SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-16 09:04:09

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “良好な経済指標とドル高で市場は綱引きの展開へ”

“良好な経済指標とドル高で市場は綱引きの展開へ”

2016/03/29
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(3/24現在)

“良好な経済指標とドル高で市場は綱引きの展開へ”

  • 3/25に発表された2015/10-12月の米国GDP確定値は、予想外に上方修正となり市場予想及び改定値の前期比年率1.0%を上回る1.4%となった。GDPの約7割を占める個人消費が同2.4%と改定値の同2.0%から上方修正された。ロックハート・アトランタ連銀総裁やウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁など、早期利上げを正当化する発言を後押しするデータになったものと思われる。最近のFRB要人によるタカ派的な発言は、失業率の低下など労働市場の改善や将来見込まれるインフレ率上昇などを背景としている。
    3/4に発表された2月の雇用統計では、平均時給が前月比0.1%低下と市場予想を下回ったが、非農業部門雇用者数は同24.2万人増と節目の同20万人増を上回り、市場予想の同19.5万人増を大きく上回った。4/1に発表される3月の雇用統計の市場予想は、平均時給が同0.2%増、非農業部門雇用者数は同20.8万人増が見込まれている。原油価格など商品市況のボトムアウト、ブラジルや中国など新興市場国での株価上昇や為替の安定推移など、このところFRBが懸念する海外動向に改善が見られる。このため、米国の経済指標の改善が続けば、市場参加者の早期利上げ観測が強まる可能性もあろう。
  • 米国の良好な経済動向は減速する世界経済のサポート要因として明るい材料である一方、追加利上げ観測を強めてドルを押し上げ、米国企業の業績懸念要因となる可能性もある。当面、株式市場は経済指標次第で綱引きの相場展開が想定される。原油高と3月のFOMCの結果がハト派的な内容となったことで、投資家のリスク許容度は高まったが、足元では原油価格の上値がやや重くなってきており、ドルが主要通貨に対して上昇基調にあって、世界株高に一服感が見られる。ビッグイベント後の端境期で材料に欠ける面もあろう。
    短期的に市場のドライバー要因となる米中のマクロ指標やドルの動向に注目したい。4/1発表の中国の3月製造業PMI(市場予想は49.3、2月実績が49.0)、米国では雇用統計に加え3月のISM製造業景況指数(同50.7、同49.5)に注目したい。セクターとしては、良好な米景気動向から景気敏感のほか、好業績が期待される通信やヘルスケアなどを取り上げたい。(庵原)
  •  3/29号ではアプライド・マテリアルズ(AMAT)ファイザー(PFE)アンダーアーマー(UA)ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)ベライゾン(VZ)を取り上げた。

