SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-15 10:04:06

マーケット > レポート > 特集レポート > 年初来30%上昇の香港ハンセン指数、何が上がっている?注目の銘柄は?

年初来30%上昇の香港ハンセン指数、何が上がっている?注目の銘柄は?

2017/10/18
投資調査部 榮 聡

香港ハンセン指数が年初来30%上昇と好調で、15年4月の高値をクリアしてチャート面でも注目できそうです。好調の香港株を牽引する業種、上昇をリードしている銘柄を調べてみました。さらに、業績好調銘柄をスクリーニングでリストアップ、注目銘柄をご紹介しています。

図表1:注目銘柄リスト

銘柄 株価(10/16) 52週高値 52週安値
中国アルミ(02600) 7.01HKドル 7.55HKドル 2.84HKドル
テンセント(騰訊)(00700) 354.80HKドル 356.40HKドル 179.60HKドル
永利澳門(01128)[ウィン マカオ] 20.10HKドル 21.75HKドル 11.02HKドル
瑞声科技(02018)[AACテクノロジーズ] 146.40HKドル 147.70HKドル 65.35HKドル
北控水務(00371)[ペキンエンタープライゼス] 6.37HKドル 6.65HKドル 4.80HKドル
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成
1

好調の香港株を牽引する業種とは?

このところ、香港株式市場の好調が目立っています(図表2)。

香港ハンセン指数は中国経済の急減速への懸念と中国本土株市場の急落を受けて15年には比較的大きい調整が入り、16年も年間では横ばいにとどまりましたが、17年は年初から10/16(月)までに30.4%の上昇となっています。

S&P500指数は16年に9.5%上昇、17年は年初来14.2%上昇で、15年末からの上昇は25.1%ですから、15年末を基準とするとS&P500指数を上回るパフォーマンスということになります。また、15年4月末の高値をクリアして、チャート的にも注目されるポイントに到達したと言えそうです。

中国本土株の上海総合指数も堅調に推移していることから、香港市場の好調は継続しそうです。中国本土市場については、10/13(金)掲載の今週の注目ETF「中国党大会接近で注目の中国本土株」もご参照ください。

ところで、好調の香港市場を牽引しているのはどの業種なのでしょうか?実は香港市場には使い勝手のよい業種指数がなく、何が上昇しているのか、傾向がつかみにくくなっています。

そこで今回、当社取扱の香港上場銘柄のうち、10/16(月)時点で時価総額が500億香港ドルを超える157銘柄について、業種ごとに年初来と過去3ヵ月のパフォーマンスを検証してみました。

香港ハンセン指数を上回るパフォーマンスをあげているのは、「不動産」「情報技術」「一般消費財・サービス」「素材」「ヘルスケア」「生活必需品」などであることがわかりました。

「不動産」や自動車銘柄が牽引する「一般消費財・サービス」などは中国市場独自の動きですが、「情報技術」や「素材」などの上昇はグローバル市場と同様の傾向と言えそうです。

基本的にはやはり増収増益で、さらにその予想利益が上方修正されてきた銘柄が素直に買われているようです。

図表2:香港ハンセン指数が好調(月足、10年)

  • ※当社WEBサイトを通じてSBI証券が作成

図表3:香港上場主要銘柄の業種別パフォーマンス

  • 注:当社取扱で時価総額が500億香港ドル(約7,000億円)以上の157銘柄について、業種ごとに騰落率を単純平均したもので、10/16(月)時点です。
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成
2

どんな銘柄が上昇をリードしているのか?

当社取扱で時価総額が500億香港ドル以上の157銘柄について、年初来の株価騰落率の上位銘柄を図表4にランキングしています。

自動車・・・中国の自動車メーカーの多くは16年に動意付き、17年に株価上昇が加速しました。吉利汽車(Geely)(00175)はスウェーデンのボルボ・カーを買収した会社で、電気自動車へのシフトを加速するとして注目されています。さらに、17年5月にはマレーシアのプロトンと同傘下のイギリスのスポーツカーメーカーのロータス・カーズにも出資と、積極的な展開が目立っています。広州汽車(02238)はトヨタ、ホンダとの合弁事業を主力とする会社です。「GS4」「GS8」などのSUVが人気で、17年上期の売上は前年同期比62%増と好調です。ブリリアンス中国(01114)は独BMWの中国合弁企業です。

電子部品・・・舜宇光学(02382)はスマホ用の高性能カメラレンズモジュール、瑞声科技(02018)は音声信号処理の半導体を主力とする企業で、両社とも中国のスマホメーカーの台頭とともに成長しています。BYDエレクトロ(00285)はBYD(01211)の子会社で、スマホモジュール・部品の製造、スマホの設計・組立を行っています。

電池関連・・・洛陽モリブデン(03993)は、リチウムイオン電池の正極材料に使用されるコバルトの世界シェアが高い点が注目されています。比亜迪 (Byd)(01211)は蓄電池とこれを搭載した自動車の製造・販売を行っている企業で、中国政府の電気自動車重視の姿勢から恩恵が期待されています。

