SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-04-02 09:03:20

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “新型コロナウイルスが変える私たちの生活とは?”

“新型コロナウイルスが変える私たちの生活とは?”

2020/3/10
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘

“新型コロナウイルスが変える私たちの生活とは?”

  • 株式市場は、新型コロナウイルスの実態がまだ十分に解明されていない中で感染拡大が深刻に受け止められ、様々な経済活動が世界中で停滞または中止に追い込まれる異例の事態に対し悲観的な見方を強めている。ダウ工業株30種平均株価(NYダウ)は激しい変動を連日繰り返し、日中取引の高値から安値までの値幅が2/28-3/6における平均で969ドルに達した。株価の変動性の予想を示し「恐怖指数」と呼ばれているVIX指数は、3/6に一時54.39%に達し、2018/2のVIXショック時の50.30%、および2015/8のチャイナショック時の53.29%を超え、リーマンショック後の2018/12以来の高さとなるなど株式市場の狼狽ぶりを示すものとなった。3/3にFRBが政策金利を0.5%ポイント引き下げる緊急利下げを行ったものの株式市場を落ち着かせるには至らず、逆に利下げに感染拡大を止める力がない無力感を市場参加者に残したかのようだった。
  • 更に、3/17-18のFOMCでFRBが0.5%以上の追加利下げに踏み切るとの予想が強まったうえ、CBOT市場のFF(フェデラルファンド)金利先物がFRBによる早期のゼロ金利政策へのシフトを織り込み始め、債券市場および外国為替市場に急激な変動を及ぼしている。新型ウイルスの感染拡大の落ち着きとともに、主要先進国における中央銀行の協調した金融緩和、および一致した強力な財政政策の出動が市場で求められているように思われる。ただし、OPECによる減産案が頓挫したことに伴う原油価格の急落がオイルマネーによる保有株式縮小に繋がるものと受け止められやすく、当面はVIX指数の高止まりが予想されよう。
  • 新型ウイルスの感染拡大により、大手企業が在宅勤務のリモートワークに移行する動きを相次いで見せている。日本でも「働き方改革」が叫ばれる中、満員電車でストレスを感じながら出勤する必要がなくなる点は前向きに捉えられる面もあろう。クラウドサービスのソフトウェアにより、テレワークでも会議室や応接室にて対面で会議や商談を行う以上の生産性を安価に確保することが技術的に可能となっている。また、コンサートや催し物・イベントについても、会場にいなくてもVR(仮想現実)技術によってその場で観戦・観察するのと同様の臨場感を発揮できるようになって来た面もある。VR端末のオキュラスを有するフェイスブック(FB)には良い事業機会となり得よう。その他、買い物も予めスマホのアプリで注文したものを店舗で受け取り、同じ空間で不特定多数の人たちと一緒にいなくても済むようなライフスタイルが急速に拡大する可能性があろう。
  • 3/10号では、 コストコホールセール(COST)クローガ―(KR)オクタ(OKTA)テラドック・ヘルス(TDOC)ヴィーヴァ・システムズ(VEEV)Zoom Video Communications (ZM)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(3/6現在)

主要企業の決算発表予定

3月12日(木)アドビ、ブロードコム、アルタ・ビューティ、オラクル、ギャップ、ダラー・ゼネラル

主要イベントの予定

3月10日(火)
  • 米大統領選、予備選挙・党員集会集中日(アイダホ、ミシガン、ミシシッピ州など)
3月11日(水)
  • 米CPI (2月)、米財政収支 (2月)
3月12日(木)
  • ECBが政策金利発表、ラガルド総裁記者会見
  • 米新規失業保険申請件数 ( 7日終了週)、米PPI (2月)
3月13日(金)
  • 米輸入物価指数(2月)、米ミシガン大学消費者マインド指数(3月)
3月15日(日)
  • 米大統領選挙で民主党指名獲得を争う候補者の討論会(アリゾナ州フェニックス)
3月16日(月)
  • ニューヨーク連銀製造業景気指数(3月)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

コストコホールセール(COST)市場:NASDAQ ・・・2020/5/29に2020/8期3Q(3-5月)の決算発表を予定

  • 1976年創業。ウェアハウス・クラブ(会員制倉庫型店舗)を運営しており、生鮮・加工食品、家電や自動車関連などを卸売価格で販売する。店舗数は785店舗(2020/2末)。Eコマースサイトも展開。
  • 3/5発表の2020/8期2Q(12/2-2/16の12週間)は、売上高が前年同期比10.4%増の390.72億USD、純利益が同4.7%増の9.31億USD。既存店売上高は、ガソリン価格や為替変動などを除く調整後ベースで同7.9%増。特に、Eコマースの既存店売上高(調整後)が同28.0%増と伸びた。
  • 直近の2020/2(3/1までの4週間)の月次売上高は、前年同月比13.8%増の122.0億USD。米国の既存店売上高が同12.4%増と伸びた。米国で新型コロナウイルスに対する懸念が高まったことを受け、2月最終週に日用品の需要が高まった。引き続き日用品などを買いだめする動きが出ており、商品を求める人の長い列ができる状況が続いている。業績の上振れ要因として考えられよう。

