SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-06-15 04:11:34

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “企業の仕入れ・支払コストとビットコインに要注意か?”

“企業の仕入れ・支払コストとビットコインに要注意か?”

2021/5/7
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘、李一承

“企業の仕入れ・支払コストとビットコインに要注意か?”

  • NYダウ平均株価の終値は5月に入って連続3日間、前日比で上昇し、5日に史上最高値を更新。一方で、ナスダック総合指数は5/3-5の3日間連続して前日比で下落するなど対照的な推移を示している。新型コロナワクチン接種の普及と経済活動正常化に伴うハイテク・グロース株から景気循環バリュー株へのシフトを表しているように見えるが、米10年国債利回りが4月末の1.6%台から1.5%台へ低下するなか、4月までなら金利の落ち着きに伴い買われた高PERのグロース株が売られている点は気がかりだ。
  • 米調査会社リフィニティブによれば、S&P500構成企業の1-3月期の利益は平均で前年同期比47.7%増となる見込みであり、4月上旬時点の見通しの同4%増から大幅に上方修正されている。その点からはグロース株への投資が優位と思われるが、企業業績の急激な回復を受けて、3日発表の4月のISM製造業景況指数における「価格指数」が89.6、5日発表の4月のISM非製造業景況指数における「仕入価格指数」が76.8と、いずれも2008年7月以来の高水準に達し、企業のコスト上昇懸念も一気に強くなった。
  • 2008年7月はリーマンショックの3ヵ月前であり、WTI原油先物価格が1バレル=147ドル台の史上最高値を付けた月であることが想い起される。それに対し、現在はLME銅先物価格が10年3ヵ月ぶりの高値水準の1万ドル近辺に達し、CME木材先物価格の5/5終値が昨年3月末終値の約5.5倍に急騰。半導体や化学製品の素材メーカー、非鉄・貴金属の生産会社、海運や陸運などの物流企業を除けば、幅広い業種の企業に係る生産・仕入れコスト上昇の悪影響を注視すべき局面にシフトしつつあると思われる。
  • また、2018年2月以降に株式市場を襲った「VIXショック」は米長期金利上昇が引き金となったが、その前の2017年12月に暗号資産(仮想通貨)のビットコインが一時2万ドルを超える水準まで高騰後に急落したことも要因の一つだろう。ビットコインのマイニング報酬半減期が約4年に1回到来することで新規発行量が半減することは供給減に伴う価格高騰とその後の急落を生みやすい面があろう。ビットコイン価格の短期的なピークは、2012年11月の半減期から約1年後、および2016年7月の半減期から約1年5ヵ月後に到来した。今年5月は3回目の半減期から1年後となる。ビットコイン市場の巨大化に伴い、急落があった場合の株式市場への影響も大きくならざるを得ないだろう。ペプシコ(PEP)P&G(PG)のような連続増配中のディフェンシブ銘柄に目を向けるタイミングが近づきつつあるかも知れない。(笹木)
  • 5/7号では、ASMLホールディング(ASML)コストコホールセール(COST)CVSヘルス(CVS)GSX Techedu(GOTU)ペプシコ(PEP)プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)(PG)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(5/5現在)

主要企業の決算発表予定

5月4日(火)アクティビジョン・ブリザード、ベリスク・アナリティクス、マッチ・グループ、ザイリンクス、TモバイルUS、CVSヘルス、コノコフィリップス、ファイザー、アイデックスラボラトリーズ、インサイト
5月5日(水)コグニザント・テクノロジー・ソリューションズ、メットライフ、ペイパル・ホールディングス、アンシス、フォックス、ゼネラル・モーターズ、エクセロン、エマソン・エレクトリック、サーナー、CDW
5月6日(木)アメリカン・インターナショナル・グループ、マイクロチップ・テクノロジー、リジェネロン・ファーマシューティカルズ、モデルナ、LindePLC
5月7日(金)シグナ、コンソリデーテッド・エジソン、AES、ベンタス
5月10日(月)オキシデンタル・ペトロリアム、ノートンライフロック、エアープロダクツ・アンド・ケミカルズ、マリオット・インターナショナル、Viatris Inc、ジェイコブズ・エンジニアリング・グループ、デューク・エナジー、タイソン・フーズ

