SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 21:42:13

マーケット > レポート > 特集レポート > 戻り期待の中国株、有望銘柄を探る!!

戻り期待の中国株、有望銘柄を探る!!

2015/12/17

前回のレポートでは、政府・中央銀行による景気浮揚策で、中国経済はソフトランディングを達成する可能性が高くなっていること、その場合、中国株式市場の一層の戻りが期待できることをご紹介しました。今回は中国の個別株投資を考える場合に、どのような銘柄に注目できるかを考えてみました。

スクリーニングによって、今来期のEPS増加率が10%以上である13銘柄を抽出、さらに株価動向が相対的に堅調となっているものから、5銘柄を選んでおります。海外企業との競合がない医薬品流通の国薬控股(01099)、環境関連投資増加の恩恵が期待される北控水務(00371)、中国のインターネットサービス大手のテンセント(騰訊)(00700)、都市化のトレンドから恩恵を受ける不動産開発の万科企業(02202)、都市ガスの華潤燃気(01193)をご紹介いたします。

図表1:注目銘柄リスト

銘柄 株価(12/15) 52週高値 52週安値
国薬控股(01099) シノファーム・グループ 30.75HKドル 41.75HKドル 24.55HKドル
北控水務(00371) ベイジン・エンタープライジズ・ウォーター 5.81HKドル 7.37HKドル 4.16HKドル
テンセント(騰訊)(00700) 147.50HKドル 171.00HKドル 104.50HKドル
万科企業(02202) バンカ 21.10HKドル 22.95HKドル 15.64HKドル
華潤燃気(01193) チャイナリソーシズ・ガス 21.45HKドル 27.60HKドル 16.76HKドル

※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

1

反発の機運が高まる中国株式市場

前回の中国株式に関する特集レポート「ソフトランディングの達成で更なる戻しが期待できる中国株式市場」(12/11掲載)では、
(1)政府・中央銀行による景気浮揚策で、中国経済はソフトランディングを達成する可能性が高くなっていること、
(2)その場合、中国株式市場の一層の戻りが期待できること、をご報告しました。

その後、12/11(金)発表の中国月次経済指標は、以下の通りいずれも前月比で改善を示し、中国経済が安定化に向かっている兆しが見えてきました。

 鉱工業生産 前年比+6.2% (10月+5.2%、市場予想+5.7%)
 小売売上高 前年比+11.2% (10月+11.0%、市場予想+11.1%)
 固定資産投資 前年比+10.2% (10月+10.2%、市場予想+10.1%)

さらに、12/14(月)にはグローバル株式市場が軟調な中、IPO改革に対する期待で証券株を中心に上海総合指数は2.5%の上昇となり、反発の機運が高まりつつあると見られます。

では、中国株式に投資するとして、どのような銘柄に注目できるでしょうか?

前回のレポートでご紹介した通り、業績動向や株価動向が良好なのは香港ハンセン指数よりも上海総合指数でした。しかし、中国本土の個別株には原則投資ができないため、香港に上場している中国本土系企業の中から選ぶことになります。

そこで今回は、香港市場上場の主要企業について、中国本土系企業を中心に注目できる銘柄を探ってみました。

図表2:上海総合指数の一目均衡表(日足、3ヵ月)

  • ※当社WEBサイトを通じてSBI証券が作成
2

中国株で上昇が期待できるのはコレ!?

まず、香港市場の主要銘柄について、スクリーニングを行いました。

スクリーニングの対象としたのは、香港ハンセン指数、香港H株指数(ハンセン中国企業株)、香港レッドチップ指数(中国本土系香港企業株)に採用されている94銘柄(重複採用を除く)です。香港市場に上場している中国系の主要企業は網羅されると考えられます。

スクリーニング条件は、「今期・来期とも予想EPSが10%以上の増加」で、この条件を満たすものが、図表3の13銘柄になります。

さらに、過去3ヵ月、6ヵ月、1年の株価騰落率についてチェックしました。大幅下落からの戻り相場で、まだリスクが残っていることを考慮し、相対的に株価動向が堅調なものを選考しました。

3期間の株価騰落率がいずれも香港ハンセン指数の騰落率(それぞれ、-1.2%、-21.9%、-8.3%)を上回ったものについて、「株価動向」の欄に「◯」をつけています。

ここから5銘柄を選んでご紹介しています。選択のポイントは以下の通りです。

 ・国薬控股(01099)(シノファーム・グループ)・・・医薬品流通は成長が期待され、かつ、海外企業との競合がない

 ・北控水務(00371)(ベイジン・エンタープライジズ・ウォーター)・・・次期5ヵ年計画では環境関連投資が増加見通し

 ・テンセント(騰訊)(00700)・・・中国のインターネット大手で、米国のフェイスブックに相当する会社

 ・万科企業(02202)(バンカ)・・・都市人口の増加トレンドから恩恵、今年春より住宅販売は回復基調(図表4)

