SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-22 02:46:29

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “大統領選挙を控える中、消費と原油安関連に注目!”

“大統領選挙を控える中、消費と原油安関連に注目!”

2016/11/08
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“大統領選挙を控える中、消費と原油安関連に注目!”

  • 過去5営業日、主要3指数が大幅に下落。NYダウ▲1.50%、S&P500種株価指数▲1.94%、ナスダック総合指数▲2.77%と下げ幅が大きかった。良好なGDP(速報値)、個人消費やISM製造業景況感指数など重要な経済指標が株式市場を支える材料となったが、ヒラリー・クリントン氏に対する私的な電子メール・サーバーの使用問題をめぐり、米連邦捜査局(FBI)の調査が再開し、リスク回避的な姿勢が強まった。また、ファイザー(PFE)フェイスブック(FB)など一部主要企業の決算に対する失望が相次いで株式に重しとなった。
    11/8の大統領選挙を控え、11/4時点で投資家心理を示すVIX 指数が9日上昇の22.51と投資家の不安心理が高まった状態とされる20を上回り、ドルインデックスが4日連続の下落となった。一方、クリントン氏に対する電子メール問題についてFBI長官が米議員に送った書簡で犯罪に当たらないと示された。足元の世論調査からクリントン氏勝利の確率が高まり、大統領選挙への警戒感がいったん後退し、ドルの買戻しが加速しそうだ。大統領選挙が盛り上がっており、ニュース局「CNN」を運営するタイムワーナー(TWX)に注目したい。
    経済の拡大で年内利上げの根拠が一段と強まっていると見られ、12月の利上げ確率は10/28時点の69.2%から11/4時点の76.0%に上昇。(1)7-9月期のGDP(速報値)は前年同期比2.9%増とここ2年で最大の伸び。経済の約7割を占める個人消費は同2.1%増、企業の設備投資は1.2%増、大豆の輸出増により輸出も加速。(2)9月の米個人消費支出がここ3ヵ月で最大の伸び。(3)10月のISM 製造業が51.9と市場予想の51.7を上回った。(4)10月の非農業部門の雇用者数が前月比16.1万人増と市場予想の17.5万人増を下回ったが、8-9月分が上方修正された。失業率が4.9%と低下したうえ、賃金の伸びも加速。
    景気回復の加速を背景に、アマゾン(AMZN)など国内消費関連のほか、好決算を発表したスターバックス(SBUX)にも注目したい。また、11/30のOPEC総会は減産合意に対して懐疑的な見方が強まる中、原油の売り圧力が高まっており、フェデックス(FDX)サウスウェスト航空(LUV)などの運輸関連、デュポン(DD)など化学関連の株価動向にも注目したい。(袁)
  • 11/8号ではアリババ(BABA)バイオジェン(BIIB)クアルコム(QCOM)スターバックス(SBUX)タイムワーナー(TWX)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(11/4現在)

