SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-04-05 06:55:53

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “FRBとトランプ大統領への期待と二番底”

“FRBとトランプ大統領への期待と二番底”

2020/3/17
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘

“FRBとトランプ大統領への期待と二番底”

  • FRBに株式市場の守護者の役割を求めるべきではないのだろうか。3/16の日本時間早朝、FRBが臨時の会合を開き、政策金利を一気に1%引き下げて0-0.25%の範囲とし、事実上のゼロ金利政策に踏み切った。それに加え、国債などを7,000億ドル買い入れて市場に大量の資金を供給する量的緩和の再開も決めた。これによって株式市場が落ち着きを取り戻すことが期待されたものの、ダウ工業株30種平均株価(NYダウ)先物の時間外取引は前日終値比1,000ドル超安で反応した。FRBは株式市場のためではなく家計や企業を中心とした実体経済の支援を目的としているとはいえ、FRBが持てる武器をすべて使って対応をしているように見えるにも関わらず、株式市場が好感する様子が見られなかった。3/9-13の週のNYダウが前週末比2,679ドル安の23,185ドルで引け、5日間の前日終値比の値幅の1日当たり平均が1,800ドル近くに達するまで荒れ狂う相場の変動を鎮められる術はもはや無いものとあきらめるしかないのだろうか。
  • しかし、ゼロ金利であれば財政支出の拡大に対応して大量の米国債を低コストで発行できる面もある。トランプ大統領は3/13に最大500億ドルの財政出動を可能とする国家非常事態を宣言。金融政策の次はトランプ大統領による積極的な財政政策がまだ残されているとの期待も市場では高まろう。その一方、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ氏がコロナウイルス対策記者会見で「米国内の感染拡大はこれから最悪期を迎える」と警告している。今や、株価の変動性の予想を示し「恐怖指数」と呼ばれているVIX指数が米国内の感染拡大状況を反映して跳ね上がり、株式市場の変動性を高めるメカニズムが構築されているように見受けられる。財政政策にも過度な期待をかけにくい面もあろう。
  • NYダウの3/12の安値21,154ドルは2018/12/26の安値21,712ドルを下回った。下げ局面で直近の「大底」と考えられる価格を上回った水準を「二番底」として反転上昇を期待することが難しくなったように思われる。しかし、S&P500株価指数の3/12安値2,478ポイントは2018/12/26の安値2,346ポイントを5.6%上回り、ナスダック総合株価指数の3/12安値7,194ポイントは2018/12/24の安値6,190ポイントを16.2%上回っている。二番底からの戻りを試す局面へ移行する可能性はまだ残されているように思われる。その一方、3/13のS&P500における業種別株価(終値)では、エネルギー、金融、素材、資本財・サービスが2018/12/24終値を下回り、特にエネルギーが40%以上下回っていることは懸念されよう。
  • 3/17号では、アドビ(ADBE)ブロードコム(AVGO)シスコシステムズ(CSCO)オラクル(ORCL)スプランク(SPLK)Slack Technologies Inc(WORK)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(3/13現在)

主要企業の決算発表予定

3月17日(火)フェデックス
3月18日(水)ゼネラル・ミルズ
3月19日(木)シンタス、アクセンチュア、ダーデン・レストランツ、レナー

主要イベントの予定

3月17日(火)
  • 米大統領選の予備選集中日(フロリダ、イリノイ州など)
  • EU財務相理事会
  • 米小売売上高 (2月)米鉱工業生産 (2月)、米企業在庫 (1月)、米NAHB住宅市場指数 (3月)、米求人件数 (1月)
3月18日(水)
  • 議長記者会見と経済予測
  • 米住宅着工件数 (2月)
3月19日(木)
  • 米経常収支 (4Q)、米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(3月)、米新規失業保険申請件数 (3月14日終了週)、米景気先行指標総合指数 (2月)
3月20日(金)
  • 米中古住宅販売件数 (2月)
3月23日(月)
  • シカゴ連銀全米活動指数(2月)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

アドビ(ADBE)市場:NASDAQ ・・・2020/6/11に2020/11期2Q(3-5月)の決算発表を予定

  • 1982年設立のソフトウェア企業。同社が開発した文書フォーマット「PDF」は国際標準。Document Cloud、Creative Cloud、Experience Cloudの3つのクラウドから継続課金のソフトウェアを提供する。
  • 3/12発表の2020/11期1Q(2019/12-2020/2)は、売上高が前年同期比18.8%増の30.91億USD、純利益が同41.7%増の9.55億USD、Non-GAAPの調整後EPSが同32.7%増の2.27USD。セグメント別売上高では、デジタルメディアが同22%増、デジタルエクスぺリエンスが同15%増と堅調に伸びた。
  • 2020/11期2Q(3-5月)の会社計画は以下の通り。売上高は、デジタルメディアが前年同期比19%増、デジタルエクスペリエンスが同12%増。Non-GAAPの調整後EPSは2.35USD(前年同期実績:1.71USD)。新型コロナウイルスの影響で顧客企業がマーケティングへの支出を手控える懸念があるが、サブスクリプション(継続課金)収入により将来の収益計上の見通しが立ちやすい点に要注目。