 ・華潤燃気(01193)(チャイナリソーシズ・ガス)・・・都市人口の増加が恩恵、積極的な地域展開に期待

図表3:香港上場の業績好調銘柄


銘柄(コード) 事業内容 株価
(12/14)
HKドル
予想
PER
(倍)
今期
増収率
(%)
今期EPS
増加率
(%)
来期
増収率
(%)
来期EPS
増加率
(%)
株価
動向
採用指数
テンセント(騰訊)
(00700)
インターネットサービス大手 147.6 34.8 26.3 27.6 28.4 28.9 ハンセン
万科企業
(02202)
不動産最大手(住宅) 21.05 11.1 27.2 13.2 15.4 17.4 H株
大連万達商業地産
(03699)
商業不動産最大手 43.85 9.0 22.6 10.0 19.9 24.3   H株
比亜迪 (Byd)
(01211)
大手自動車・電池メーカー 39.85 41.9 21.0 350.0 20.5 17.3   H株
中国信達資産管理
(01359)
政府系の不良資産処理会社 2.71 5.5 8.0 27.9 20.7 16.4   H株
国薬控股
(01099)
医薬品の卸売最大手 30.6 19.2 15.9 21.7 15.1 18.0 H株
北京エンタープラ
(00392)
北京市政府系の公共事業会社 46.25 9.2 22.1 16.8 6.6 14.1   レッドチップ
北控水務
(00371)
水処理事業者 5.67 17.2 38.1 26.0 23.6 26.0 レッドチップ
華潤燃気
(01193)
都市ガス事業者 21.35 13.6 11.3 18.1 7.5 16.9 レッドチップ
中国光大国際
(00257)
中国光大集団傘下の環境関連事業者 10.5 16.0 44.9 31.6 35.3 31.0   レッドチップ
石薬集団
(01093)
医薬品メーカー 7.61 21.3 9.0 33.0 12.8 25.2 レッドチップ
華潤ビール
(00291)
政府系のビール会社 14.74 32.6 -78.4 677.1 7.0 11.9 ハンセン
レッドチップ
中国光大
(00165)
中国光大集団傘下の金融持株会社 17.32 5.8 32.8 78.6 40.4 12.5   レッドチップ
  • 注:時価総額の大きい順に並べています。株価動向は、過去3ヵ月、6ヵ月、1年の株価騰落率が香港ハンセン指数の騰落率を上回ったものに、「◯」をつけています。
  • ※会社資料、ブルームバーグデータをもとにSBI証券が作成

図表4:中国の住宅販売面積(前年比)

  • 注:中国の統計は旧正月の関係で1月、2月は発表されないことがあります。
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成
2

注目銘柄

銘柄コード

国薬控股(01099) シノファーム・グループ

業種 ヘルスケア

決算期

売上高(億人民元)  (前年比)

純利益(億人民元)  (前年比)

EPS(人民元)

15.12予
2,319
16%
37
29%
1.34
16.12予
2,664
15%
44
18%
1.59
株価(12/15): 30.75 HKドル 予想PER(16.12期): 16.1倍
  • 国有で中国最大のヘルスケアグループである中国医薬集団総公司の傘下で医薬品の流通を担う中国国内最大手です。300を超える子会社、関係会社を通じて31省の180都市をカバーする流通ネットワークを保有します。世界的にも医薬品流通では時価総額上位に位置します。
  • 中国の生活水準向上で医療品市場は拡大が見込まれる一方、医薬品メーカーのように競争力の高い日米欧企業と競合するわけではないため、市場の拡大に沿って安定した成長が期待できると見込まれます。
  • 15年1-9月期決算は、卸売事業の販路拡大、小売事業での買収効果などが寄与して、売上は前年同期比16%増、営業利益が同26%増と好調です。
銘柄コード

北控水務(00371) ベイジン・エンタープライジズ・ウォーター

業種 公益

決算期

売上高(億HKドル)  (前年比)

純利益(億HKドル)  (前年比)

EPS(HKドル)

