比で減収減益も、販売価格上昇とコスト削減で調整後EBITDAマージンが同横ばい。利益率向上と共に2Q(4-6月)末から下期にかけて民間航空機需要の回復加速を見込む。また、米中軍事対立に伴う防衛需要、および民間ロケット打上げ成功による製品需要も見込まれよう。

アイロボット(IRBT)市場:NASDAQ・・・2021/7/28に2021/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 1990年設立。床掃除機のルンバ、床拭きのブラーバなどのロボットの設計・製造・販売を行うほか、それらを制御するスマホアプリ、および子どもたちのプログラミング教育用のルートロボットを提供。
  • 5/3発表の2021/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比57.5%増の3.03億USD、Non-GAAPの調整後EPSが前年同期の▲0.32USDから0.41USDへ黒字転換。在宅時間が増加した消費者向けにロボット掃除機の販売が好調。また、デジタルチャネル販売は同90%増、売上構成比で56%を占めた。
  • 通期会社計画は、売上高を前期比16.8-19.5%増の16.7-17.1億USD(従来計画16.35-16.75億USD)と引上げたが、半導体供給不足や輸送費の上昇を想定して調整後EPSを前期比▲27.5-▲21.5%減の3.00-3.25USDと従来計画を据え置いた。昨年8月にソフトウェアを「アイロボット・ジーニアス」に大規模アップデート。清掃ロボットが学習により個人の好みに最適化することで利便性を向上させた。

ジロー・グループ(ZG)市場:NASDAQ・・・2021/8/5に2021/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

(注)日足の始値と終値をローソク足で表示。「始値>終値(陰線)」なら緑、「始値<終値(陽線)」なら赤。

  • 2006年設立。不動産価格査定機能の「Zestimates」を強みとして不動産情報サイトを運営。Homes(買取再販)、IMT(インターネット、メディア&テクノロジー)、Morgages(住宅ローン)の3事業を営む。
  • 5/4発表の2021/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比8.2%増の12.18億USD、純利益が前年同期の▲1.63億USDから5,196万USDへ黒字転換。セグメント別税引き前利益では、IMT事業が前年同期の▲4,150万USDから1.43億USDへ黒字転換と業績向上に寄与。他の2事業も赤字幅が縮小。
  • 2020/12期2Q(4-6月)の会社計画は、売上高が前年同期比60.9-67.1%増の12.36-12.84億USD、Non-GAAPの調整後EBITDAが同7.3-8.8倍の1.16-1.40億USD。7/22に全米不動産業者協会が発表した6月の米中古住宅販売件数は前月比1.4%増と5ヵ月ぶり増のほか、販売価格の中央値が前年同月比23.4%上昇の36.3万ドルと過去最高となった。住宅需要の底堅さが同社の業績を支えよう。
  • (※)決算発表の予定は7/23現在であり、変更される可能性があります。
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 2021年 自民党総裁選&衆議院総選挙特集

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.