不動産開発・・・中国の不動産価格の上昇が続く中、開発用土地の積極的な取得を行ったり、他社の資産を買収した企業が評価される動きとなっています。中国恒大(03333)は中国最大級の不動産開発会社で、中国企業で最大の土地在庫を保有しています。融創中国(Sunac)(01918)は政府からの監視が強まった大連万達グループ(未上場)から440億人民元の資産を取得するなど、積極的な拡大策が評価されています。

都市ガス・・・中国ガス(00384)ENN エナジー(02688)は都市ガスの供給企業です。政府による同業界に対する収益の上限規制が、市場で想定されていたROA(総資産利益率)6%でなく7%となったことで、17年6月から株価が上昇しています。

その他・・・ナインドラゴンズ(02689)は、段ボールなど包装紙の製造を行っている大手企業です。中国政府の環境規制強化によって工場を稼働できない業者が増えて、中国の紙価格が上昇していることから恩恵を受けています。中国アルミ(02600)は、アルミニウム生産の世界大手で、国際的なアルミ市況の上昇から恩恵を受けています。テンセント(騰訊)(00700)は中国のインターネットサービスの大手で高成長が続いており、時価総額で世界トップ10にランクインしたことから、世界的な注目を集めています。シャングリラ(00069)は、アジアなどで「シャングリラホテル」などの高級ホテルチェーンを運営する企業です。

図表4:年初来の株価騰落率上位銘柄

銘柄(コード)

年初来
騰落率
(%)

3ヵ月
騰落率
(%)

株価
(10/16)
(香港ドル)

予想PER
(倍)

時価総額
(億香港ドル)

業種

中国恒大(03333)

515.9

88.1

29.75

11.2

3,908

不動産

融創中国(Sunac)(01918)

476.7

120.4

37.20

42.1

1,541

不動産

BYDエレクトロ(00285)

307.4

38.1

24.85

17.6

560

情報技術

吉利汽車(Geely)(00175)

257.6

42.8

26.50

21.9

2,376

一般消費財・サービス

舜宇光学(02382)[サニーオプチカル]

256.4

62.1

121.00

42.6

1,327

情報技術

カントリガーデン(02007)

190.3

37.3

12.60

14.1

2,689

不動産

洛陽モリブデン(03993)

152.9

29.5

4.78

34.5

1,702

素材

ナインドラゴンズ(02689)

138.1

56.7

16.74

10.7

782

素材

中国ガス(00384)

132.9

25.1

24.50

21.2

1,217

公益事業

中国アルミ(02600)

124.7

64.2

7.19

34.5

1,334

素材

中興通訊( ZTE )(00763)

124.4

61.8

30.25

21.9

1,466

情報技術

広州汽車(02238)

109.8

18.6

19.68

10.8

1,891

一般消費財・サービス

瑞声科技(02018)[AACテクノロジーズ]

102.0

32.7

142.30

27.1

1,739

情報技術

広州R&Fプロ(02777)

97.7

43.3

18.54

6.2

597

不動産

龍湖地産(00960)

96.7

2.5

19.36

9.8

1,142

不動産

ブリリアンス中国(01114)

96.6

30.4

21.00

17.2

1,060

一般消費財・サービス

比亜迪 (Byd)(01211)

90.2

57.6

77.70

37.5

2,159

一般消費財・サービス

テンセント(騰訊)(00700)

86.8

24.4

354.40

44.4

33,664

情報技術

ENN エナジー(02688)

80.7

7.6

57.65

15.3

624

公益事業

シャングリラ(00069)

80.7

16.2

14.78

37.9

529

一般消費財・サービス

  • 注:当社取扱で時価総額が500億香港ドル(約7,000億円)以上の157銘柄を母集団に、年初来の株価騰落率の上位銘柄をリストアップしています。
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成
2

業績好調企業から注目銘柄をご紹介

中国の業績好調銘柄を以下のスクリーニング条件でリストアップして、来期の予想EPS増加率が高い順に並べています(図表5)。ここから5銘柄を選んでご紹介いたします。尚、リスト上位の舜宇光学(02382)[サニー・オプチカル]は、株価が年初来3.5倍になっていることから、今回は見送っています。

【スクリーニング条件】
・当社取扱の香港市場上場企業(1,387社)で、時価総額500億HKドル以上(157社)。
・今期・来期ともEPSが15%以上の増加が予想されている。
・過去4週間、3ヵ月とも今期予想EPSが下方修正されていない。
・実績ROE(株主資本利益率)が10%以上。

中国アルミ(02600)
・中国の大手アルミニウムメーカーです。ボーキサイトを精練してアルミナを生産するほか、アルミナを溶解して一次アルミも生産します。16年の税前利益は、一次アルミが55%、アルミナが24%、トレーディングが20%、エネルギーが1%です。

・アルミニウムの国際市況は、中国のインフラ投資拡大による需要堅調、世界経済の成長率の上方修正、中国の過剰設備の整理に対する期待から、上昇が続いています。中期的には電気自動車の増加による需要拡大も期待されます。17年上半期に中国のアルミニウム消費量は10%増加、アルミニウム価格は20%上昇、同社の売上は83%増加しました。