主要イベントの予定

5月4日(火)
  • 米貿易収支 (3月)、製造業受注 (3月)
5月5日(水)
  • 米シカゴ連銀総裁が講演(オンライン)、ADP雇用統計 (4月)、ISM非製造業総合景況指数 (4月)
5月6日(木)
  • 米ダラス連銀総裁が討論会に参加、新規失業保険申請件数 (5月1日終了週)
5月7日(金)
  • 米雇用統計(4月)、卸売在庫 (3月)、消費者信用残高 (3月)
5月10日(月)
  • 米住宅ローン延滞率
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

ASMLホールディング(ASML)市場:NASDAQ・・・2021/7/21に2021/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 1984年設立の蘭半導体製造装置メーカー大手。極端紫外線(EUV)露光装置の世界市場を独占。短波長のEUVを光源として半導体回路の微細化工程に使用。台湾積体電路製造が最大顧客。
  • 4/21発表2021/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比78.8%増の43.64億EUR、純利益が同3.4倍の13.31億EUR。粗利率が同1.9ポイント向上の53.9%となったことが増益率拡大に寄与。先端製品などロジック向けが同2.1倍の増収、データセンターなどメモリ向けが同60%増収と堅調に推移。
  • 2021/12期2Q(4-6月)の会社計画は、売上高(中間値)が前年同期比21.8%増の40.0-41.0億EUR、粗利率が同0.8ポイント上昇の49%。同社の最大顧客である半導体ファウンドリの台湾積体電路製造(TSM)が2021年に最大280億ドルの設備投資を計画するなか、既に1Qの受注高が同54%増の47.4億EURと伸びている。粗利率が向上する中でEUV露光装置の需要増が追い風となろう。(李)

コストコホールセール(COST)市場:NASDAQ・・・2021/5/28に2021/8期3Q(3-5月)の決算発表を予定 

  • 1976年創業。ウェアハウス・クラブ(会員制倉庫型店舗)を運営しており、生鮮・加工食品、家電や自動車関連などを卸売価格で販売する。店舗数は804店舗(21年2月現在)。Eコマースも展開。
  • 3/4発表の2021/8期2Q(12-2月)は、売上高が前年同期比14.6%増の447.69億USD、純利益が同2.1%増の9.51億USD。ガソリンや為替変動を除く調整後の既存店売上高はEコマースの同74.8%増収の寄与により同12.9%増と堅調。一方、コロナ禍対策や賃上げが利益面の伸び悩みに繋がった。
  • 2021/8期3Q(3-5月)の会社計画は非公表だが、4/7発表の3月の既存店売上高が前年同月比16.0%増と好調。2Qの既存店売上高は、平均買い物回数が前年同期比1%増にとどまったが、Eコマースへの注力に伴う平均単価上昇(同11.9%)が貢献。同社は顧客への利益還元のため粗利益の源泉を会費収入とすることを経営の特徴とするなか、2Qの会員収入は同8.0%増と伸びた。(李)

CVSヘルス(CVS)市場:NYSE・・・2021/8/4に2021/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 薬局大手のCVSと薬剤給付管理(PBM)大手のケアマークが合併して2007年に設立。薬局サービス、PBM運営を含む小売・LTC(長期介護)、およびヘルスケア福利厚生の3事業セグメントを展開。
  • 5/4発表の2021/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比3.5%増の690.97億USD、調整後EPSが同6.8%増の2.04USD。風邪やインフルエンザからの需要減の一方、米国内の小売店で提供する新型コロナウイルスの検査や、米政府の協力要請を受けたワクチン接種サービスが増収増益に寄与。
  • 2021/12通期会社計画を上方修正。調整後EPS(前期実績7.50USD)を従来計画の7.39-7.55USDから7.56-7.68USDへ引き上げた。また、営業キャッシュフロー(同158.65億USD)は120-125億USDで据え置いた。5/4、バイデン米大統領は独立記念日の7/4までに成人の7割が最低1回の新型コロナワクチン接種を受けるようにすることを新たな目標とすると発表。同社の業績への追い風となろう。(李)

