SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 02:03:49

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “GDPの予想下振れも株式市場は底堅い展開へ!”

“GDPの予想下振れも株式市場は底堅い展開へ!”

2016/08/02
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“GDPの予想下振れも株式市場は底堅い展開へ!”

  • FOMC、2016/4-6月期のGDP成長率と注目されたビッグイベントを挟み、NYダウは7/29現在、5営業日続落である。一方で、ナスダックは4日、S&P500種株価指数は2日、それぞれ続伸となっている。
    7/26-27のFOMCで、大方の予想通りFRBは利上げを見送り、“Near-term risks to the economic outlook have diminished.”と声明で「短期的な経済見通しへのリスクは低下した」と指摘。力強さが増す労働市場、緩やかに拡大する経済活動、家計支出の力強い伸びなどを指摘した。しかし一方で、企業の設備投資の弱さやFOMCが引き続き物価指標(目標の2%を下回る推移)及び世界経済と金融市場の動向を注視することなどにも言及。前月比1.1万人増(発表時3.8万人増)と5月分が急減した非農業部門雇用者数は、6月分が同28.7万人増と回復したことなどを背景にやや強気な表現も見られたが、強弱入り乱れた声明文からマーケットはやや方向感に欠ける展開となった。
  • 7/29に発表された4-6月期GDP成長率は、前期比年率1.2%増と市場予想の同2.5%増を大きく下振れた。また、1-3月期は従来発表の同1.1%増から同0.8%増へ下方修正された。約7割を占める個人消費が前期比年率4.2%増と力強い伸びを示したが、企業の設備投資が大幅に落ち込み、民間投資は同9.7%減と大きな下押し圧力となっている。大統領選挙を控え、経済政策の先行き不透明感もあり、企業は投資を控えている面もあると思われる。7-9月期の市場予想は同1.8%増と成長加速との見方だが、2016年通年で前期比1.9%増と、上方修正された2015年の同2.6%増から鈍化する見通しである。
    ただ、株式市場は総じて底堅い展開になっていると言えよう。半導体やインターネット関連の主力企業の相次ぐ好決算、長期債利回り低下も下支え要因となり高値圏での推移となっている。年内利上げ観測はやや後退し、1.3%台への低下から1.6%近辺まで上昇していた10年国債利回りは、足元で1.4%台に再び低下している。短期的には7月の雇用統計など月初の重要経済指標の発表を控え、小動きの展開を予想するが、消費関連やインターネット関連のほか、製薬や半導体など好業績が確認された銘柄に注目したい。(庵原)
  •  8/2号ではアマゾン・ドット・コム(AMZN)フェイスブック(FB)メルク(MRK)ナイキ(NKE)テキサス・インスツルメンツ(TXN)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

■S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(7/29現在)

主要企業の決算発表予定

8月2日(火)ファイザー、P&G
3日(水)タイム・ワーナー、テスラ、メットライフ、HSBC
4日(木)シマンテック、クラフト・ハインツ、シーメンス
5日(金)アリアンツ、RBS

