SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 16:18:15

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “相場のトレンド転換には留意を!”

“相場のトレンド転換には留意を!”

2017/05/30
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“相場のトレンド転換には留意を!”

  • トランプ陣営のロシア関連疑惑、弱い米経済指標、英国の自爆テロや北朝鮮のミサイル発射・核問題などネガティブ材料に事欠かないが、株価上昇が続いている。5/26時点で、S&P500は7営業日続伸とナスダックとともに最高値を更新し、NYダウも21,000ドル台に乗せ3/1の最高値21,115.55ドル(終値)に迫った。
    6月利上げはほぼ確実視されているが、その後の利上げやFRBのバランスシート縮小など金融正常化のペースが緩やかになることをマーケットは織り込んでいるものと思われる。6月以降の金融政策は今後の経済指標次第で従来のシナリオが変更となる可能性もあろう。
  • 5/24公表の5月分FOMC議事録では、FOMCメンバーが総じて「最近の経済指標の弱含みが一時的とのさらなる証拠を待つのが賢明」と判断していることが確認された。好調が続いた新車販売は販売奨励金による値下げ競争が激化している一方、今年の1、2月までの年率換算1,700万台から3月以降は1,600万台水準に落ち込んでいる。ISM製造業景況指数は年初来55を超える強い数字であったが、4月に54.8に低下し5月は54.6が見込まれている。5月の雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比18.5万人増(4月は同21.1万人増)、失業率が4.4%(4月も4.4%)と良好な見通しだが、平均時給は前年同月比2.6%増(4月は同2.5%増)と昨年12月の同2.9%増をピークに低下基調にある。また、予算教書で示された2020年までに成長率3%に加速との想定に市場は懐疑的である。FRBやエコノミストの予想はトランプ政権の見通しを大きく下回っている。
    6月月初の重要経済指標次第の面もあろうが、上昇が続いた株式市場は短期的に一服となる可能性があると見る。トランプ大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問のロシア関連の疑惑浮上は、トランプ大統領の外遊先からの帰国も相まってトランプ陣営へのロシア関連疑惑への注目が強まり、相場の重石となる可能性もあろう。相場トレンドの転換には留意したい。個別には株価が大台の1,000ドルを目前に足踏みのアルファベット(GOOGL)やソフトバンクグループ(9984)による更なる出資引き上げ検討が報じられ、改めて注目度が高まる可能性のあるエヌビディア(NVDA)などに評価余地があると見ている。(庵原)
  • 5/30号ではキャタピラー(CAT)コストコホールセール(COST)アルファベット(GOOGL)エヌビディア(NVDA)プライスライン(PCLN)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(5/26現在)