GSXTecheduInc(GOTU)市場:NYSE/ADR・・・2021/12期1Q(1-3月)の決算発表予定は会社発表、Bloomberg共に無し 

  • 2014年設立の中国オンライン教育プラットフォーム大手。K-12(幼稚園から高校まで)の学習をオンラインでサポートする「www.gaotu100.com(高途課堂)」等を展開。先月、社名を高途集団へ変更。
  • 3/5発表の2020/12期4Q(10-12月)は、売上高が前年同期比約2.4倍の22.11億元、Non-GAAPの調整後純利益が前年同期の1.98億元から▲5.54億元へ赤字転落。K-12向け売上は有料会員数が同2.1倍に拡大したことから同2.6倍の19.75億元となったが、販管費が嵩んだことが利益面に響いた。
  • 2021/12期1Q(1-3月)の会社計画は、売上高(中間値)が前年同期比41.8%増の18.16-18.56億元。同社は4/9、空売りファンドGrizzlyResearchから売上水増しを指摘されたことに対し、事実無根と表明。前受入金に関して将来の売上計上を見込む総請求高は、昨年4Qが同99.3%増の31.47億元。前四半期比でも50.9%増と伸びが加速しており、当面は底堅い売上推移が期待される。(李)

ペプシコ(PEP)市場:NASDAQ・・・2021/7/13に2021/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定 

  • 1919年設立の世界的飲料・食品メーカー。ペプシコーラやゲータレードなど清涼飲料のほか、果汁飲料のトロピカーナ、スナック菓子のフリトレー、オートミールのクエーカーなどのブランドを展開。
  • 4/15発表の2021/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比6.8%増の148.2億USD、Non-GAAPのコア純利益が同12.3%増の16.84億USD。為替やM&Aなど外部要因の影響を除く内部売上高でも同2.4%増。巣ごもり需要増を受けて、北米向けは、フリトレーが同4%増収、ペプシコが同5%増収。
  • 2021/12通期会社計画は、内部売上高が前期比5.0%前後、コアEPSが同27-63%増の7-9USD、前期にコロナ禍関連費用の8億USD計上に対し、新型コロナワクチン普及に伴って四半期ごとの同費用が6,000-8,000万USDへ低下すると見込む。また前期まで49年連続増配を達成するなど株主還元に積極的な方針の下、2021年度会社計画でも増配のほか自社株買いが1.06億USDの見通し。(李)

プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)(PG)市場:NYSE・・・2021/7/30に2021/6期4Q(4-6月)の決算発表を予定 

(注)日足の始値と終値をローソク足で表示。「始値>終値(陰線)」なら緑、「始値<終値(陽線)」なら赤。

  • 1837年設立の世界最大の一般消費財メーカー。洗剤・家庭用品などのファブリック・ホームケア、化粧品などのビューティ、グルーミング、幼児・女性・家族ケア、およびヘルスケアの5部門を営む。
  • 4/20発表の2021/6期3Q(1-3月)は、売上高が前年同期比5.2%増の181.09億USD、純利益が同12.1%増の32.69億USD。外部要因の影響を除く内部売上高は、ファブリック・ ホームケア部門が同7%増収のほか、ビューティ部門は中華圏向けのSK-IIなどの化粧品販売の貢献により同7%増収。
  • 2021/6通期会社計画は、内部売上高が前期比5-6%増、調整後コアEPSが同8-10%増と従来計画から据え置いた一方、自社株買いは従来計画の100億USDから110億USDへ引き上げた。3QのEコマース売上高が前年同期比50%増となり、Eコマースの売上高構成比が3Qに14%まで上昇したことは利益率向上に繋がろう。また、3Qの前年同期比10%増配を発表し、65年連続増配を達成。(李)
  • (※)決算発表の予定は5/5現在であり、変更される可能性があります。
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 600万口座達成 怒涛のキャンペーン祭り開催中
  • 新たな可能性が広がる・つながる! SBI先物・オプションAPI

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.