SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-06-03 11:25:25

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “決算発表前、相場のことは相場に聞いてみよう”

“決算発表前、相場のことは相場に聞いてみよう”

2020/4/14
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘

“決算発表前、相場のことは相場に聞いてみよう”

  • 4/14より米国企業の1-3月期決算発表が始まる。2019年の米国株式相場を振り返ると総じて堅調に推移したと言えるが、ダウ工業株30種平均(NYダウ)は、1-3月期決算発表が行われていた最中の4月下旬、および4-6月期決算発表が開始された7月中旬に相場が上昇一服となり、下落に転じる局面があった。NYダウは3/23の安値18,213ドルから4/9高値24,008ドルまで約32%上昇しており、短期的に過熱感が出やすい局面かも知れない。決算発表のタイミングが上昇一服になりやすい面があることは要注意だろう。
  • 決算発表を前にして米国株式相場の特徴を掴む上で、「相場のことは相場に聞け」という格言に従い、個別銘柄の物色動向を分析してみたい。そこで、米国株の代表的株価指数であるS&P500構成銘柄の株価について、4/9終値基準で年初来上昇率上位30銘柄と昨年来上昇率上位30銘柄を比較してみると、13銘柄がその両方に重複していることが分かる。Bloomberg社の業種分類に従うと、「REIT(不動産投資信託)」が無線通信インフラ事業のSBAコミュニケーションズ(SBAC)、相互接続データーセンターへ投資するエクイニクス(EQIX)、ワイヤレス通信用のタワーやその他インフラを所有運営するクラウン・キャッスル・インターナショナル(CCI)、およびワイヤレス通信・放送用タワーの保有・運営・開発を行うアメリカンタワー(AMT)の4銘柄。REITといっても実体は5G通信のインフラ関連銘柄であると言えそうである。
  • 「インフラ・ソフトウエア」がサイバーセキュリティ企業のノートンライフロック(NLOK)、およびインターネットコンテンツとアプリケーションの高速かつ安全な配信を手がけるアカマイ・テクノロジーズ(AKAM)の2銘柄。その他は1銘柄ずつとなり、「バイオテクノロジー」がC型肝炎ウイルス治療薬などを扱うバイオ医薬品企業のバーテックス・ファーマシューティカルズ(VRTX)、「貴金属」が全米最大の産金会社であるニューモント(NEM)、「情報サービス」が金融・投資に係るインデックスで知られるMSCI(MSCI)、「半導体素子」がGPUを扱う エヌビディア(NVDA)、「加工食品」がハーゲンダッツなどブランド食品を有するゼネラル・ミルズ(GIS)、「大規模小売店」がディスカウント小売店を営むダラー・ゼネラル(DG)、および「容器・包装」が金属製容器を製造するボール(BLL)である。バイオテクノロジーや小売業だけでなく、5G関連インフラや安全・高速な通信環境を支える企業が物色の中心になっているのが米国株物色の現状と言えるだろう。
  • 4/14号では、アカマイ・テクノロジーズ(AKAM)ダラー・ゼネラル(DG)キーサイト・テクノロジーズ(KEYS)ニューモント(NEM)シノプシス(SNPS)トゥイリオ(TWLO)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(4/9現在)

主要企業の決算発表予定

4月14日(火) ハウメット・エアロスペース、ウェルズ・ファーゴ、ファスナル、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、ファースト・リパブリック・バンク、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー
4月15日(水)ゴールドマン・サックス・グループシティグループユナイテッドヘルス・グループ、USバンコープ、PNCファイナンシャル・サービシズ・グループ、バンク・オブ・アメリカ
4月16日(木)キーコープインテュイティブサージカルアボットラボラトリーズブラックロック、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン
4月17日(金)ステート・ストリート、シチズンズ・フィナンシャル・グループ、リージョンズ・ファイナンシャル、カンザスシティー・サザン、シュルンベルジェ
4月20日(月)IBMハリバートン

