SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-15 22:30:39

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “大統領選、英EU離脱の是非の行方とマーケット動向”

“大統領選、英EU離脱の是非の行方とマーケット動向”

2016/06/14
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“大統領選、英EU離脱の是非の行方とマーケット動向”

  • またもや銃社会米国で悲劇が起きた。穏やかな気候、ディズニー・リゾートやユニバーサル・スタジオを有し、全米屈指の観光・保養都市であるフロリダ州・オーランドで起きた史上最悪の無差別殺人。「イスラム国」(IS)に忠誠を誓った容疑者の犯行をオバマ米大統領は「テロ行為」と断定した。この事件には、銃規制のあり方、テロリズムへの対策、性的少数者(LGBT)やイスラム教徒などマイノリティへの差別や偏見、など多くの問題をはらんでいる。
    大統領選で共和党の指名を得たドナルド・トランプ候補は、オバマ大統領が「イスラム過激派」という言葉を使わなかったことを批判し、大統領の辞任を要求。また、「(2001年の)米同時テロ以降、数百人の移民と子供たちが米国内でテロに関与した」とし、イスラム教徒の入国禁止政策の必要性を改めて強調。民主党のヒラリー・クリントン大統領候補は、「戦争の兵器が町に存在する意味はない」と銃規制を訴えている。今回の事件を受けて、アメリカ国民が銃規制、テロリズム、マイノリティについて何を思い、米議会はどう動くのか見守る必要があろう。トランプ大統領候補に追い風が吹くことになる可能性もあり、大統領選挙の動向やマーケットへの影響を注視する必要があろう。
  • また、EU離脱(BREXIT)の是非を問う6/23の国民投票控える英国では、最新の世論調査で離脱派が増加しているようだ。離脱回避との見方は根強いが、離脱ケースを踏まえマーケット参加者が身構える状況も伺われる。ポンドはドルに対して下落し、ユーロ安の要因にもなっている。BREXITは英国経済への打撃だけでなく、EU崩壊の始まりとの見方もあってマーケットはリスク要因として織り込み始めている。英国の主要指数FTSE100やドイツDAX、フランスCAC40など欧州株は軒並み下げ足を速めている。たとえ、離脱回避となっても、拮抗した状況であれば将来への不安を残すことにもなり得よう。
    6月のFOMCではさすがに利上げは想定できないが、イエレンFRB議長による雇用市場や米国経済の見方、ドットチャートなど年内利上げについての見通しなど、市場は神経を尖らせることとなりそうだ。6/23までのビッグイベントを消化するまでは、リスクを取る動きは限定的となりそうである。(庵原)
  •  6/14号ではアップル(AAPL)ルルレモン・アスレティカ(LULU)サウスウェスト航空(LUV)ファイザー(PFE)AT&T(T)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(6/10現在)