主要イベントの予定

29日(火)
  • 1月のS&Pケース・シラー住宅価格指数
  • 3月の消費者信頼感指数
  • イエレンFRB議長はエコノミック・クラブで講演(ニューヨーク)
30日(水)
  • 3月のADP雇用統計
  • 3 月のユーロ圏景況感指数
31日(木)
  • 新規失業保険申請件数(3/25終了週)
  • 3月のシカゴ購買部協会景気指数
  • 第4回核安全保障サミット(4/1まで、ワシントン)
  • ダドリーNY連銀総裁の講演
  • 3 月のユーロ圏消費者物価指数(速報値)
4月1日(金)
  • 3月の雇用統計、失業率
  • 3月のISM製造業景況指数
  • 3月のミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)
  • 3月の自動車販売
  • 2 月のユーロ圏失業率
  • 中国3 月の製造業PMI
4月4日(月)
  • 3月のLMCI(労働市場情勢指数)
  • 2月の製造業受注指数
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1967年設立した世界最大の半導体製造装置メーカー。半導体の製造プロセスではほぼ全てをカバーし、太陽電池の製造装置分野でもリーディングカンパニーである。
  • 2016/10期1Q(2015/11-2016/1)は新規受注額が前年同期比横ばいの22.8億USD、売上高が同4.3%減の22.6億USD、純利益が同17.8%減の2.9億USDとなった。調整後EPSは0.260USDと市場予想の0.256USDを上回った。半導体チップ、半導体記憶素子やフラッシュメモリなど主力の半導体装置の需要が伸び悩んでおり、収益を押し下げた。
  • 同社は2016/10期2Q(2-4月)の売上高が1Qに比べて5-10%増、EPSが0.30-0.34USDを見込んでいる。2016/10通期の市場予想は売上高が前期比1.0%増の97.5億USDである。(袁)
  • 1849年創業の世界トップクラスの製薬会社。研究開発に強みを持ち処方医薬品、一般用医薬品、動物用医薬品やワクチンなどの研究・開発及び製造販売を行っている。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比7.1%増の140.5億USD、主力の処方薬で肺炎球菌ワクチンやがん治療薬の需要が好調となったほか、買収を完了した米後発薬大手ホスピーラの売上高も貢献した。純利益が同50.1%減の6.1億USD、為替差損やリストラ関連費用が重荷となった。特別項目を除くEPS が0.530USD と市場予想の0.523USD を上回った。新しい乳がん治療薬「イブランス」、肺炎球菌ワクチン「プレベナー」など主力製品は好調だったが、消炎鎮静剤の特許切れから主力のブランド薬事業は同21.8%減収と収益を押し下げた。
  • 会社は2016/12通期の売上高を490億-510億USD、EPSを2.20-2.30USDと見込む。市場予想は売上高が前期比4.7%増の511.4億USD、純利益が同62.3%増の113.0億USD。(袁)
  • 1996年、メリーランド大学時代にアメリカンフットボール選手だった現CEOケビン・ブランク氏がメリーランド州・ボルチモアで創業。プレイヤー時代に着用したユニフォームの下のコットンシャツに代わる機能性の高いアンダーシャツの生産・販売を開始。クール・ドライ・軽量の機能を実現し、その後は寒さ対策の保温とドライ機能のシャツを開発し販売を拡大させた。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比30.8%増の11.7億USDとなった。主力のアパレルの売上高はトレーニング、ランニングなど関連商品が牽引し同22.2%増と好調だった。また、スポーツシューズの売上高は前年同期のほぼ2倍に拡大。NBAの2014-2015年シーズンの最優秀選手であるステフィン・カリーの人気スポーツシューズの販売が好調であった。純利益は同20.4%増の1.1億USD、EPSは0.48USD と市場予想の0.46USD を上回った。
  • 2016/12通期の会社計画は売上高が前期比25%増の49.5億USD、営業利益が同23%増の5.0億USDと従来予想を据え置いた。同社はIBMと提携、自社のウエアラブルから得たデータをIBMの人工知能「Watson」で分析し利用者に最適な健康管理の提案を目指す。(袁)
  • 1971年設立、世界トップクラスの物流会社。速達便、陸上小包運送、小口貨物航空運送、税関仲介サービス、サプライチェーン管理、e コマース・ソリューションなどを提供している。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比1.0%増の160.5億USD、純利益が同2.9倍の13.3億USDとなった。ドル高や原油価格の低下に伴う燃料サーチャージ(付加運賃)の低下で売上高が微増に留まった。ただ、米国内のネット通販向けの需要増が取扱量の押し上げにつながり、年末商戦向けの需要も強かった。海外は欧州が好調だった。電子商取引関連業界の強い配送需要が寄与し、1日当たりの平均輸送量が同2.4%増となった。
  • 2016/12通期の会社計画は調整後EPSが5.70-5.90USDである。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比5.5%増の615.8億USD、純利益が同5.2%増の50.9億USDである。(袁)
  • 1983年に設立した通信大手会社。固定音声、ワイヤレス事業、データ、インターネットなどのサービスを手掛けるほか、電話通信設備、公衆電話などのネットワークサービスを提供。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比3.2%増の342.5億USD、純利益は53.9億USDと前年同期の▲22.3億USDから黒字に転換。調整後のEPSは0.89USDと市場予想の0.88USDを上回った。部門別売上高は主力の通信サービス事業が同0.4%減となったが、携帯事業が同3.2%増と主力事業の減収分を補った。携帯事業の新規契約件数の純増数は151.9万件と前年同期の198.6万件には届かなかったが、3Qの128.9万件を大幅に上回った。
  • 新聞報道によれば、同社はアップル、インテル、クアルコム、エリクソンやノキアなど世界有力企業と5G(第5世代移動通信システム)の実現に取り組んでいる。5Gのデータ伝送速度は毎秒20Gbと4Gより数十倍速くなる。2019年に同技術の商用化の実現が期待されている。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.