主要イベントの予定

4月14日(火)
  • 米シカゴ連銀総裁の質疑応答、米セントルイス連銀総裁が記者会見に参加(オンライン)、IMF・世界銀行の春期会合(バーチャル形式で、17日まで)および世界経済見通し (WEO)
  • 米輸入物価指数 (3月)
4月15日(水)
  • 米地区連銀経済報告(ベージュブック)、米アトランタ連銀総裁講演(オンライン)、米財務省半年次為替報告書の議会への提出期限
  • G20財務相・中央銀行総裁会議(バー チャル形式)、国際エネルギー機関月報
  • 米小売売上高 (3月)ニューヨーク連銀製造業景況指数(4月)、米鉱工業生産(3月)、米企業在庫 (2月)、米NAHB住宅市場指数 (4月)
4月16日(木)
  • 米新規失業保険申請件数 (4月11日終了週)、米住宅着工件数 (3月)、フィラデルフィア連銀製造業景況指数(4月)
4月17日(金)
  • 米景気先行指標総合指数 (3月)
4月20日(月)
  • シカゴ連銀全米活動指数(3月)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

アカマイ・テクノロジーズ(AKAM)市場:NASDAQ ・・・2020/4/28に2020/12期1Q(1-3月)の決算発表を予定

  • 1998年設立。インテリジェントエッジ分野の世界的企業。Akamai Intelligent Edge Platformを通じて、インターネット上のコンテンツやアプリの配信、最適化、保護に係るソリューションを提供する。
  • 2/11発表の2019/12期4Q(10-12月)は、売上高が前年同期比8.8%増の7.72億USD、純利益が同13.6%減の1.19億USD。ただし、Non-GAAPの調整後純利益は同11.6%増の2.01億USD。コンテンツ・デリバリ−・ネットワーク事業が同8%の増収、クラウド・セキュリティ事業が同29%の増収だった。
  • 2020/12通期の会社計画は、売上高が30.55-31.05億USD(前期実績:28.93億USD)、調整後EPSが4.80-4.95USD(同:4.49USD)、調整後営業利益率が30%(同:29%)。新型コロナウイルス感染拡大により「社会的に距離を取ること」が要請されて世界的にインターネットへの依存度が高まり、トラフィック急増が問題化している。インターネットの円滑な通信を担う同社事業による貢献が期待されよう。

ダラー・ゼネラル(DG)市場:NYSE ・・・2020/6/1に2021/1期1Q(2-4月)の決算発表を予定

  • 1937年創業。米国最大のディスカウント小売業者の1つ。食品や菓子類、健康・美容用品、清掃用品などを低価格(通常10USD以下)で提供している。44州に16,278店舗を展開(2020/1末時点)。
  • 3/12発表の2020/1期4Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比7.6%増の71.57億USD、純利益が同10.8%増の5.35億USD。新規開設店舗数の増加に加え、既存店売上高が同3.2%増となったことが増収に寄与。また、営業利益率が同0.5%ポイント上昇の10.1%だったことが増益に貢献。
  • 2021/1通期の会社計画は、売上高が前期比7.5-8.0%増、既存店売上高が同2.5-3.0%増、Non-GAAPの調整後EPSが同10.0%増。同社は30期連続で既存店売上高の前期比プラスを達成しており、不景気への耐性が強い点に特徴がある。それに加え、2021/1期も1,000店舗の新規オープン、および1,500店舗の改装が計画されており、新型コロナウイルスの影響を受けにくいと考えられよう。

キーサイト・テクノロジーズ(KEYS)市場:NYSE ・・・2020/5/29に2020/10期2Q(2-4月)決算発表の予定

  • ヒューレット・パッカードから独立したアジレント・テクノロジー(A)の電子計測事業を2014年に引き継ぐ。無線通信、航空・宇宙・防衛、半導体の各市場向けに電子計測プラットフォームなどを提供。
  • 2/24発表の2020/10期1Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比8.8%増の11.41億USD、純利益が同43.0%増の1.63億USD、Non-GAAPの調整後EPSが同35.5%増の1.26USD。顧客企業に関し、5G関連への投資、および航空宇宙・防衛産業や半導体計測産業からの支出増が業績に寄与。
  • 2020/10期2Q(2-4月)の会社計画は、売上高が11.38-11.78億USD、調整後EPSが1.28-1.38USDだったが、新型コロナウイルスの影響により世界の多くの事業所を一時的に閉鎖したことに伴い2Qの会社業績見通しを取り下げた。米トランプ政権は追加経済対策として雇用創出のための2兆USD規模の大型インフラ法案を求めており、5G通信関連のインフラ整備の進展が注目されよう。

