SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-17 12:22:24

マーケット > レポート > 特集レポート >  本日ツイッター社IPO!ところで、ネット関連企業の株価ってどう見るの?

本日ツイッター社IPO!ところで、ネット関連企業の株価ってどう見るの?

2013/11/7   SBI証券

SNS大手の米国ツイッター社が7日(木)にニューヨーク証券取引所に上場予定である。

インターネット関連企業の株価評価において、利益水準は必ずしも重要視されているわけではないようだ。

ツイッターの場合は、フェイスブックやリンクトインを意識した値付けが行われている可能性が高い。

注目の案件である。

ソーシャル・ネットワーク・サービス大手のツイッター(TWTR)のIPOだが、米国時間の4日(月)には上場想定価格が17-20ドル → 23-25ドルに引き上げられ、6日(水)までとされてきた投資家訪問が5日(火)には打ち切られたと報じられるなど、今週に入ってかなり動きが慌ただしくなってきた。先日発表されたグーグル(GOOG)フェイスブック(FB)の7-9月期決算の内容が良好だったことから、ネット業界の成長力に改めて注目が集まったタイミングでもあり、投資家からの反応は上々だったのだろう。
(その後公募価格は26ドルに決定。当社では注文受付を開始しております!)

当レポートでも過去2回にわたってインターネット業界を採りあげてきたが、ここにきて皆様の関心も一気に高まってきたという印象だ。そこで本稿では、当業界の株価についてどう考えたらよいかを簡単に整理させて頂きたい。

来年度予想PER 押さえておきたいのは、インターネット業界においては、利益の大きさが必ずしも優先されていないということだ。

図1は関連企業の来年度ベースの予想PERを並べたものであるが、ご覧のように各社ばらばらで株価指標として参考にするのは難しそうだ。純利益の水準が小さい会社だとPERが極端に大きくなってしまうためだ。

図1のようにPERが50倍や100倍などに到達してしまう企業の場合には、市場が現在の純利益の水準を信用しておらず、PERではなく何か別の株価指標で値段を決めていると考えるのが自然であろう。

具体的には、売上やキャッシュフローの成長などが重視されるケースが多いようだ。

アマゾンドットコム 例えばアマゾン ドットコム(AMZN)だが、純利益の水準は10年前と大きく変わっておらず、その上昨年度に至っては赤字を計上している。にもかかわらず株価が快調に推移しているのは、売上の拡大が誰の目にも明らかだからだろう。

図2は、当社の株価と売上の推移を重ねたものだが、株価が売上とほぼ連動しており、市場が当社の利益水準を問題視していないことがご理解頂けるのではないだろうか?

そこで次に、関連各社の過去の売上高推移とPSR(株価売上高比率)を比較してみた。PSRとは株価を1株当たり売上高で割ったもので、将来の成長が期待できる一方で現在の利益水準が低い(あるいは赤字)企業に対ししばしば利用される指標である。

上場を控えたツイッター(TWTR)の場合、公募価格の26ドルを適用した場合のPSR(2014年の売上予想がベース)はフェイスブック(FB)リンクトイン(LNKD)とほぼ同水準だ。このことから、この2社を意識した値付けが行われている可能性が高い。

ここでのポイントは、現在の株価はあくまで「2014年の売上を基にした」評価だということだ。仮にツイッターの2015年の売上成長率が他の2社を上回ると予想するのであれば、ツイッター(TWTR)は他の2社と比べ割安だという結論が導き出せるだろう。

その他の銘柄を見てみると、例えばパンドラ メディア(P)が一見割安に見えるのは、市場が当社の売上成長を懐疑的に見ているからかもしれない。ということは逆に言えば、これまでのような高成長が続くのであれば現在の株価は割安だと見ることもできる。アマゾン ドットコム(AMZN)グーグル(GOOG)は既に十分に成長した企業であり、現在の株価はPSR以外の指標で値付けされている可能性がある。ただいずれにせよ、インターネット関連企業の評価においては売上の増加ペースが重要だという基本的な考え方は変わらないだろう。

企業名

ティッカー

株価

売上高実績

売上高予想

予想
PSR

取引
市場

2010

2011

2012

2013

2014

2014

AMZN

358.74

34,204

48,077

61,093

74,881

91,457

1.8

NASDAQ

FB

48.25

1,974

3,711

5,089

7,593

10,323

11.4

NASDAQ

LNKD

223.72

243

522

972

1,517

2,160

12.4

NYSE

GOOG

1026.00

29,321

37,905

50,175

59,680

69,505

4.9

NASDAQ

P

25.67

138

274

427

649

897

5.5

NYSE

YHOO

33.19

6,325

4,984

4,987

4,475

4,596

7.4

NASDAQ

TWTR

26.00

28

106

317

640

1,141

12.4

NYSE

(Bloombergデータを基に当社作成。11/4現在)

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.