SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 10:28:02

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “イベント一巡、高値圏推移も中国動向に留意!”

“イベント一巡、高値圏推移も中国動向に留意!”

2017/05/09
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“イベント一巡、高値圏推移も中国動向に留意!”

  • 北朝鮮を巡る地政学的リスクに落ち着きが見られ、フランス大統領選は事前予想通りの結果となり、当面の不確実性要因が払拭された。トランプ大統領は北朝鮮との対話の可能性についてBloombergのインタビューで言及している。
    5/5に発表された4月の雇用統計では平均時給の伸びは鈍化したが、非農業部門雇用者数が前月比21.1万人増と3月の同7.9万人増(速報値は同9.8万人増)から大幅に改善したこともあり、投資家のセンチメントは好転。5/5終値で、NYダウが3/1の最高値21,115.55ドルに迫る21,000ドル台に再び乗せ、S&P500、ナスダックは最高値を更新するなど主要3指数は上昇基調にある。
  • 業種別にはハイテク、金融、消費関連、運輸などが高い。ハイテクでは発売10周年を迎え今秋販売予定の次世代iPhoneの期待が高まるアップル(AAPL)、半導体製造装置関連のラムリサーチ(LRCX)アプライド・マテリアルズ(AMAT)KLAテンコール(KLAC)などの株価が上昇。金融はオバマケア代替法案が下院で可決されたことで保険が上昇し、長期金利上昇などから銀行も買われた。ただ、下院を通過した同代替法案だが、上院での審議では難航が予想されており、保険セクターの株価動向には注意が必要であろう。消費関連ではヤム・ブランズ(YUM)マクドナルド(MCD)の好業績が好感され、化粧品小売チェーンのアルタ・ビューティ(ULTA)も上昇。運輸関連ではユナイテッド・コンチネンタルHD(UAL)デルタ航空(DAL)など航空会社が大幅高となった。
    Bloombergの集計によれば、5/5現在、S&P500構成企業のうち414社が2017/12期1Q(1-3月)の決算を発表し、304社(73.4%)が市場予想のEPSを上回った。実績を含めた増益率予想は前年同期比19.0%増と、好調ぶりが窺える。エネルギー、半導体やソフトウェア・サービスなどのハイテク、外食などの消費者サービスといったセクターが牽引役となっており、増益率を高めている。決算発表やビッグイベントがほぼ一巡し、注目ポイントは6月の金融政策(FOMC)に移りつつある。5/5現在、FF金利先物からみた利上げ確率は100%で、長期金利は緩やかに上昇している。米国株は引き続き高値圏での推移を見込むが、金融規制強化に伴い中国株が下落しており動向には留意したい。(庵原)
  • 5/9号ではアップル(AAPL)フェイスブック(FB)KLAテンコール(KLAC)メルク(MRK)テスラ・モーターズ(TSLA)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(5/5現在)

主要企業の決算発表予定

5月9日(火)エヌビディア、アラガン、ウォルト・ディズニー、EA、プライスライン
10日(水)ホールフーズ・マーケット、シマンテック、ING
11日(木) マグナ・インターナショナル、メーシーズ
12日(金)アルセロール・ミタル