テンセント(騰訊)(00700)
・中国のインターネットサービス大手です。中国最大のポータルサイト「QQ.com」、インスタントメッセンジャー「QQ」のほか、対話アプリ「微信(ウィーチャット)」、ゲームサイト「騰訊遊戯」、オンライン決済「財付通」、SNS「Qzone」などを展開しています。最近では、スマホによる決済サービス「ウィーチャットペイ」の急拡大も注目されています。

・中国のインターネット市場では、米国のグローバル大手が本格展開していないため、中国内でシェアの高い大企業が育っており、グローバルのオンラインコミュニティセクターでフェイスブックに次ぐ時価総額を誇ります。17年12月期は売上が52%増、営業利益が39%増の見込みで、高成長が続いています。

永利澳門(01128)[ウィン マカオ]
・米国に上場するカジノ大手の一角、ウィンリゾーツ(WYNN)のマカオ子会社で、2006年オープンの「ウィン・マカオ」、16年8月オープンの「ウィン・パレス」を運営しています。

・マカオのカジノ市場は中国政府の「綱紀粛正」で14年から15年にかけて大きく落ち込みましたが、16年夏頃より回復軌道に乗りつつあります。今年中に香港とマカオを繋ぐ橋が開通予定で、観光客の増加による恩恵が期待されます。マカオのカジノ売上高は17年9月までの累計で前年比19%増と好調です。

瑞声科技(02018)[AACテクノロジーズ]
・スマートフォン、ノートPC、タブレットなど携帯機器向けに電子部品を製造・販売する企業です。16年の売上構成は、スピーカーやマイクなど音響関連のダイナミック部品が51%、RF(高周波)およびハプティクス(触覚技術)部品が45%を占めています。

・注目点は、米国の家庭で人工知能を利用した「スマートスピーカー」の普及が進んでいることから、「機械に向かって話しかける」ということがこれから生活の様々な場面に広がる可能性が考えられることです。これを処理するために必要となる半導体への需要は大きく伸びる可能性があって、注目できるでしょう。同社は米国のシーラスロジック(CRUS)とともに音響半導体市場のリーダーであることから、この分野での成長が期待されます。

北控水務(00371)[ペキンエンタープライゼス]
・北京市政府系投資会社の北京控股(00391)が筆頭株主で、下水処理場の建設・運営を中心に水道水供給、技術コンサルティングなどの水関連サービスを展開する会社です。国内24省に加え、ポルトガル、マレーシアでも事業を展開しています。

・中国の16年〜20年の5ヵ年計画では、「国民生活の水準・質の普遍的向上」「生態環境の質の総体的な改善」が重要な目標となっており、環境保護政策の強化が追い風となっています。政府は汚水処理サービスの整備を本格化させ、関連投資は大きく膨らむ見込みで同社は恩恵が期待されます。

図表5:業績好調企業のスクリーニング

 

銘柄(コード)

株価
(10/16)
(香港ドル)

予想
PER
(来期)

EPS
増加率
(今期)

EPS
増加率
(来期)

EPS
修正率
(4週間)

EPS
修正率
(3ヵ月)

ROE
(%)

中国アルミ(02600)

7.19

20.8

780.0

96.0

3.5

2.3

18.5

 

舜宇光学(02382)[サニー・オプチカル]

121.00

35.9

103.7

40.7

1.0

17.3

40.1

テンセント(騰訊)(00700)

354.40

41.2

39.0

27.7

0.6

4.4

15.6

永利澳門(01128)[ウィン・マカオ]

20.35

22.2

156.4

27.6

2.9

4.8

30.3

瑞声科技(02018)[AACテクノロジーズ]

142.30

25.3

35.0

26.9

0.0

1.6

30.7

北控水務(00371)

6.38

11.0

25.8

24.7

0.2

2.4

18.3

 

龍湖地産(00960)[ロンフォー・プロパティーズ]

19.36

9.5

25.4

21.9

0.1

1.7

29.6

 

BYDエレクトロ(00285)

24.85

17.2

115.2

21.2

0.2

24.8

18.7

 

万科企業(02202)

26.85

9.5

25.0

19.4

0.0

2.9

16.2

 

広州R&Fプロ(02777)

18.54

6.2

27.9

19.3

0.3

7.3

21.6

 

中国ガス(00384)

24.50

17.9

33.3

18.7

3.4

6.7

21.9

 

広州汽車(02238)

19.68

10.8

57.2

18.3

1.9

6.9

16.0

 

中国恒大(03333)[チャイナ・エバーグランデ]

29.75

11.3

46.9

17.7

3.2

103.2

14.2

 

世茂不動産(00813)[シマオ・プロパティ]

17.46

7.0

16.0

17.5

0.1

5.1

16.3

  • 注:当社取扱で時価総額が500億香港ドル(約7,000億円)以上の157銘柄を母集団としています。
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.