主要企業の決算発表予定

11月8日(火) クレディ・アグリコル、アルセロール・ミタル
9日(水) バーバリー
10日(木) ディズニー、シーメンス
11日(金) アリアンツ

主要イベントの予定

11月8日(火)
  • 大統領選挙、議会選挙(上院の3分の1と下院全議席)
  • 中国10月の貿易収支
  • EU財務相理事会
9日(水)
  • MBA住宅ローン申請指数
  • 欧州委員会、経済見通し発表
  • 中国10月の消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)
10日(木)
  • 新規失業保険申請件数(11/5終了週)
  • 10月の月次財政収支
  • 中国経済全体のファイナンス規模、新規融資などの発表(10/15まで)
11日(金)
  • 11月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)
  • ベテランズデーの祝日、債券市場は休場(株は通常通り)
  • 中国の独身者の日
14日(月)
  • 日本7-9月期のGDP(速値)報
  • 中国10月の鉱工業生産、小売売上高
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1999年に創業。中国の中小企業や個人にビジネスプラットホームを提供する事業を足掛かりに、国際市場向けB2B サイトの運営、オンライン決済、ネット広告などを提供している。
  • 2017/3期2Q(7-9月)は売上高が前年同期比54.7%増の342.92億RMB、営業利益が同41.4%増の90.45億RMBとなった。前年同期に計上した投資収益が目減りした結果で純利益が同66.5%減の76.23億RMBとなった。ただ、調整後EPSは5.26RMBと市場予想の4.69RMBを上回った。主力のネット通販が前年同期に比べて2桁増収の284.93億RMBとなったほか、デジタルメディア・娯楽事業やクラウドサービス事業が何れも好調に推移した。また、2016/9末時点のアクティブユーザー数は前年同期を14.0%上回る4.39億人となった。
  • タイ最大財閥チャロン・ポカパン・グループと電子決済分野での提携を発表、同社の電子決済サービス「アリペイ」の東南アジアでの拡大を狙っている。2017/3通期の市場予想は売上高が前期比51.3%増の1,530.69億RMB、営業利益が同45.1%増の422.24億RMBである。(袁)
  • 1978年設立したバイオ製薬大手会社。神経学、腫瘍学、免疫学を中心として新薬の開発および製造を手掛ける。製品は、多発性硬化症、関節リウマチ、乾癬などの疾患を対象とする。
  • 2016/12 期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比6.4%増の29.55億USD、純利益が同7.0%増の10.32億USDとなった。調整後EPSは5.190USDと市場予想の4.967USDを上回った。抗CD20療法のプログラムは減収だったが、治療薬製品別の3セグメントは全て増収。中核の多発性硬化症治療薬「TECFIDERA」が同10.3%増収、血友病治療薬が同38.8%増収となった。
  • 血友病治療薬セグメントを子会社化すると表明。また、3.48億USDに相当する110万株の自社株買いを実施しており、株主還元で株価動向に注目したい。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比6.9%増の115.09億USD、純利益が同11.9%増の39.69億USDである。(袁)
  • 1985年設立、通信技術および半導体の設計開発を行う企業。自社開発の符号分割多重接続(CDMA)と直交周波数分割多重接続(OFDMA)の知的財産をライセンス供与する。また、CDMAベースの集積回路、ワイヤレス ・コンテンツ用ソフトウエアの生産も手掛ける。
  • 2016/9期4Q(7-9月)は売上高が前年同期比13.3%増の61.84億USD、純利益が同50.7%増の15.99億USDとなった。調整後EPSは1.28USDと市場予想の1.13USDを上回った。設備やサービスが同14.8%増収の41.56億USD。また、主なチップや技術の供給先である中国ではスマホメーカー向けの販売が好調でライセンス収入が同10.4%増の20.28億USDとなった。
  • 2017/9期1Q(10-12月)の会社予想は、顧客である韓国サムスンのスマホ発火を受けて売上高を前年同期比1%減-13%増に設定。同社は自動車業界向けの半導体製造最大手であるオランダのNXPセミコンダクターズを買収、買収額が470億USD相当。急成長する自動車の電子機器市場への参入加速とスマホ市場への依存軽減を狙っている。通期の市場予想は売上高が前期比1.8%増239.76億USD、純利益が同2.9%増の58.71億USDである。(袁)
  • 1971年にシアトルで開業した世界最大のコーヒーチェーン店。自社ブランドコーヒーの販売を中心に小売店を運営。カタログ販売、スーパー、ネットを通じた販売も行っている。
  • 2016/9期4Q(7-9月)は売上高が前年同期比16.2%増の57.11億USD、純利益が同22.8%増の8.01億USDとなった。調整後EPSは0.560USDと市場予想の0.548USDを上回った。デジタル注文や新たなロイヤルティー・プログラムが売上高を押し上げた。既存店売上高は世界全体で4%増となった。そのうち主力の米州が5%増、中国が6%増と何れも堅調に推移した。
  • 2017/9通期の会社計画は世界の既存店売上高の伸び率が1桁半ば、増収率が2桁の水準、EPSが2.09-2.11USDである。また、2017年の世界の新規出店数計画が約2,100店舗、出店の拡大による今後の収益動向に注目したい。通期の市場予想は売上高が前期比8.3%増の230.92億USD、純利益が同11.2%増の31.34億USDである。(袁)
  • 1990年設立の総合メディア・エンターテインメント企業。番組制作をはじめ、映画、テレビ、ホームビデオを製作・供給するほか、ケーブルテレビ、ネットワークと雑誌出版も手掛ける。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比9.2%増の71.67億USD、純利益が同41.7%増の14.67億USDとなった。調整後EPSは1.550USDと市場予想の1.366USDを大幅に上回った。3部門全て増収となった。映画「スーサイド・スクワット」が大ヒットとなったほか、米大統領選挙の盛り上がりで傘下のニュース専門局「CNN」の視聴率も上がった。
  • 同社が通信のAT&T(T)に854億USDで買収され、2017年末の取引完了を予定。2016/12通期の会社計画はEPSが5.45-5.55USDと従来予想からに引き上げた。通期の市場予想は売上高が前期比3.5%増の291.05億USD、純利益が同16.4%増の44.60億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.