SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-06-23 19:20:22

マーケット > レポート > 特集レポート > ウクライナ情勢で注目!ロシアの影響が大きいコモディティと関連銘柄

ウクライナ情勢で注目!ロシアの影響が大きいコモディティと関連銘柄

2022/2/16
投資情報部 榮 聡 ・ 李 燕

今回はウクライナ情勢の緊張を背景に価格が上昇しているコモディティに関する資料を作成しました。原油をはじめとして世界の輸出に占めるロシアの比率が高い品目がいくつかあり、ウクライナ侵攻で「経済制裁」となる場合には、供給の不安定化から価格が上昇しやすいとみられます。

図表1 主な言及銘柄

銘柄 株価(2/15) 52週高値 52週安値
エネルギー セレクト セクター SPDR ファンド 68.03ドル 70.50ドル 45.14ドル
iシェアーズ グローバル・エネルギー ETF 33.07ドル 34.13ドル 23.08ドル
シュルンベルジェ 40.09ドル 41.04ドル 24.52ドル
オクシデンタル ペトロリアム 39.85ドル 43.16ドル 21.62ドル
中海油田服務[チャイナ・オイルフィールド] 8.55HKドル 11.44HKドル 5.47HKドル
中国海洋石油[CNOOC] 9.70HKドル 10.60HKドル 7.55HKドル
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

1 ロシアに対する経済制裁の影響が大きいコモディティ

今回はウクライナ情勢の緊張を背景に価格が上昇しているコモディティに関する資料を作成しました。

ロシアがウクライナに侵攻した場合、欧米諸国が「経済制裁」を課すとしています。その場合にコモディティの輸出が多いロシアにとって打撃となる制裁は、これらの輸入制限であると考えられます。

世界の輸出に占めるロシアの比率が高い品目については、供給の不安定化が想定されるため、価格の上昇につながっているとみられます。

そこで、以下の図表を作成しました。短期的な動きはウクライナ情勢次第になるかと思いますが、参考にしていただければ幸いです。

・図表2 世界の輸出に占めるロシアの比率が高い主要品目
・図表3 関連する主要コモディティの値動き
・図表4 関連ETFと米中の関連銘柄

まだ、外交的な努力によってロシアの侵攻が回避される可能性は残っていますが、いまのところ侵攻の可能性は高いと考えられ、それが起こった場合には、ここに取り上げたコモディティの価格は一段高となる可能性があるでしょう。

図表2 世界の輸出に占めるロシアの比率が高い主要品目(%、2020年)

  • 注:原油、ガス、石炭は生産量により、それ以外は輸出金額によります。
  • ※国際貿易センター、ブリティッシュペトロリアム公表資料などのデータをもとにSBI証券が作成

図表3 関連する主要コモディティの値動き

  年初来騰落率(%) 1年騰落率(%)
石炭(先物、ICE) 50.6 142.2
天然ガス(先物、NYM) 23.5 43.3
原油(WTI先物、NYM) 22.6 53.5
パラジウム(先物、NYM) 17.9 -5.6
アルミニウム(先物、LME) 14.8 54.4
ニッケル(先物、LME) 12.6 26.5
プラチナ(先物、NYM) 5.9 -20.0
小麦(先物、CBT) 1.9 18.7
銅(先物、CMX) 1.5 18.2
金(現物) 1.2 3.2
銀(先物、CMX) 0.1 -14.5
  • 注:NYMはニューヨークマーカンタイル取引所、CMXはシカゴマーカンタイル取引所、LMEはロンドン金属取引所、CBTはシカゴ商品取引所、ICEはインターコンチネンタル取引所です。
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

図表4 関連ETFと米中の関連銘柄

コード 銘柄名 事業内容
(ETFの内容)
年初来
騰落率
(%)
コモディティ関連ETF
XLE エネルギー セレクト セクター SPDR ファンド 米国のエネルギーETF 23.9
IXC iシェアーズ グローバル・エネルギー ETF グローバルのエネルギーETF 21.6
IAU iシェアーズ ゴールド・トラスト 金のETF 2.2
SLV iシェアーズ シルバー・トラスト 銀のETF 2.5
GDX ヴァンエック ベクトル 金鉱株ETF 金鉱株のETF 3.3
ERX Direxion デイリー エネルギー株 ブル 2倍 ETF エネルギーブル2倍 51.8
ERY Direxion デイリー エネルギー株 ベア 2倍 ETF エネルギーベア2倍 -36.9
GUSH Direxion デイリー S&P 石油・ガス探鉱・生産 ブル2 倍 ETF 石油生産ブル2倍 31.8
DRIP Direxion デイリー S&P 石油・ガス探鉱・生産 ベア2 倍 ETF 石油生産ベア2倍 -30.1
NUGT Direxion デイリー 金鉱株 ブル2倍 ETF 金鉱株ブル2倍 4.5
DUST Direxion デイリー 金鉱株 ベア2倍 ETF 金鉱株ベア2倍 -11.4
米国個別銘柄
HAL ハリバートン 石油サービス 42.2
SLB シュルンベルジェ 石油サービス 33.9
OXY オクシデンタル ペトロリアム 原油・天然ガス生産 37.5
COP コノコフィリップス 原油・天然ガス生産 24.2
XOM エクソン モービル 総合エネルギー 27.5
CVX シェブロン 総合エネルギー 14.4
MPC マラソン ペトロレアム コーポレーション 石油・ガス精製・販売 22.5
PSX フィリップス 66 石油・ガス精製・販売 22.0
FCX フリーポート マクモラン 銅生産 4.8
NEM ニューモント 金生産 2.0
NUE ニューコア 鉄鋼生産 6.5
中国個別銘柄
02883 中海油田服務[チャイナ・オイルフィールド] 油田サービス 25.2
00883 中国海洋石油[CNOOC] 原油・天然ガス生産 20.8
00857 中国石油天然気[ペトロチャイナ] 原油・天然ガス生産 18.2
00386 中国石油化工[シノペック] 原油・石油製品生産 11.0
01378 中国宏橋[チャイナ・ホンチャオ] アルミニウム生産 27.1
02600 中国アルミ[アルミニウム・オブ・チャイナ] アルミニウム・アルミナ生産 17.6
02899 紫金鉱業[ツージン・マイニング] 金・銅生産 21.1
00358 江西銅業[コウセイコッパー] 銅生産 15.2
00267 中国中信[シティック] 総合資源 13.9
01208 五鉱資源[MMG] 総合資源 13.6
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