主要イベントの予定

5月9日(火)
  • 3月の求人労働異動調査
  • 3月の卸売在庫(確定値)
10日(水)
  • 4月の輸入物価指数
  • 4月の月次財政収支
  • ドラギECB総裁、オランダ議会で証言
11日(木)
  • 新規失業保険申請件数(5/6終了週)
  • 4月の生産者物価指数(PPI)
  • G7財務相・中央銀行総裁会議
  • EU春季経済予測発表
12日(金)
  • 4月の消費者物価指数(CPI)
  • 4月の小売売上高
  • 5月のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
15日(月)
  • 5月のNY連銀製造業景気指数
  • 5月のNAHB住宅市場指数
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1974年にコンピュータの製造で創業。現在はiPhone、iPod、iPad、パソコンのMacなどを主力製品として世界に展開している。また、ソフトウェアの開発、周辺機器の製造も手掛ける。
  • 2017/9期2Q(1-3月)は、売上高が前年同期比4.6%増の528.96億USD、純利益が同4.9%増の110.29億USDとなった。調整後EPSは2.100USDと市場予想の2.022USDを上回った。主力のiPhoneの販売台数は1%減となったが、iPhoneの大画面モデルの比率が高まり平均単価の上昇も寄与した。また、アプリやクラウドサービスのサービス事業は同2桁増収となった。
  • 2017/9期3Q(4-6月)会社計画の売上高は、435億-455億USDである。また、同社は2019/3通期まで2,100億USDの自社株購入枠を設定すると発表した。通期の市場予想は売上高が前期比5.5%増の2,276億USD、純利益が同3.0%増の470.60億USDである。(袁)
  • 2004年にマーク・ザッカーバーグCEO ら当時ハーバード大学の学生がサービスを開始。無料の登録制SNSで、13歳以上が登録できる。ソーシャルネットワーク・ウェブサイトを運営し、スマホやPCによりユーザー間で情報、写真、ビデオなどを共有できるサービスを提供する。
  • 2017/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比49.2%増の80.32億USD、純利益が同76.6%増の30.59億USDとなった。調整後EPSは1.304USDと市場予想の1.117USDを上回った。動画広告や携帯端末向け広告が伸び、収益を押し上げた。従業員、研究開発費やマーケティング費用は膨らんだが、増収で吸収した。主力の広告収入は同49.5%増の80.32億USDと好調。2017/3末の月間利用者数は前年比17.0%増の19.4億人と20億人の大台に迫っている。
  • 同社は、実世界にバーチャルなアイテムを重ね合わせる機能について、眼鏡型AR(拡張現実)端末で技術的に可能になるのを待つのではなく、スマホのカメラを活用する方針を示しており、ARの拡充策に注力している模様。2017/12通期の市場予想は売上高が前期比38.5%増の382.81億USD、純利益が同36.6%増の139.20億USDである。(袁)
  • 1997年設立、半導体の生産管理・工程監視システムメーカー。回路製造における製品とプロセスの分析に使用され、製造上の問題発見のためのフィードバックを提供している。
  • 2017/6期3Q(1-3月)は、売上高が前年同期比28.3%増の9.13億USD、純利益が同44.3%増の2.53億USDと増収増益になった。調整後EPSは1.620USDと市場予想の1.552USDを上回った。2セグメントはともに増収。主力の製品販売が同35.9%増の7.21億USDと全体の78.9%を占めている。主力の半導体生産向け欠陥検査装置と計測装置などの販売は堅調に伸びた。半導体生産の生産システムに関するサービスは同5.9%増収の1.93億USDとなった。
  • 税引前利益率はコスト抑制もあり同5.4ポイント改善の34.9%。2017/6通期の市場予想は、売上高が前期比15.6%増の34.51億USD、純利益が同29.3%増の9.11億USDである。(袁)
  • 1891年設立の大手医薬品メーカー。主要製品は、高脂コレステロール治療薬、脱毛症治療薬、骨粗しょう症予防薬、高血圧治療薬、アレルギー性鼻炎薬などがある。
  • 2017/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比1.3%増の94.34億USD、純利益が同37.9%増の15.51億USDとなった。調整後EPSは0.880USDと市場予想の0.832USDを上回った。糖尿病治療薬の販売は落ち込んでいたが、がん治療薬「キイトルーダ」や動物医薬品の販売が好調で減収分を補った。また、事業買収などのコストが減少したことも純利益に寄与した。
  • 2017/12通期の会社計画売上高は、従来予想の386億-401億USDから391億-403億USDへ、EPSを従来予想の3.72-3.87USDから3.76-3.88USDに上方修正した。通期の市場予想は売上高がほぼ前期並みの398.20億USD、純利益がほぼ2倍の78.10億USDである。(袁)
  • 2003年設立の自動車会社。電気自動車および電気自動車パワートレイン部品の設計、製造、販売を手掛ける。独自の販売網を保有し部品を他の自動車製造会社に販売している。
  • 2017/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比2.4倍の26.96億USD、純利益が▲3.97億USDと前年同期の▲2.82億USDから赤字拡大。調整後EPSは▲1.330USDと市場予想の▲0.816USD に比べ赤字幅は大きかった。主力の自動車「Model S」と「Model X」の受注台数が2万5,051台と四半期として過去最多となった。買収した太陽電池会社も業績に寄与した。
  • 2017年上半期の会社生産目標で「Model S」と「Model X」合わせて4.7万-5万台と従来予想を据え置いた。また、普及車「Model 3」の生産を7月から開始し、9月から本格化する計画。2017年末までには納車できる見込み。2017/12通期の会社計画は売上高が前期比65.5%増の115.84億USD、純利益が▲14.05億USDと前期の▲6.74億USDから赤字拡大である。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.