ニューモント(NEM)市場:NYSE ・・・2020/5/5に2020/12期1Q(1-3月)の決算発表を予定

  • 1921年に創業した世界第2位、全米最大の産金会社。金のほか、銅、銀などの採掘・加工・精製を行う。米国、オーストラリア、ガーナ、ペルー、スリナム(南米北東部の共和国)で事業を展開する。
  • 2/20発表の2019/12期4Q(10-12月)は、売上高が前年同期比44.9%増の29.67億USD、純利益が同283倍の5.65億USD、Non-GAAPの調整後純利益が同91.6%増の4.10億USD。金の平均実現価格が同20%上昇だったこと、および金の生産量が同27%増だったことが業績に貢献した。
  • 2020/12通期の会社計画は、金の生産量が640万オンス(前期実績:630万オンス)、売上連動の生産費用(CAS)が1オンス当り750USD(同:721USD)、全生産維持費用(AISC)が1オンス当り975USD(同:966USD)。COMEXの金先物価格は4/9終値が1オンス1,725USDであり、2019/12通期の平均実現価格より23%高い。中央銀行の金融緩和が強化されるなか、金価格相場が業績を後押ししよう。

シノプシス(SNPS)市場:NASDAQ ・・・2020/5/22に2020/10期2Q(2-4月)の決算発表予定

  • 1986年設立。電子機器や半導体の設計作業の自動化を支援するEDA(エレクトリック・デザイン・オートメーション)ツールを世界中の企業に提供。企業による半導体チップの設計・検証を支援する。
  • 2/19発表の2020/10期1Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比1.7%増の8.34億USD、純利益が同32.2%減の1.04億USD。Non-GAAPの調整後純利益は同5.0%減の1.56億USDだった。5GやIoT向けの半導体需要増により増収だったが、研究開発費と一般管理費の増加が響き減益だった。
  • 2020/10通期の会社計画は、売上高が36.00-36.50億USD(前期実績:33.61億USD)、調整後EPSが5.18-5.25USD(同:4.56USD)。同社EDAツールは世界の主要半導体メーカーで業界標準となっており、5GやIoT関連にとどまらず、深層学習(ディープラーニング)や機械学習に係る人工知能(AI)が高度化するに伴い、新たな半導体チップの設計・検査などの需要が高まるものと期待されよう。

トゥイリオ(TWLO)市場:NYSE ・・・2020/4/30に2020/12期1Q(1-3月)発表予定

  • 2008年設立。企業のWeb開発者向けに、電話・IP音声通信・テキストメッセージをWeb・モバイル・電話アプリに統合するクラウド・コミュニケーション・プラットフォームを提供するソフトウェア会社。
  • 2/5発表の2019/12期4Q(10-12月)は、売上高が前年同期比62.1%増の3.31億USD、純利益が前年同期の▲4,715万USDから▲9,024万USDに赤字幅拡大だったが、Non-GAAPの調整後純利益は同18.5%増の577万USD。SendGrid(クラウドによるメール配信サービス企業)の買収が成長に寄与。
  • 2020/12通期会社計画は、売上高が14.75-14.90億USD(前期実績:11.34億USD)、調整後純利益が▲0.20-▲0.14USD(同:0.11USD)。新型コロナウイルス感染拡大の影響により全社的にテレワークに移行する企業が増加しており、テラスカイ(3915)も同社のクラウド型コミュニケーションサービス基盤を利用した在宅コールセンターを構築した。同様な動きが世界的に拡大する余地があろう。
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3つの無料化
  • FX 勝負の低スプレッド!
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.