クローガ―(KR)市場:NYSE ・・・決算発表日は会社発表およびBloomberg予想ともになし

  • 1883年開業の全米最大の食品スーパーマーケットチェーン。傘下に、ラルフス、フード4レス、ハリス・ティーター、フレッドマイヤーなどがある。プライベートブランドのシンプル・トゥルースを有する。
  • 3/5発表の2020/1期4Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比2.1%増の288.93億USD、純利益が同26.3%増の3.27億USD。燃料を除く調整後売上高が同2.0%増、デジタル売上高が同22%増。プライベートブランド商品の販売が好調だったこと、および費用削減が奏功し増収増益だった。
  • 2021/1通期の会社計画は、調整後売上高が前期比2.25%増(前期実績:同2.0%増)、EPSが2.30-2.40USD(同:2.04USD)。会社計画は新型ウイルスの感染拡大による潜在的な影響を考慮していないが、スーパー内を歩いて買い物カゴに入れてレジに向かう作業を代わりに店舗の人にやってもらう「クリックリスト」サービスのほか、オンデマンド買物代行・宅配サービスが伸びる要因となろう。

オクタ(OKTA)市場:NASDAQ ・・・決算発表日は会社発表およびBloomberg予想ともになし

  • 2009年設立のソフトウェア開発企業。クラウドサービス「Okta Identity Cloud」を通じて企業向けID管理サービスを提供。社内外や端末問わず同一IDで様々なアプリケーションを安全に利用できる。
  • 3/5発表の2020/1期4Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比44.9%増の1.67億USD。純利益は前年同期の▲3,081万USDから▲5,047万USDへ赤字拡大だが、Non-GAAPの調整後純利益は前年同期の▲435万USDから▲174万USDへ赤字縮小。フリーキャッシュフローは同3.8倍となった。
  • 2021/1通期の会社計画は、売上高が前期比33-34%増(前期実績:46.8%増)、Non-GAAPの調整後EPSが▲0.42-▲0.37USD(同:▲0.31USD)。2020/1通期は顧客企業数が同30%増の7,950社、1顧客当たりの売上高が同1.19倍に達し、フリーキャッシュフローが前期の▲675万USDから3,627万USDへ黒字転換。顧客数増加のほか大企業顧客の取引拡大による業績牽引が期待されよう。

テラドック・ヘルス(TDOC)市場:NYSE ・・・2020/4/30に2020/12期1Q(1-3月)の決算発表を予定

  • 2002年設立の医療サービス会社。日常的な症状に対し、電話やビデオを通じて診断、治療法の助言、および処方を提供する。世界各国で事業を展開し、オンライン診療では米国最大手である。
  • 2/26発表の2019/12期4Q(10-12月)は、売上高が前年同期比27.4%増の1.56億USD、純利益が前年同期の▲2,487万USDから▲1,904万USDへ赤字縮小。Non-GAAPの調整後EBITDAは同2.6倍の1,523万USD。期末の米国有料会員数が同61.1%増の3,670万人となったことが業績に寄与した。
  • 2020/12通期の会社計画は、売上高が6.95-7.10億USD(前期実績:5.53億USD)、調整後EBITDAが6,000-7,000万USD(同:3,183万USD)、米国有料会員数(期末)が4,300-4,500万人。会社計画には新型コロナウイルス感染の影響は考慮されていないが、米国当局が新型コロナウイルス対策でテレビを使った患者の遠隔診療の措置に言及しており、オンライン診療の市場拡大が見込まれよう。

ヴィーヴァ・システムズ(VEEV)市場:NYSE ・・・決算発表日は会社発表およびBloomberg予想ともになし

  • 2007年設立の製薬・ライフサイエンス業界特化型SaaS(Software as a Service)企業。世界中の製薬・ライフサイエンス企業向けにソフトウェアのクラウドサービスを通じたソリューションを提供する。
  • 3/3発表の2020/1期4Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比34.1%増の3.11億USD、純利益が同7.0%減の6,618万USD。ただし、Non-GAAPの調整後純利益は同20.1%増の8,551万USD。サブスクリプション収入における顧客数が同19.7%増、1顧客当たり収入が同1.21倍と堅調に伸びた。
  • 2021/1通期の会社計画は、売上高が14.00-14.05億USD(前期実績:11.04億USD)、Non-GAAPの調整後EPSが約2.50USD(同:1.90USD)。高齢化が進むと医療費が増加する一方、少子化で生産年齢人口が減少すれば医療の財源が減り、医療費の値下げ圧力が強まると見込まれる。データの活用により製薬・ライフサイエンス企業の生産性を高め、医療現場を支援する社会的要請が高まろう。

ZoomVideoCommunications(ZM)市場:NASDAQ ・・・決算発表日は会社発表およびBloomberg予想ともになし

  • 2011年設立。クラウドを使用したWeb会議サービスを提供。ビデオ・オンライン会議、チャット、レコーディングなどを組み合わせ、主にWeb上でのコミュニケーション・ソフトウェアを提供する。
  • 3/4発表の2020/1期4Q(2019/11-2020/1)は、売上高が前年同期比77.9%増の1.88億USD、純利益が同12.8倍の1,531万USD、Non-GAAPの調整後EPSが同3.8倍の0.15USD。従業員10人超の顧客が同61%増の81,900件、直近1年間で10万USD超を支出した顧客が同86%増の641件と伸びた。
  • 2021/1通期の会社計画は、売上高が9.05-9.15億USD(前期実績:6.22億USD)、調整後EPSが0.42-0.45USD(同:0.35USD)。同社のEric Yuan CEOは、新型コロナウイルス感染拡大により在宅勤務でのテレワークに移行せざるを得ない企業が増えるなか、ビデオ会議ソフトウェアに対する需要が大幅に増加していると語った。業務の生産性向上のため有料アクティブユーザーの増加が見込めよう。
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 第40回 SBI債
  • SBI証券の3つの無料化
  • 株主優待とダブルで楽しめる!?
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.