ブロードコム(AVGO)市場:NASDAQ ・・・2020/6/12に2020/10期2Q(2-4月)の決算発表を予定

  • 1961年設立のブロードコムを2016年にアバゴ・テクノロジーが買収。CMOS(相補型金属酸化膜半導体)およびIII-V族半導体(化合物半導体)を中心に幅広い半導体デバイスを設計・開発・販売。
  • 3/12発表の2020/10期1Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比1.2%増の58.58億USD、純利益が同34.0%減の3.11億USD、Non-GAAPの調整後EPSが同5.4%減の5.25USD。インフラ関連ソフトウェア収入が同18.8%増だったことが増収に寄与。フリーキャッシュフローが同8.9%増だった。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界半導体市場への影響が見極めきれないために業績の先行きが不透明になったとして2020/10通期の会社業績予想を取り消した。ただし、同社を構成銘柄とするフィラデルフィア半導体指数は2/14の高値1,983ポイントから3/12の安値まで約30%下落。株式市場の需給のきっかけ次第では、売られ過ぎの反動としての株価の自律反発が期待されよう。

シスコシステムズ(CSCO)市場:NASDAQ ・・・2020/5/13に2020/7期3Q(2-4月)の決算発表を予定

  • 1984年設立。世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社で、ルーター、スイッチ、ワイヤレスLAN、アクセスポイント、IP電話、ビデオ会議端末、セキュリティー、ソフトウェアなど手掛ける。
  • 2/12発表の2020/7期2Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比3.5%減の120.05億USD、純利益が同2.0%増の28.78億USD、調整後EPSが同5.5%増の0.77USD。ルーターを含む主力の製品部門が同6%となったことが響き減収だったが、売上原価や販管費などを減らし増益を確保した。
  • 2020/10期3Q(2-4月)の会社計画は、売上高が前年同期比1.5-3.5%減、Non-GAAPの調整後営業利益率が32.5-33.5%(前年同期実績:25.8%)、調整後EPSが0.79-0.81USD(同:0.73USD)。新型コロナウイルスの影響で在宅勤務に移行する企業が増えるなか、同社のCisco Webex Meetingsは、Microsoft TeamsやZoomとともにWebビデオ会議システムの3強の一角として拡大が見込まれよう。

オラクル(ORCL)市場NYSE ・・・2020/6/19に2020/5期4Q(3-5月)決算発表の予定

  • 1977年設立。データベース管理システム(DBMS)を中心とした企業向けソフトウェアの開発・販売を行う。Oracle Databaseを主力製品とする。2010年にサン・マイクロシステムズを買収した。
  • 3/12発表の2020/5期3Q(2019/12-2020/2)は、売上高が前年同期比1.9%増の97.96億USD、純利益が同6.3%減の25.71億USDだったが、Non-GAAPの調整後EPSは同11.5%増の0.97USD。サブスクリプション収入が同4.0%増、売上構成比が同2%ポイント上昇の71%。調整後EPS増益に寄与した。
  • 2020/5期4Q(3-5月)の会社計画は、調整後EPSが1.20-1.28USD(前年同期実績:1.16USD)。サフラ・カッツCEOは、サブスクリプション収入が安定した伸びを見せており、継続課金によってその多くが将来の収入として予測されることから新型コロナウイルスの影響が最小限にとどまる見通しを示した。また、Autonomous DatabaseインフラとクラウドERPアプリの重要2分野の伸びが注目されよう。

スプランク(SPLK)市場:NASDAQ ・・・決算発表日は会社発表およびBloomberg予想ともになし

  • 2003年設立。顧客ユーザーに対し、ウェブサイト、アプリケーション、サーバー、ネットワーク、モバイル機器等から生成された機械データをリアルタイムで収集・分析するソフトウェアを提供する。
  • 3/4発表の2020/1期4Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比27.2%増の7.91億USD、純利益が前年同期の212万USDから▲2,272万USDへ赤字転落。ただし、Non-GAAPの調整後EPSは同2.0倍の1.88USDだった。クラウドのライセンス収入が同25.9%増と伸びたことが業績に貢献した。
  • 2020/1通期の会社計画は、売上高が前期比10.2%増の26億USD。同社は2019/9に従来の製品群を統合した「データ・トゥ・エブリシング」プラットフォームをローンチ。クラウドのリアルタイムモニタリングを行うSignalFxの買収により、ビッグデータ分析プラットフォームとして成長基盤の構築が期待されるほか、 アクセンチュア(ACN)やデロイトとの提携によるソリューション事業の進化も注目される。

Slack Technologies Inc(WORK)市場:NYSE ・・・決算発表日は会社発表およびBloomberg予想ともになし

  • 2009年設立。チームの調整や共有作業をサポートするコミュニケーションツール「Slack」を展開。主にエンジニアや開発者向けに強みを有する。新株を発行しない手法で2019/6/20にNYSEに上場。
  • 3/12発表の2020/1期4Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比49.1%増の1.81億USD、純利益が前年同期の▲3,626万USDから▲8,909万USDへ赤字幅拡大だが、Non-GAAPの調整後EPSは前年同期の▲0.28USDから▲0.04USDへ赤字幅縮小。有料ユーザー数が同25%増と伸びた。
  • 2021/1通期の会社計画は、売上高が8.42-8.62億USD(前期実績:6.30億USD)、調整後EPSが▲0.21-▲0.19USD(同:▲0.28USD)。新型コロナウイルスの影響によるリモートワーク需要の増加でビジネス対話アプリの注目度が増している。大企業向けではMicrosoft Teamsの成長に押される懸念があるが、オープン化による他のサービスや外部ツールとの連携強化による成長が期待されよう。
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 第40回 SBI債
  • SBI証券の3つの無料化
  • 株主優待とダブルで楽しめる!?
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.