SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-17 22:11:22

マーケット > レポート > 特集レポート > 米決算発表シーズン到来!!7-9月期決算発表で注目できるのはコレ!?

米決算発表シーズン到来!!7-9月期決算発表で注目できるのはコレ!?

2015/10/7

米国企業の7-9月期決算発表が始まります。S&P500指数採用企業のEPSは前年同期比3%減と、4-6月期の同2%減に続き停滞が見込まれています。ただし、EPSの実額では15年1-3月期に、前年同期比では7-9月期に底入れとなる見通しです。15年10-12月期から16年にかけて順調な改善予想となっており、これが信頼に足るものであるかを占う上でも注目の決算となるでしょう。

今回は4-6月期から7-9月期にかけてEPSの増加率が加速すると予想されている銘柄をスクリーニングで抽出しました(図表1)。市場全体の業績が停滞するなか、増益していてかつその勢いが加速すると見込まれている銘柄に注目できるでしょう。

図表1:注目銘柄リスト

銘柄 株価(10/6) 52週高値 52週安値
フォードモーター(F) 14.31ドル 16.74ドル 10.44ドル
サウスウエスト エアラインズ(LUV) 38.00ドル 47.17ドル 28.40ドル
ウォルト ディズニー(DIS) 103.77ドル 122.08ドル 78.54ドル
フェイスブック(FB) 92.80ドル 99.24ドル 70.32ドル
ビザ(V) 72.08ドル 76.97ドル 48.79ドル

※ブルームバーグのデータをもとにSBI証券が作成

1

 決算発表シーズン到来!!

米国企業の7-9月期決算発表シーズンを迎えます。6日(火)のペプシコ、ヤム ブランズ、8日(木)のアルコアを皮切りに、13日(火)の週から発表が本格化します。

S&P500指数採用企業のEPSは、ドル高や新興国経済の減速を受けて前年同期比3%減予想で、企業業績は停滞感の強い状態が続いています。

一方、図表2の通りEPSの実額では1-3月期に底入れして4-6月期、7-9月期と増加が見込まれています。前年同期比でも4-6月期の前年同期比2%減、7-9月期の同3%減で底入れが見込まれています。

ブルームバーグ集計によるコンセンサス予想によると、15年10-12月期から16年にかけて企業業績は順調な回復となることが見込まれています。この予想が信頼に足るものかどうかを占う上でも、注目の決算発表だと言えるでしょう。

今回は増益モメンタムが加速する企業に注目したいと思います。市場全体では、4-6月期から7-9月期にかけて増益率には大きな変化は見込まれていませんが、これが加速する企業については注目できるでしょう。

図表2:S&P500指数企業のEPS(白抜きは予想です)

  • 注:予想はブルームバーグ集計によるコンセンサス予想です。
  • ※ブルームバーグデータをもとにSBI証券が作成
2

 増益率の加速銘柄に注目!!

企業の決算が発表されたときに、皆さんはどのようにして業績の良し悪しをチェックされているでしょうか?

多くの方が以下の2つを行っていると思います。企業のレポートを書く側でも、主にこれらについて報告しています。

(1)前年同期の利益との比較をチェックする
(2)事前の市場予想に対してどうだったかをチェックする

さらにひと手間かけて、前四半期の増益率から加速しているかどうかをチェックするのも投資に有用な情報が得られる場合が多いと思われます。

図表3のイメージ図をもとに説明しますと、ある企業の15年2Q(4-6月期)決算で、EPSの増加率が前年同期比5%増だったとします。これは、15年2Qの数字と14年の2Qの数字を比べて増加率を計算したものです。

一方、これから迎える15年3Q(7-9月期)決算で、15年3Qの数字と14年3Qの数字を比べて3Qの増益率が計算されます。3Qの増益率が2Qの増益率を上回っている場合に増益モメンタムが加速することになります。

このような形になっていると、企業の利益は増加基調にあり、その増加のペースも加速しているため、株価には一般的にポジティブな形と言えます。

決算で出てきた数字が市場予想通りであったとしても、業績の基調は強いと言うことができるでしょう。

図表3:増益率の加速とは?(イメージ図)

  • ※資料等をもとにSBI証券が作成
5

 決算で注目の増益率加速銘柄はコレ!?

S&P500指数の採用銘柄について、4-6月期から7-9月期にかけて増益率の加速が予想されている銘柄をスクリーニングによって抽出しました。

【スクリーニング条件】
1. S&P500指数採用銘柄で時価総額100億ドル以上
2. 4-6月期の前年同期比EPS増加率が10%以上
3. 7-9月期の前年同期比予想EPS増加率が4-6月期の実績EPS増加率以上
4. 過去3ヵ月間に通期の予想EPSが下方修正されていない

抽出された企業を増益率の変化の度合いによってランキングしたものが図表4です。この中から赤字でハイライトした5銘柄を注目銘柄としてご紹介しています。

「増益率の加速」上位の銘柄について、シグネット ジュエラーズは最近の「アメリカNOW! 今週の5銘柄」などでも取り上げているため、今回は選んでいません。その下のラムリサーチは、半導体製造装置の会社ですが、足元で半導体メモリーの設備投資減少が懸念されているため避けました。また、民主党大統領候補のクリントン氏が価格引き上げを批判した医薬品業界に関連する、ギリアド サイエンス、リジェネロン ファーマシューティカルズ、ラボラトリー コープ オブ アメリカも避けています。