主要企業の決算発表予定

16日(木)オラクル

主要イベントの予定

14日(火)
  • FOMC(6/15まで) 
  • 4月のユーロ圏鉱工業生産
  • 5月の輸出・輸入物価指数
  • 5月の小売売上高
  • 4月の企業在庫
15日(水)
  • MBA住宅ローン申請指数
  • 6月のNY連銀製造業景気指数
  • 5月の鉱工業生産
  • 5月の設備稼働率
  • FOMC、終了後政策金利発表。イエレンFRB議長が記者会見 
  • 日銀政策委員会・金融政策決定会合(16日まで) 
16日(木)
  • 新規失業保険申請件数
  • 6月のフィラデルフィア連銀製造業景気指数
  • 5月の消費者物価指数(CPI)
  • 6月のNAHB住宅市場指数
17日(金)
  • 5月の住宅着工件数
  • 5月の建設許可件数
  • ECB総裁講演(ミュンヘン)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1974年にコンピュータの製造で創業。現在はiPhone、iPod、iPad、パソコンのMacなどを主力製品として世界に展開している。2015/4、新たにApple Watch の販売を開始した。
  • 2016/9期2Q(1-3月)は売上高が前年同期比12.8%減の505.57億USD、純利益が同22.5%減の105.16億USDと減収減益になった。調整後EPSは1.900USDと市場予想の1.998USDを下回った。大画面モデルの「iPhone」の販売台数が減少したほか、ドル高による海外収益の目減りや新興国市場の減速も響いた。携帯の「iPhone」、パソコンの「Mac」やタブレットの「iPad」といった主力の3製品の販売台数は何れも前年同期に比べて減少した。
  • 6/13から、サンフランシスコで同社の2016年世界開発者会議(WWDC)が開催される。新製品の発表は期待できないと見られているものの、音声アシスタントの「Siri」、基本操作OS(オペレーティングシステム)の「OS X」などのソフトウエアに焦点が当てられる見通しだ。(袁)
  • 1998年設立のスポーツウェアメーカー。ヨガをはじめダンス、ランニング、フィットネスを対象とするフィットネス・パンツ、ショーツ、トップスなどを手掛け、世界各地で事業を展開している。
  • 2017/2期1Q(3-5月)は売上高が前年同期比17%増の4.95億USDと市場予想を上回った。既存店の売上高が堅調に伸びたほか、インターネット通販も売上高に寄与した。一方、売上原価の上昇や販管費の増加が利益を圧迫し、純利益は同5.2%減の4,530万USDとなった。調整後EPSは0.300USD と市場予想の0.306USD を下回った。
  • 2017/2通期の会社計画は為替の影響を除くベースで既存店売上高の伸び率が1桁半ば、売上高が23.05億-23.45億USDである。EPSは2.08-2.18USDを見込む。通期の市場予想は売上高が前期比13.7%増の23.43億USD、純利益が同2.5%増の2.95億USDである。(袁)
  • 1967年にダラスで設立、1971年に運行を開始した米国内の大手格安航空会社である。全米に路線網を持ち、主に短距離・高頻度の2拠点直行便サービスを提供。「社員第一、顧客第二」のポリシーの一方、ユニークな機内サービスを提供し高い安全性の評価を受けている。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比9.3%増の48.26億USD、純利益が同12.8%増の5.11億USDとなった。調整後EPSは0.880USD と市場予想の0.837USDを上回った。航空旅客需要の増加から有償座席利用率が同9.2%ポイント増となった。また、原油安で燃油価格が下落し営業費用の削減も業績に寄与。事業別で、荷物運輸の売上高は同4.5%減の4,200万USDとなったものの、主力の航空旅客収入は同5.3%増の43.98億USDと順調に伸びた。
  • 同社は2016/5期の輸送実績を発表。搭乗旅客数は前年同期比5.7%増、旅客キロ数が同6.4%増、有償座席利用率が同4.6%ポイント増と主要な経営指標は全て堅調に伸び、2Q(4-6月)の業績拡大が期待される。2016/12通期の市場予想売上高が前期比5.1%増の208.28億USD、純利益が同24.3%増の27.11億USDである。(袁)
  • 1849年創業の世界トップクラスの製薬会社。研究開発に強みを持ち処方医薬品、一般用医薬品、動物用医薬品やワクチンなどの研究・開発及び製造販売を行っている。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比19.7%増の130.1億USD、純利益が同27.0%増の30.2億USDとなった。調整後EPS が0.670USD と市場予想の0.553USD を上回った。グローバル新薬、グローバルワクチンなどのけん引で主力の新製品部門は同22.6%増収となったほか、既存製品部門が同16.5%増収と好調。また、後発薬大手のホスピーラの買収も寄与。
  • 会社は2016/12通期の売上高を従来予想の490億-510億USDから510億-530億USDに引き上げ、EPSを従来予想の2.20-2.30USDを 2.38-2.48USDに上方修正した。通期の市場予想は売上高が前期比6.6%増の520.9億USD、純利益が同50.7%増の104.9億USDである。(袁)
  • 1983年設立の大手通信会社。子会社と関連会社を通じて地域及び長距離電話、無線、データ通信、インターネットアクセス、インターネットなどのサービス、通信機器販売などを行う。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比24.4%増の405.35億USD、純利益が同16.5%増の38.03億USDだった。調整後EPSは0.72USDと市場予想の0.692USDを上回った。テレビ契約者に無制限のデータ通信量を提供するプランなどセット販売が奏功した。また、傘下に収めた衛星放送大手ディレクTVの買収効果も増収増益に寄与した。
  • 新聞報道によれば、同社はヤフーのインターネット事業の買収に対して50億USDの買収金額を提示。同提案は30億USD台後半を提示した通信大手のベライゾン・コミュニケーションズとともに3次入札に進む模様で、今後の動向に注目したい。2016/12通期の会社計画は売上高が前期比2.5%増の1,651.87億USD、純利益が同13.2%増の151億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.