15.12予
123
38%
23
29%
0.26
16.12予
152
24%
29
26%
0.33
株価(12/15): 5.81 HKドル 予想PER(16.12期): 17.6倍
  • 北京市政府系投資会社の北京控股(00391)が筆頭株主。下水処理場の建設・運営を中心に水道水供給、技術コンサルティングなどの水関連サービスを展開する会社です。国内24省に加え、ポルトガル、マレーシアでも事業を展開しています。
  • 10月に発表された次期5ヵ年計画(16-20年)の草案では、「国民生活の水準・質の普遍的向上」「生態環境の質の総体的な改善」が重要な目標となっており、環境保護政策の強化が追い風です。政府は汚水処理サービスの整備を本格化させ、関連投資は大きく膨らむ見込みで同社は恩恵が期待されます。
  • 14年12月期の下半期から水処理施設の運営および建設が拡大しており、15年6月期決算は前年同期比51%増、営業利益は同49%増となりました。
銘柄コード 業種 インターネット

決算期

売上高(億人民元)  (前年比)

純利益(億人民元)  (前年比)

EPS(人民元)

15.12予
997
26%
308
29%
3.14
16.12予
1,280
28%
400
30%
4.06
株価(12/15): 147.50 HKドル 予想PER(16.12期): 30.3倍
  • 中国のインターネットサービス大手です。中国最大のポータルサイト「QQ.com」を運営、インスタントメッセンジャー「QQ」のほか、対話アプリ「微信(WeChat)」、ゲームサイト「騰訊遊戯」、オンライン決済「財付通」、SNS「Qzone」などを展開しています。
  • 中国のインターネット市場では、米国のグローバル大手が本格展開していないため、中国内でシェアの高い大企業が育っています。テンセントは、ナスダック市場に上場する検索大手のバイドゥ(BIDU)、ネット通販大手のアリババグループ(BABA)と並ぶ中国のネット大手です。フェイスブック(FB)とヤフー(YHOO)および日本のライン(親会社は韓国のネイバー)の事業を統合したような企業になります。
  • 15年7-9月期決算は、売上が前年同期比34%増、営業利益が同37%増でした。カテゴリー別の売上は、オンラインゲームが143億人民元で同27%増、SNS関連が62億人民元で同32%増、オンライン広告が49億人民元で同102%でした。
銘柄コード

万科企業(02202) バンカ

業種 不動産

決算期

売上高(億人民元)  (前年比)

純利益(億人民元)  (前年比)

EPS(人民元)

15.12予
1,694
23%
178
13%
1.61
16.12予
1,955
15%
210
18%
1.88
株価(12/15): 21.10 HKドル 予想PER(16.12期): 9.4倍
  • 14年の新築住宅販売のシェアが2.8%の不動産大手です。広州市、深セン市を中心とした珠江デルタ、上海市を中心とした長江デルタ、北京市を中心とした渤海湾周辺、中西部を中心に全国で事業を展開しています。さらに、香港、シンガポール、ロサンゼルス、ニューヨークでも開発プロジェクトを進めています。深セン総合指数の時価総額最大企業です。
  • 中国の農村部から都市部への人口移動は今後も継続する見込みで、大都市を中心に住宅を提供する当社は恩恵が期待されます。また、不動産サービス部門を買収等により拡大する意向で、今後は安定収入の比率上昇も期待されます。
  • 中国の住宅販売面積は、今年4月より前年比プラスに転じてその後はプラスを維持しています。市場の好転を受けて同社の15年1-9月期売上は前年同期比24%増、税前利益は同25%増と順調に拡大しています。
銘柄コード

華潤燃気(01193)  チャイナリソーシズ・ガス

業種 公益

決算期

売上高(億HKドル)  (前年比)

純利益(億HKドル)  (前年比)

EPS(HKドル)

15.12予
320
11%
30
20%
1.34
16.12予
343
7%
35
17%
1.57
株価(12/15): 21.45 HKドル 予想PER(16.12期): 13.7倍
  • 国有のコングロマリット華潤グループ傘下企業で、08年に親会社から都市ガス事業を買収、12年には同業を買収して都市ガス会社として再編されました。全国22省で事業展開しています。
  • ガス管敷設地域での接続顧客増加と新規プロジェクトや買収による地域拡大によって成長が続いています。他の大手都市ガス会社は、子会社等でガスの川上事業(探査・生産)を手がけるケース多いのですが、当社は純粋にガスの供給に特化しているため、エネルギー価格下落は基本的に業績へ影響を与えません。
  • 15年1-6月期は、売上が前年同期比17%増、純利益は同25%増でした。天然ガス販売量が同11%増となり、ガス管接続件数は同13%増となりました。15年6月末の都市ガスプロジェクト数は213件で、前年同期の191件から12%増加、上半期に取締役会が承認した案件は17件と積極的な展開が続きます。

注:決算通貨が人民元の銘柄のPER計算は、1人民元=1.20香港ドルで換算しています。

※BloombergデータをもとにSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.