以上を除いた銘柄から、増益率加速の状況や株価チャートなどを勘案して5銘柄を選びました。

図表4:増益率の加速が予想されている企業

  • ※当社WEBサイトのデータをもとにSBI証券が作成
5

 注目銘柄のポイント

銘柄名 株価
(10/6)
14.31ドル 予想PER
(倍)
8.3
ポイント
  • 14年の自動車販売台数で世界7位の自動車メーカーです。
  • 車体をアルミ製にした新型ピックアップトラック「F150」の需要が強く、業績は好調です。4-6月期決算会見で、同社CEOが今年はF150がフル生産となるため、税引き前利益は最大51%増えるとの見通しを発表、アナリストの業績予想もこれに沿って上方修正されました。
  • 米国の自動車販売は7月、8月、9月と市場予想を上回り、9月には年率18百万台に達しています。15年は17百万台で頭打ちとの市場予想は上方修正される可能性があるでしょう。同社の9月販売台数も前年比23%増と好調でした。
銘柄名 株価
(10/6)
38.00ドル 予想PER
(倍)
11.5
ポイント
  • 時価総額でデルタ航空、アメリカン・エアラインズに次ぐ米国の航空大手です。1967年に創業して格安航空の先駆けとなった企業で、短距離路線での頻繁な運航、使用航空機の絞込み、チケットレス、自由席、機内サービスの合理化などの事業モデルを生み出しました。
  • 利益が安定しない航空会社が多いなか、同社はリーマンショック後にも黒字を確保した収益性の高さが評価されています。
  • 15年4-6月期は、売上は前年同期比2%増、営業利益は同40%増となりました。前年同期比29%減となった燃油費の低下から恩恵を受けています。
銘柄名 株価
(10/6)
103.77ドル 予想PER
(倍)
20.5
ポイント
  • 4-6月期の決算発表において、同社メディア部門の長期売上見通しが下方修正されたことを受けて株価は大幅に下落しました。ネットフリックスなどネットメディアの台頭で、ケーブルテレビに絡む事業の収益が影響を受けるとの見方が広がりました。

    ただし、足元の業績は好調に推移している模様で、同社の予想EPSは過去3ヵ月で下方修正されていません。また、年末に「スターウォーズ(エピソード7)/フォースの覚醒」の公開、16年春に上海ディズニーリゾートの開業を控えるなど、メディア部門以外では材料が豊富です。

  • 足元の業績堅調を確認した場合、株価の見直しが進む可能性に期待できるでしょう。
銘柄名 株価
(10/6)
92.80ドル 予想PER
(倍)
88.2
ポイント
  • 月間ユーザー数が14.9億人(15年6月末)に達する世界的なSNSサービスの提供企業です。売上高のうち、94%を広告収入が占めます。地域別には、米国・カナダが49%、欧州26%、アジア15%、その他10%とグローバルに展開しています。
  • フェイスブック上で行われる友人との会話やニュースのシェア、ゲームなどから、広告ターゲットを絞るための貴重な情報を得ており、これが競争上の優位性に繋がっているようです。このため、ネット広告市場でのシェア拡大は今後も続く可能性が高く、業績は順調な拡大が見込まれます。
  • 15年4-6月期決算は、投資にかかわる研究開発費用の増加などで営業減益となりましたが、ユーザー数は順調に伸び(前年同期比13%増)、売上高の伸びも高水準(同39%増)を維持、事業展開に問題はないと見られます。
銘柄名 株価
(10/6)
72.08ドル 予想PER
(倍)
27.9
ポイント
  • クレジット・デビットカードの決済システムをグローバルに提供している会社です。(1)マスターカードとグローバル市場で寡占を形成して、装置産業であることから参入障壁が非常に高く、(2)現金使用に対するクレジット・デビットカード使用の浸透が世界的に進んでいることから、安定した利益成長が期待されています。15年6月から、これまで「銀聯」が独占していた中国市場への参入機会が与えられたことで、中期的な成長見通しが拡大しました。
  • 15年4-6月期決算は、収益・EPSとも市場予想を上回る良好な四半期決算を発表しました。顧客インセンティブの伸びが鈍化して、収益の前年同期比が12%増へと、1-3月期の同8%増から加速したことが要因です。現在、欧州の金融機関が保有するビザ・ヨーロッパ統合の話し合いを10月末の目処で進めているとのコメントも注目を集めています。

※注目銘柄(5銘柄)の株価週足チャートは、当社のチャートツールを用いて作成(2015/10/5時点)。

5

 ご参考 ダウ採用銘柄の7-9月期決算予想

今回のスクリーニングに使用したデータがダウ採用銘柄についてどうなっているか、ご参考にお示しします(図表5)。

ダウ採用銘柄にはグローバル企業が多く、足元の業績動向は冴えないものが多くなっています。4-6月期が増益で、かつ7-9月期に増益モメンタムの加速が予想されている企業は29社中(決算発表が終わっているナイキを除きます)、赤字でハイライトした5社にとどまります。また、4-6月期が減益であるものの、モメンタム改善が見込まれているものをオレンジ色でハイライトしています。業績の底入れという観点から、こちらも注目できるでしょう。

図表5:ダウ採用銘柄の7-9月期決算予想

  • 注:10/2時点のブルームバーグ予想によります。
  • ※ブルームバーグデータをもとにSBI証券が作成

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.