注:レバレッジ型・インバース型 ETF等(ETN含む)は、主に短期売買により利益を得ることを目的とした商品です。レバレッジ指標の上昇率・下落率は、2営業日以上の期間の場合、同期間の原指数の上昇率・下落率のレバレッジ倍(又はマイナスのレバレッジ倍)とは通常一致せず、それが長期にわたり継続することにより、期待した投資成果が得られないおそれがあります。

上記の理由から、一般的に長期間の投資には向かず、比較的短期間の市況の値動きを捉えるための投資に向いている金融商品といえます。

投資経験があまりない個人投資家の方が資産形成のためにこうしたETF等を投資対象とする際には、取引の仕組みや内容を十分理解し、取引に伴うリスク・コストを十分に認識することが重要です。レバレッジ型・インバース型 ETF等に係る商品の特性とリスクについてはこちらのリーフレットをあわせてご確認ください。

「レバレッジ型・インバース型 ETF 等に係る商品の特性とリスクについて」

2 ウクライナ情勢

北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大に危機感をもつロシアが、ウクライナのNATO加盟阻止を目指して軍事的圧力をかけていることが、今回の事の発端です。

ウクライナがNATOに加盟した場合、NATO諸国とロシアの間に軍事的な緩衝地帯がなくなり、ロシアの首都モスクワへのミサイル到達時間が数分にまで縮まってしまうことが、ロシアが脅威と感じているポイントです。

このような背景を考慮すると、ウクライナがNATOに加盟しないことを確約しない限り、ロシアによるウクライナ侵攻の可能性は高いと考えられています。

欧米諸国はウクライナ侵攻の場合でも対応として「経済制裁」にしか言及しておらず、ウクライナに対する直接的な軍事支援は行わない見込みであることも侵攻の可能性を高めていると考えられます。

侵攻のタイミングについては、当初中国で冬季オリンピックが開催されている2/20(日)まではないと考えられていました。

しかし、2/11(金)に米国政府がロシアがウクライナ侵攻に十分な兵力を集結させたと発表、ウクライナに滞在する自国民に国外退避を勧告、オリンピック期間中にもロシアによる侵攻の可能性があるとしたことから、一気に警戒が高まりました。

さらに、2/14(月)には、米国政府がウクライナの首都キエフにある米大使館の機能をウクライナ西部のリビウに移転すると発表して、侵攻が間近に迫っていると緊張感が高まりました。

一方、2/15(火)にはロシアのメディアがウクライナ周辺に終結している軍隊の一部が演習を終えて基地への帰還を始めたと報じて、金融市場では緊張緩和に対する期待が高まりました。しかし、同日バイデン大統領は、そのような事実は確認できていないと発言しており、引き続き警戒が続いています。

ロシアのプーチン大統領と欧米諸国首脳との交渉が続いていますが、プーチン大統領はロシアが望む回答が欧米諸国から得られていないと繰り返し発言しており、緊張状態が続いています。

3ご参考:ロシアの貿易プロフィール

ご参考に、ロシアの主な輸出品、輸入品、また、主な輸出先、輸入元のデータを掲載します。輸出品としては、原油・ガスが非常に重要で、輸出先としては、EU、中国の比重が高いことが確認できます。

図表5 ロシアの主な輸出入品目(億ドル、2019年)

輸出品 輸入品
原油 1,222 医薬品 102
原油以外の石油製品 669 自動車部品 88
石炭 160 無線通信機器 86
ガス 95 乗用車 79
小麦 64 自動データ処理装置 65
  • ※世界貿易機関(WTO)のデータをもとにSBI証券が作成

図表6 ロシアの輸出先シェアと輸入元シェア(%、2019年)

  • 注:四捨五入の関係で合計は必ずしも100とはならない場合があります。
  • ※世界貿易機関(WTO)のデータをもとにSBI証券が作成
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【7/17(水)開催:日本株ファンドセミナー】お申し込み受付中!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【SBI証券 FX】米ドル/円や新興国通貨ペアも!7通貨ペアキャッシュバックキャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.