主要企業の決算発表予定

5月30日(火)ワークデイ
5月31日(水)アナログ・デバイセズ
6月1日(木) アバクロンビー&フィッチ

主要イベントの予定

30日(火)
  • 4月の個人所得・支出
  • S&P・コアロジック/ケース・シラー都市住宅価格指数
31日(水)
  • 4月の中古住宅販売成約指数
  • 地区連銀経済報告(ベージュブック)
  • 中国5月の製造業PMI
6月1日(木)
  • 5月のADP雇用統計
  • 5月のISM製造業景況指数
  • 5月の自動車販売
  • EU・中国首脳会議(ブリュッセル、6/2まで)
  • 中国5月の財新製造業PMI
6月2日(金)
  • 5月の雇用統計
  • 4月の貿易統計
6月5日(月)
  • 5月のISM非製造業PMI
  • 4月の製造業受注
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1925年に設立。産業用ガスタービンエンジン分野で世界最大手のメーカー。建設、鉱業、農業、林業向け機械の設計・製造・販売を行うほか、エンジンや部品も製造する。
  • 2017/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比3.8%増の98.22億USDとなった。主力の建機販売はアジア太平洋や南米が好調に伸びた。また、オーストラリアの鉱山会社へのアフターマーケット部品の販売も好調だった。営業関連コストが嵩んでおり、純利益が同29.2%減の1.92億USDだった。ただ、調整後EPSは1.280USDと市場予想の0.624USDを上回った。
  • 2017/12通期会社計画は売上高が従来予想の375億USD から395億USDへ、EPSが従来予想の2.10USDから3.75USDに引き上げた。通期市場予想は売上高が前期比4.5%増の402.59億USD、純利益が17.39億USDと前期の▲6,700万USDから黒字に転じる見通し。(袁)
  • 1983年設立の会員制倉庫型卸売・小売会社。食品、自動車用品、玩具、ハードウェア、スポーツ用品、宝石類、電子機器、衣料品、ヘルスケア、化粧品など幅広い品目を販売する。
  • 2017/8期3Q(3-5月)は、売上高が前年同期比7.8%増の288.60億USD、販売収入が同7.9%増の282.16億USD、会員費収入が同4.2%増の6.44億USDとなった。また、純利益は同28.4%増の7億USDとなった。調整後EPSは1.401USD と市場予想の1.342USD を上回った。既存店売上高は同5%増となった。主力の米国は同6%増、カナダやその他海外も伸びた。
  • 2017/5末、同社は主力の米州で米国とプエルトリコ510店、カナダ95店、メキシコ37店と全体で前年同期比27店増の732店舗となり、世界での展開が拡大している。通期の市場予想は売上高が前期比7.6%増の1,277.88億USD、純利益が同11.4%増の26.18億USDである。(袁)
  • 1998年創業のインターネット検索最大手グーグルなどを傘下として2015/10に設立された持ち株会社。ウェブベースの検索、表示広告、デスクトップとハードウェア製品などを提供する。
  • 2017/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比22.2%増の247.5億USD、純利益が同29.0%増の54.26億USDとなった。調整後EPSは7.730USDと市場予想の7.417USDを上回った。主力の広告事業がスマホなどモバイル向けを中心に伸びた。広告収入は同19.0%増と前期の伸びから加速した。また、注力している企業向けクラウドサービスの「グーグル・クラウド・プラットフォーム」や自社ブランドのスマホ「ピクセル」を含む非広告事業も2桁増収と好調だった。
  • 同社傘下の自動運転技術を開発する会社「ウェイモ」は、アリゾナ州の数百世帯に対し自動運転車による移動サービスの試験を開始。動向に注目したい。2017/12通期の市場予想は売上高が前期比1.0%減の893.53億USD、純利益が同20.6%増の234.86億USDである。(袁)
  • 1993年設立の半導体大手。画像処理(GPU)半導体、コンピュータのグラフィックス処理や演算処理を高速化するグラフィックスプロセッサーと関連ソフトウェアの設計・開発・販売を行う。
  • 2018/1期1Q(2-4月)は、売上高が前年同期比48.4%増の19.37億USD、純利益が2.4倍の5.07億USDとなった。調整後EPSは0.850USDと市場予想の0.811USDを上回った。5事業のうち4事業が増収。主力のゲーム機器向けは同49.5%増収と全体を牽引し、クラウドコンピューティングの普及で需要が高まっているデータセンター向けの売上高が同2.9倍と拡大した。
  • 新聞報道によれば、ソフトバンク(9984)はエヌビディアの株式40億USD相当を買い、第4位の大株主に浮上した模様。2018/1期2Q(5-7月)の会社計画は、売上高が前年同期比33-39%増の19.11-19.89億USD、売上高総利益率の中央値が58.4%である。通期の市場予想は売上高が前期比19.2%増の82.33億USD、純利益が同18.1%増の19.67億USDである。(袁)
  • 1997年に創業したインターネット旅行会社。世界中の旅行サービス・プロバイダーを通じて予約ができるプラットフォームを取り扱う。宿泊予約、航空券、旅行パッケージ商品を提供。
  • 2017/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比12.6%増の24.19億USD、純利益が同21.7%増の4.55億USDとなった。調整後EPSは9.880USDと市場予想の8.833USDを上回った。本業の旅行予約サイトの運営は好調で、取扱額は同24.0%増となった。また、広告やその他収入が同7.9%増と堅調に推移した。顧客が予約したホテルの宿泊数は同27.4%増の1 億7,390 万泊と大きく伸びたほか、レンタカーの貸出日数が同14.8%増の1,860 万日と好調だった。
  • 2017/12期2Q(4-6月)の会社計画は、予約宿泊数が前年同期比20-25%増、取扱額が同12-17%増、為替変動の影響を除くベースの取扱額は同15-20%増である。また、2Qの粗利益が同14-19%増、EPSが12.55-13.25USDの見通しである。通期の市場予想は、売上高が前期比15.2%増の123.75億USD、純利益が同62.5%増の34.69億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.