主要イベントの予定

8月2日(火)
  • 6月の個人消費支出
  • 6月の個人所得
  • 7月の新車販売台数
3日(水)
  • MBA住宅ローン申請指数
  • 7月のADP雇用統計
  • 7月のISM非製造業景況指数
4日(木)
  • 新規失業保険申請件数(7/30終了週)
  • 6月の耐久財受注
5日(金)
  • 6月の貿易収支
  • 7月の雇用統計、失業率
  • 6月の消費者信用残高
  • 第31回夏季五輪リオデジャネイロ大会(8/21まで)
8日(月)
  • 労働市場情勢指数(LMCI)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1994年設立のオンライン販売会社。書籍、音楽関連、PC、電子機器、家庭や庭園向け雑貨、食品、ファッション関連などを販売。2007年よりキンドル(電子書籍端末)を発売している。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比31.3%増の304.04億USD、純利益が同9.3倍の8.57億USDと過去最高益を更新し、5四半期連続の黒字となった。調整後EPSは1.780USDと市場予想の1.119USDを大幅に上回った。主力のネット通販事業は北米・北米以外の地域が全て好調となったほか、利益率の高いクラウドサービス「AWS」事業も好調に推移。「AWS」事業の売上高は同58.2%増の28.9億USDとなり、全体の売上高の9.5%を占めた。
  • 同社は2016/12期3Q(7-9月)の売上高を310億-335億USDと発表、レンジの中央値が市場予想の316億USDを上回った。通期の市場予想は売上高が前期比27.6%増の1,365.04億USD、純利益が同4.7倍の27.95億USDである。(袁)
  • 2004年にマーク・ザッカーバーグCEO ら当時ハーバード大学の学生がサービスを開始。無料の登録制SNS で、13歳以上が登録できる。ソーシャルネットワーク・ウェブサイトを運営し、スマホやPCによりユーザー間で情報、写真、ビデオなどを共有できるサービスを提供。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比59.2%増の64.36億USD、純利益が同2.9倍の20.48億USDと何れも過去最高を更新。調整後EPSは0.970USDと市場予想の0.824USDを上回った。主力の広告収入は同63%増の62.4億USDと好調。特に、モバイル広告の全体に占める比率は84%と前年同期の76%から上昇。2016/6末の月間利用者数は前年比14.8%増の17.12億人。人工知能(AI)や仮想現実(VR)などの研究開発費を増やしている。
  • 同社は開発中のドローン「Aquila」の初の飛行テストに成功したと発表。太陽光パネルと蓄電池を搭載している「Aquila」を介してインターネットに接続できない地域に飛行させ、レーザー光やミリ波による高速データ通信のアクセスの提供を目指している。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比50.7%増の270.22億USD、純利益が同2.3倍の83.93億USDである。(袁)
  • 1891年設立の大手医薬品メーカー。主要製品は、高脂コレステロール治療薬、脱毛症治療薬、骨粗しょう症予防薬、高血圧治療薬、アレルギー性鼻炎薬などがある。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比1%増の98.44億USD、純利益が同75.4%増の12.05億USDとなった。調整後EPSは0.930USDと市場予想の0.911USDを上回った。糖尿病治療薬「ジャヌビア」、がん治療薬「キートルーダ」の売上高が順調に伸びた。
  • 同社は、ブラジルの動物向け医薬品大手「Vallee」株式の93%を4億USDで取得すると発表した。中南米地域の現地大手企業の買収で同地域の家畜向けワクチンなど関連市場の需要を取り込む計画。2016/12通期の会社予想は、EPSが3.67-3.77USDと従来予想の3.65-3.77USDから下限を引き上げた。通期の市場予想は売上高が前期並みの395.42億USD、純利益が同36.8%増の60.76億USDである。(袁)
  • 1968年創業のスポーツ関連商品を扱う世界最大手。スニーカーやスポーツウエアなどの主力製品を中心に、トレーニング用品、アクセサリーのデザイン、開発、販売を手掛けている。
  • 2016/5期4Q(3-5月)は売上高が前年同期比6%増の82.44億USDと増収を確保した。北米事業は低調に推移したものの、中国、日本など海外事業が好調で全体の売上高を押し上げた。一方、販売コストや税金など費用の増加が利益を押し下げて、純利益は同2.2%減の8.46億USDとなった。調整後EPSは0.490USD と市場予想の0.480USDを上回った。主力のスポーツシューズは同6.3%増収、アパレルの販売も同4%増収と順調に推移した。
  • 売上高の先行指標となる世界の受注(2016/6-2016/11の靴と衣料品の出荷見通し)は為替変動の影響を除き、前年同期比11%増と需要の拡大が示された。2017/5通期の市場予想は売上高が前期比8.6%増の351.48億USD、純利益が同9.1%増の41.01億USDである。(袁)
  • 1930年設立、アナログ半導体を製造する世界最大手。主にアナログIC、マイクロコントローラを開発・製造している。また、電子機器、デジタル情報家電、ワイヤレスなどの製造も行う。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比1.3%増の32.73億USD、純利益が同11.9%増の7.79億USDとなった。調整後EPSは0.760USDと市場予想の0.725USDを上回った。家電向け半導体の需要が減少したものの、自動車向け半導体の販売は引続き好調に推移した。また、産業機械や通信設備向け製品の販売も順調に伸びた。
  • 2016/12期3Q(7-9月)の会社予想は自動車や産業機械向けの受注が拡大する見通しで、売上高が33.4-36.2億USD、EPSが0.81-0.91USDとレンジ中央値が市場予想を上回った。通期の市場予想は売上高が前期比並の130.34億USD、純利益が同4.9%増の31.32億USD。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.